お風呂の自動保温機能・追い焚き機能とは? ~快適なバスタイムを~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂は1日の疲れをリラックスできる、生活に必要不可欠なものです。そんなお風呂のお湯がぬるくなったとき、お湯を追加するか、それとも追い焚きをして温めるか、どちらを選択すればいいのか悩んでいる方は多いでしょう。近年は、追い焚き機能がついている浴室給湯器が増えてきています。しかし、追い焚き機能の基礎知識をきちんと知っておかなければ、正しく使うことができません。そこで、本記事では、お風呂の保温や自動保温機能と追い焚きのメリット・デメリット、給湯器業者の選び方などについて詳しく説明します。

  1. お風呂の保温について
  2. お風呂の保温~すぐにできること
  3. 給湯器の自動保温機能とは
  4. 自動保温機能のおすすめポイント
  5. 給湯器業者の選び方
  6. お風呂の保温にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、お風呂のお湯を保温するために必要な情報と正しい知識がわかります。追い焚き機能や自動保温機能について知りたい方はぜひチェックしてください。


1.お風呂の保温について

そもそも、お風呂の保温はなぜ必要なのでしょうか。保温の必要性や追い焚き機能のメリット・デメリットなどについて詳しく説明します。

1-1.お風呂の温度は1時間でどれぐらい下がるか?

お風呂の温度は1時間でどれくらい下がるのかハッキリしていません。なぜなら、お風呂の温度は外気温との温度差に比例しているからです。外気温とお風呂のお湯に差があればあるほど、下がるペースも速くなります。特に、浴室が冷たくなりやすい冬は、湯船のお湯も冷たくなりやすいのです。

1-2.保温の必要性

沸かしてすぐ入る場合は、保温の必要はありません。しかし、入るまでの時間があくほどお湯も冷めてしまいます。また、浴室が寒いほどお湯の温度も下がりやすくなるでしょう。冷めたお湯につかると風邪を引いてしまいます。お風呂に入る時間がズレても温かい湯船につかり、体を癒やすためにも保温が必要です。

1-3.追い焚き機能について

追い焚き機能がついている給湯器を希望する方が増えてきました。利用する前に、追い焚き機能のメリットやデメリット、基礎知識を身につける必要があります。ぜひチェックしてください。

1-3-1.メリット・デメリット

追い焚き機能の最も大きなメリットは、浴槽にあるお湯を再び温めることができる点です。お湯を追加する必要がないため、水道代が節約できます。お湯が冷めてもボタン1つで熱いお風呂に入ることができるのはうれしいことですよね。しかし、衛生面が心配というデメリットもあります。お湯の使い回しになるため、家族の人数が多い場合、最後に入る人は湯船の汚れやヌメりが気になり、衛生面に欠けてしまうというわけです。また、お風呂の水温が低い場合、追い炊きするとガス代がかかるというデメリットもあります。

1-3-2.ガス代

追い焚き機能のガス代は、冬場でおよそ1日90円、夏場でおよそ30円~32円といわれています。ただし、ガス会社や使用頻度によっても異なるため、あくまで目安の金額だと考えてください。