京都市で給湯器を設置・交換するなら? おすすめの工事業者を紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器は、私たちの生活になくてはならない家庭用設備機器の一種です。給湯器には寿命があり、定期的な交換が必要になります。しかし、現在の給湯器にはいろいろな種類があり、設置や交換の際にどのような給湯器を選べばよいのか、迷う人もいるでしょう。また、給湯器を設置・交換してくれる業者も数多くあり、こちらも迷う人が多いと思います。

そこで、今回は京都市で給湯器の設置や交換を行う方法について解説しましょう。

  1. 京都市の給湯器の設置・交換について
  2. 京都市内の給湯器交換業者について
  3. 工事業者を選ぶ際の注意点
  4. 環境ネットショップを利用するメリット
  5. 京都市の給湯器設置に関するよくある質問
  6. まとめ

この記事を読めば、もう給湯器選びに迷うことはありません。給湯器の交換や設置を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.京都市の給湯器の設置・交換について

はじめに、京都市でよく使われている給湯器の種類や、設置・交換の際の注意点を解説します。どのような給湯器が人気なのでしょうか?

1-1.京都市で人気の給湯器は?

給湯器には、ガス・電気・石油を熱源とするものがあり、最も普及しているのはガス給湯器です。京都市も例外ではありません。多くの住宅ではガス給湯器を使用しています。このほか、石油給湯器を使用している住宅もありますが、京都市内は住宅同士が密集しているため、音や臭いの出やすい石油給湯器は徐々にガス給湯器へ交換されることが多くなっているのです。また、新築住宅の場合は、電気を熱源とする給湯器の住宅もあります。
なお、近年は排気熱を再利用して省エネルギーで効率的にお湯を沸かす次世代型給湯器も人気です。エコジョーズ(熱源:ガス)・エコフィール(熱源:石油)・エコキュート(熱源:電気)など、各種熱源が利用できるので、お湯をたくさん使用するご家庭では、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

1-2.京都市の住宅事情や気候と給湯器の関係

京都市の伝統的な住宅は、間口が狭く奥行きが深くなっています。また、庭がないか、あっても狭い家が多いので、コンパクトな給湯器のほうが人気があるのです。さらに、京都市では景観維持のため、住宅の建築にある程度制限があります。そのため、大型高層マンションが少なく、電気給湯器の普及率もほかの都市に比べると低い傾向にあるのです。

京都市は盆地にあります。夏暑く冬は底冷えする気候が特徴です。ですから、冬になるとお湯の使用量が格段に増えます。そのため、家族の人数が多い所では、コストパフォーマンスを重視して石油給湯器が使われてきました。しかし、現在は前述の通りガス給湯器に置き換わりつつあります。しかし、大人数が使用する施設では、石油給湯器の人気も衰えていません。

1-3.給湯器の選び方や設置場所

前述の通り、京都ではコンパクトなタイプの給湯器が人気です。給湯器の設置場所は、屋外の地上・屋外の壁面・屋内の3か所があります。壁面の場合は、専用の取りつけ場所が作られていることが多いでしょう。屋内の場合は、FE式、もしくFF式という給湯器でなければ設置できません。詳しくは業者に相談してみてください。屋外から屋内へ設置場所を変更したいという場合は、注意が必要です。

1-4.注意点

給湯器は、熱源が同じものを交換する場合は、3時間~半日程度の時間があれば可能です。しかし、石油からガスへというように熱源を変更する場合は、工事が丸1日かかる場合もありますし、家の構造によっては熱源の変更ができないこともありますので、気をつけましょう。また、分譲マンションの場合は、給湯器の規格が統一されており、勝手に変更ができないようになっているところも多いので、注意が必要です。
さらに、給湯器が変わるとサイズも大きくなる場合があります。特に、号数を大きくする場合や次世代型給湯器に変更する場合は、設置場所に給湯器が収まるかどうか事前に確認しましょう。