風呂の残り湯の再利用方法とは?上手に再利用して節約しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「風呂の残り湯をそのまま捨てるのがもったいない…」と思っている人は必見です。
風呂の残り湯にはまだ使い道が残っています。
風呂の残り湯を再利用する方法、再利用する際の注意点、給湯器の選び方について説明しましょう。
いつも出る残り湯で困っている人は、ぜひ確認してください。
残り湯を上手に利用しながら給湯器の交換・選び方についても確認していきましょう。

目次

  1. 風呂の残り湯を再利用する方法
  2. 再利用する際の注意点
  3. 給湯器の選び方
  4. まとめ

1.風呂の残り湯を再利用する方法

残ってしまう風呂のお湯にはどのような使い道があるのでしょうか。
節約のためにさまざまな使い道をしている人もたくさんいます。
そこで、風呂の残り湯を再利用する方法をいくつか紹介しましょう。

1‐1.洗濯やトイレに再利用する

残り湯の節約はとても大きいです。
毎日お風呂を利用する人ほど、残り湯の再利用で困ってしまいます。
浴槽の大きさは家庭によってさまざまですが、ほとんどの浴槽がおよそ200リットルです。
毎日お風呂を利用するとなれば年間の使用量はおよそ73,000リットルになってしまいます。
よって、風呂の残り湯再利用はおよそ年間1万円以上の節約になるのです。
そこで、ぜひおすすめしたい再利用法が‟洗濯”や‟トイレ掃除”の再利用になります。
衣料品の洗濯に残り湯を利用する、トイレを利用したときは残り湯で流すなどさまざまな節約ができるでしょう。

1‐2.植木や掃除に再利用する

風呂の残り湯は植木にあげる水や掃除として再利用できます。
人間の皮脂や汚れが入っている風呂の残り湯は、育てている植物において栄養たっぷりの水になるのです。
意外だと思いますが、植木にとっては大切な栄養源になるのは間違いありませんよ。
また、定期的にお部屋やベランダなど掃除をする人は多いでしょう。
ふき掃除、トイレ掃除、靴洗い、そして風呂掃除に残り湯が利用できるのでぜひ試してみてください。
新しい水を利用しなくても風呂の残り湯で十分です。
自分はどのような場面で水を利用しているかどうか、改めて考え直してみてはいかがでしょうか。

1‐3.寒い時期は湯たんぽ、車の洗車にも大活躍

風呂の残り湯は使い道がたくさんあることをご存じでしょうか。
普段から水を利用しているシーンでも残り湯が再利用できるものです。
たとえば、冬の時期「湯たんぽ」を利用する人は多いのではないでしょうか。
湯たんぽに入れるのは新しい水ではなく、風呂の残り湯が利用できます。
残り湯であれば水道代もかかりませんよね。
寒い時期は毎日使うからこそほんの少しの節約が大きな効果になるのです。
また、車の洗車にも風呂の残り湯が大活躍します。
自宅で車を洗うとき、大量の水が必要になるでしょう。
200リットルの水がたまる浴槽は車の洗車に十分な量です。残り湯を洗車に利用して上手に節約してください。
また、ほかにも朝の洗顔用として残り湯が利用できます。
朝にポットで残り湯を温めて洗顔に使う人も多いですよ。ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。

12