お酒とお風呂…組み合わせると危険!どうなる?私たちの体

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

酔いを覚ますために、飲酒後にお風呂に入る人がいます。
実はこの行為、とても危険なことをご存じでしょうか?
お風呂に入りながらお酒を飲むなんてもってのほか。
お酒とお風呂は、相性がとても悪いのです。

  • お酒とお風呂の相性はなぜ悪いのか?
  • 飲酒前にお風呂に入るのは問題ないのか?
  • 入浴中や入浴後に飲酒することはなぜ危険なのか知りたい

そんな人たちのために、お酒とお風呂の相性や入浴前・入浴中・入浴後に飲酒することがなぜ危険なのかをまとめてみたいと思います。

  1. お酒とお風呂の相性
  2. 入浴前・入浴中・入浴後の飲酒がなぜ危険なのか?
  3. まとめ

1.お酒とお風呂の相性

「お酒とお風呂の相性は最悪」と言われている理由はどのようなものなのでしょうか。
お風呂に入ったとき、お酒を飲んだときに、私たちの体がどうなるのかを知ってください。

1-1.「飲みながら」「飲んだ後」の入浴は、体に負担を与える

お酒を飲むと、体内の血液循環はよくなります。
そして、お風呂に入ると体が温まることで同様のことが起こるのです。
つまり、飲酒中や飲酒直後にお風呂に入ると、さらに血液の循環がよくなり、速いスピードでアルコールが全身に回ってしまいます。
大量の血液が全身に回り、血液の流れに乱れが生じることで、脳や心臓の血液が減少してしまうことになるのです。
その結果、脳貧血や不整脈、心臓発作などを引き起こす可能性もあることを覚えておきましょう。
お酒とお風呂の相性が悪いと言われる理由は、それだけではありません。
お酒を飲むと、一時的に血圧が下がるのです。
そして、お風呂に入ったときも、同じように血圧は下がります。
この相乗効果によって、気を失って倒れてしまうケースも少なくないでしょう。
入浴中に気を失うと、命にかかわる事故につながる場合もあります。
お酒を飲みながら、飲んだ後にお風呂に入ることが、体にどれだけ大きな負担を与えることになるのか、知っておいてください。

1-2.二日酔いの状態での入浴にも注意

二日酔いの症状を和らげるために「お風呂に入って汗を流す」という方法を試す人は多くなっています。
しかし、この方法はとても危険なのです。
お酒を飲むとトイレが近くなります。
その理由は、アルコールには利尿作用があるためです。
つまり、二日酔いのとき、私たちの体は水分不足状態に陥っています。
水分が不足している状態のときに、お風呂に入って汗をかいたらどうなるでしょうか。
脱水症状を引き起こすだけでなく、肝機能が低下してお酒が体から抜けにくくなってしまうのです。
入浴によって肝臓に十分な血液が届かなくなり、アルコールの分解を妨げてしまうことになるでしょう。

1-3.飲んだ後は「安静」に、お風呂は飲酒前

お酒を飲むと、体内に入ったアルコールを分解するために肝臓が機能します。
この働きを妨げてしまうと、いつまでもお酒が体から抜けず、翌日まで残すことになってしまうでしょう。
肝臓の働きをよくする一番効果的な方法は「安静」にしていること。
たとえ温泉旅行中でも、お風呂は我慢して安静に過ごすようにしましょう。
また、お酒を飲むことで反射神経や判断力は鈍ります。
お風呂で転倒したりおぼれたりする原因につながってしまうでしょう。
お風呂は飲酒前に済ませ、万全な体調でお酒を楽しむようにしてください。

2.入浴前・入浴中・入浴後の飲酒がなぜ危険なのか?

お酒とお風呂の相性が悪いことはお分かりいただけたでしょう。
次に、飲酒のタイミングについてです。
入浴前・入浴中・入浴後の飲酒についてご紹介します。

2-1.入浴前の飲酒

お風呂に入る前にお酒を飲んでしまう…よくある事例です。
旅館などでは、宴会後に温泉に入ってから就寝しようとする人も多いでしょう。
しかし、実際に飲酒後の入浴で亡くなってしまった事故の例は少なくありません。
前述したとおり、お酒を飲んだ後にお風呂に入ると、血行がよくなり急速に酔いが回ることになるでしょう。
飲酒で心拍が上がっている状態です。
入浴によってさらに心拍が上がり、酔いが回っているために本人も状況をよく把握できていません。
具合が悪くなっても自分では対処できず、転倒してケガをしてしまうケースも多いのです。

2-2.入浴中の飲酒

「お風呂につかりながら、おちょこで日本酒をたしなむ」…。
大変魅力的で、お酒もおいしく感じることでしょう。
しかし、この行為ほど危険なものはありません。
入浴中は、体内の水分が汗となって出て行っている状態です。
アルコールが全身に回りやすいだけでなく、脳卒中などを引き起こす可能性もあるでしょう。
体内の水分が不足している状態でアルコールを摂取すると、特に脳血管での吸収が急激に多くなります。
そのため、激しい頭痛を引き起こして脳卒中となる可能性が高まるのです。

2-3.入浴後の飲酒

お風呂に入った直後に冷たいビールで渇いた喉をうるおす人は多いでしょう。
入浴後であれば、アルコールの影響を心配する必要はない…と思っていませんか?
実は、入浴直後の飲酒もあまりよいものではないのです。
入浴後は血行がよくなっているため、アルコールでさらに血行をよくすることはおすすめできません。
入浴前、入浴中と同じように、体に大きな負担をかけてしまうことになるでしょう。
そこで、入浴後30分以上、時間を空けるようにしてください。
時間がたってからお酒を飲むと、逆によい効果を得ることができます。
たとえば、ビールは「アルコール」「炭酸」「苦味成分」という3つの効果で胃の働きを活発にしてくれるのです。
入浴後に食事をする場合は、むしろその前に飲んでおいた方がよいことになるでしょう。
入浴によって鈍くなっている消化器の働きを助けてくれますよ。

3.まとめ

お酒とお風呂の相性や危険性についてご紹介しました。

  • お酒とお風呂の相性
  • 入浴前・入浴中・入浴後の飲酒がなぜ危険なのか?

「お酒とお風呂の相性を知りたい」「入浴前後や入浴中の飲酒はなぜ危険なのか?」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。