湯シャンプーは本当に効果があるの?湯シャンのやり方とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

年を重ねるにつれ、頭髪の悩みを抱える男性は増えていきます。
男性ホルモンの分泌が盛んになるほど、毛髪は薄くなっていくのです。
高価な育毛剤やシャンプーを使用している方もいるでしょう。
しかし、お湯だけで髪を洗う「湯シャン」も注目されています。
そこで、今回は湯シャンプーの効果ややり方についてご紹介しましょう。
シャンプーは髪や皮脂の汚れを落としてくれますが、その一方で肌質に合わないとかえって髪を傷めてしまうのです。
抜け毛や髪の痛みが気になるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. シャンプーのデメリットとは?
  2. 湯シャンの効果とは?
  3. 湯シャンのやり方とは?
  4. ストレスで皮脂が増える、髪の毛が抜けるって本当?
  5. 急に髪がべたべたしだしたら、皮膚炎かも?
  6. おわりに

1.シャンプーのデメリットとは?

昭和の中ごろまでは、シャワーのある家の方が少なくお風呂を沸かすのにも時間がかかったため、洗髪は1週間に1~2回という人が一般的でした。
しかし、給湯器の技術が向上し浴室にシャワーがつけられるようになると、毎日髪を洗う人も増えていったのです。
また、1980年代後半には「朝シャンブーム」が起こり、1日に2回洗髪する人も珍しくなくなりました。
でも、シャンプーは汚れも落としますがそれととともに皮脂や、皮膚の常在菌(じょうざいきん)なども一緒に洗い流してしまいます。
そのため、かえって抜け毛や頭皮の臭いが強くなってしまったという方もいるのです。
また、シャンプーは人によって合う、合わないの差が激しいもの。
特に、抜け毛防止など薬効成分が強いものは、使いすぎは逆効果になるのです。
皮膚科医の中には、シャンプーは3日に1回くらいがちょうどよいという意見の方もいます。
しかし、「3日もシャンプーをしなければ、髪がべとべとになってしまう」という方もいるでしょう。
そんな方にお勧めなのが「湯シャンプー(以下、湯シャン)」なのです。