加齢臭対策はお風呂で!驚くべき○○の効果を知ろう

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

中高年に多い加齢臭。
男性だけでなく、女性にもあると言われています。
加齢臭は個人差が激しく、誰もが同じ臭いというわけではないのです。
そして、自分では気づいていないだけで加齢臭を発している人も。
不潔なイメージを与えがちな加齢臭。
その原因は一体何なのでしょうか。
対策があるならぜひ知っておきたいものですよね。

  • 加齢臭が気になる
  • 加齢臭対策にはどのようなものがあるのか
  • お風呂でできる加齢臭対策とは?

そんな人たちのために、加齢臭の原因やお風呂でできる対策についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 加齢臭の原因
  2. 加齢臭対策
  3. お風呂でできる加齢臭対策とは
  4. まとめ

1.加齢臭の原因

1-1.原因物質「ノネナール」とは?

加齢臭の根源と言われているのが「ノネナール」という物質です。
脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生じる物質で、40歳を過ぎたころから分泌量が急増します。
その理由は、酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えるため。
若い人たちの体臭からは、ノネナールが検出されません。

1-2.生活習慣と加齢臭

肉類やアルコールなどの嗜好(しこう)品を好む人は、生活習慣病を引き起こすリスクが高まります。
さらに、運動不足やストレスも重なって不摂生な生活を送っていると加齢臭が発生しやすくなるのです。
加齢臭のもとになるノネナールは、皮脂腺の脂肪分が増えることで量が多くなります。
生活習慣に問題があるとこの脂肪分が増えやすくなるのです。
つまり、生活習慣と加齢臭は深い関係にあるということになるでしょう。

1-3.ストレスと加齢臭

過酸化脂質の量が増えると当然ノネナールの分泌量も多くなります。
過酸化脂質が増えるのは体内に活性酸素が大量発生したとき。
つまり、ストレスを感じたときです。
ストレスがたまればたまるほど、活性酸素は増えていきます。
同時に過酸化脂質も増え、ノネナールも大量分泌されることになるのです。
加齢臭の強弱には、ストレスの強さが大きく関係しているということになります。

1-4.食生活と加齢臭

加齢臭は食生活とも深い関係にあります。
低脂肪・高繊維質・植物性食品が主だった昔とは違い、最近は高たんぱく・高脂肪な食事が中心になった日本。
体内で動物性脂肪が酸化することで加齢臭は発生します。
酸化の原因として、こういった食生活が挙げられるでしょう。

2.加齢臭対策

2-1.食生活の見直し

まずは、加齢臭を体の内側から抑える方法を考えていきましょう。
臭いの発生源を減らすためには、肉類などの動物性脂肪をとらないようにする必要があります。
刺激的な臭いがする食べ物もやめるべきです。
昔ながらの日本食がよいでしょう。
また、加齢臭の原因である活性酸素を減らすために、ビタミンCやビタミンEを積極的にとることをおすすめします。
殺菌作用のある緑茶、消臭作用のあるりんご酢なども、毎日の食事に取り入れてみてください。
もちろん、アルコールは臭いのもとになります。
肝機能を下げて免疫力を弱めてしまうため、加齢臭の大敵と言えるでしょう。

2-2.ストレスの解消

ストレスが加齢臭の原因になる可能性についてはご説明しました。
加齢臭の現況である過酸化脂質を増やさないためには、ストレスを上手に発散することも大切です。
日頃からなるべくストレスをためこまないよう注意しましょう。
もしストレスがたまっていると思ったら、自分なりの解消法を見つけてください。
ゆっくり湯船につかる、体を動かす、集中できる趣味を持つなど、方法はたくさんあります。

2-3.体の外側からもアプローチ

次に、体の外側から加齢臭を抑える方法です。
もちろん、入浴で体を清潔にすることが一番でしょう。
ほかにも、加齢臭対策グッズを利用する方法もあります。
消臭スプレーやマウスウォッシュ、消臭衣類など、種類はさまざまです。
自分に合ったものを見つけてください。

3.お風呂でできる加齢臭対策

3-1.湯船につかる

「毎日シャワーをしているのに加齢臭が気になる」という人は、シャワーではなく湯船につかるようにしましょう。
現代人の汗腺機能は低下していると言われています。
その理由は、運動量の減少やエアコンがある環境が当たり前になっているため。
湯船に入らずシャワーだけの入浴を続けていると汗腺の機能はますます低下していきます。
そして、老廃物がたまりやすくなり、臭いの原因になるのです。

3-2.正しい体の洗い方を知る

「加齢臭が気になるのでお風呂に入ったら体をゴシゴシ洗っている」という人は多いでしょう。
臭いを落とすためにゴシゴシこすり過ぎると肌にダメージを与えてしまいます。
正しい洗い方をすれば効果的に加齢臭を予防することができるのです。
まず、肌に負担を与えない洗浄料を選ぶこと。
界面活性剤の入っていない「石けん」か「植物性の洗浄料」がおすすめです。
敏感肌の人は弱酸性の洗浄料を使うようにしましょう。
泡立てネットなどで洗浄料を泡立て、手のひらで体をなでるように洗ってください。
入浴後に体を拭くときも、タオルで押さえるように優しく拭きましょう。

3-3.浴槽にミョウバンを入れる

最後に、お風呂でできる加齢臭対策の裏ワザをご紹介しましょう。
理科の実験に使った経験のある「ミョウバン」を浴槽の中に入れてみてください。
ミョウバンは、水に溶けると酸性になります。
アルカリを中和する働きがあるため、昔から消臭に使用されているのです。
制汗・殺菌・消臭作用があり、加齢臭対策にはピッタリでしょう。
ミョウバンはスーパーやドラッグストアで安く手に入れることができます。
2リットルの水にミョウバンを50グラム溶かすと「ミョウバン水溶液」を作ることができるのです。
入浴剤代わりに湯船に入れて使ってみましょう。

4.まとめ

加齢臭対策についてご紹介しました。

  • 加齢臭の原因
  • 加齢臭対策
  • お風呂でできる加齢臭対策とは?

「加齢臭が気になってきた」「お風呂でできる加齢臭対策を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。