お風呂の追い焚き機能を知って節約ライフ~業者に依頼して簡単設置~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂を沸かすとき、「追い焚き」と「再度お湯を入れる」という方法に分かれるかと思います。ガス代などの節約として追い焚き機能を使う人も多くいるでしょう。この記事では、今から追い焚きについて知りたい人向けの情報をまとめました。

  1. 追い焚きについて
  2. 追い焚き機能を付ける方法
  3. 追い焚き機能のメンテナンスと故障
  4. 追い焚き機能を付ける際の業者の選び方
  5. 「追い焚き機能」にてよくある質問
  6. まとめ

この記事をチェックすれば、追い焚き機能のメリットや設置方法がわかります。


1.追い焚きについて

1-1.追い焚き機能と使用する目的

追い焚き機能とは、前日から使っている・入浴中の冷たくなったお湯を温かくする機能です。給湯器自体に温める機能が付いており、その機能によってお湯を温め直します。今では給湯器に「追い焚き機能」が付いている場合が多くなっているのです。
追い焚き機能を使う人は、多くの場合は2日連続で同じ水を使いたい人。同じ水を使ってお風呂にお湯をはることで、水道代を節約することができます。

1-2.追い焚きの仕組み

現代の追い焚きは、専用の給湯器内にてお湯を温め直すものが主流です。
給湯器内には熱交換パイプというものがあります。このパイプに水を通過させることで、古い水が温まる仕組みです。そのため、給湯器から出したお湯と追い焚きした水が混ざることもありません。

1-3.現代の給湯器について

現代の給湯器では、お湯を直接付け足す方式が多くなっています。お湯が冷たくなった場合は、もう一度お湯をはり直す必要があるのです。
マンションなどでは、追い焚き機能や自動温度設定が付いていない場合もあるでしょう。そのため、追い焚き機能を使うことができないことがあります。

1-4.追い焚きとお湯の追加、どっちがお得?

追い焚きとお湯の追加では、ガス代的にはどちらも違いは少ないのです。また、状況や商品によって異なります。
しかし、追い焚きのほうが水道代は圧倒的に安いのです。お湯をはり直す必要がないため、ガス代よりも水道代でのコストカットが見込めます。

2.追い焚き機能を付ける方法

2-1.「追い焚き機能」は後付けできるのか

追い焚き機能をお風呂に後付するのは可能です。ですが、費用はそれなりに掛かると思いましょう。
機能を付けるには追い焚き専用の配管や湯沸かし器が必要になります。場合によっては浴槽の交換も検討対象となるのです。

2-2.追い焚き機能を付けるメリット

追い焚き機能を付けるメリットには、水道代の節約となります。また、お湯がたまるのを待つ必要がなく、入浴する時間までの短縮も見込めるのです。
夏場にかんしては、追い焚きで必要以上にガスを使うことが無くなるので節約効果が大きくなります。

2-3.追い焚き機能を付ける方法

追い焚き機能を付ける場合は、専門の給湯器販売業者などに依頼することになるのです。場合によっては大がかりな作業となり、リフォーム業者の力を借りることになるのを知っておきましょう。

2-4.追い焚き機能を付ける場合に掛かる価格

追い焚き機能を付ける場合は、給湯器の交換が必要になってきます。給湯器の交換ならば安くても15万円くらいになると思いましょう。また、浴槽や浴室が古過ぎる場合はリフォーム代も掛かってきます。

2-5.給湯器をエコキュートに変更する場合

今では「エコキュート」など、環境を考えた給湯器の普及が強まっているのです。設置条件などに制約はありますが、こちらのタイプになれば年間ランニングコストは低くなります。しかし、設置には70万円以上の費用が掛かるのを知っておきましょう。

2-5.追い焚き機能を付ける場合の注意点

追い焚き機能を付ける場合は、追い焚き機能付きの給湯器の交換が必要となります。今まで使っていたものと同じタイプならば、交換にかんして大きな問題はありません。
しかし、「エコキュート」などの電気給湯器へ変更する場合は、大型の給湯器を設置する可能性があります。その場合、家の立地的に設置できない場合があるのです。事前に家の形状や余剰面積を確認しておきましょう。
また、マンションに住んでいる人は勝手に交換してはいけません。古いものとはいえ、マンションの所有者はオーナーです。勝手に交換する前に相談しておきましょう。

3.追い焚き機能のメンテナンスと故障

3-1.掃除の仕方

追い炊き機能が付いている浴槽は、しっかり掃除する必要があります。配管の中を同じ水が循環するため、細菌などが繁殖する可能性があるのです。掃除は3日に1回は行いましょう。
掃除する場合は、市販の配管を清掃できる洗剤を使います。浴槽内の配管に入れることで、配管内にある汚れを一掃してくれるのです。ホームセンターなどに販売しているので購入しましょう。

3-2.故障したらどうする?

追い焚き機能がある浴槽を掃除しない人は、異常な汚れや故障が発生します。また、洗剤の使用方法を間違うことで故障することもあるのです。

  • お湯がドロドロしている。
  • 洗剤を使ったら泡だらけになった。
  • お湯が温まらない。

このような症状が出た場合は、すぐに業者を呼びましょう。業者は給湯器の販売元や設置業者に連絡します。

4.追い焚き機能を付ける際の業者の選び方

4-1.印象のよい業者のポイント

給湯器の交換など業者を選ぶポイントは、ホームページなどにある利用者の声です。利用者の声をしっかり乗せている業者は、信頼できます。
また、事前の見積もりにしっかり対応してくれるのもポイントです。見積もりを適当にする会社は、後になって高い請求をしてくる可能性があります。

4-2.さまざまな工事に対応している

追い焚き機能を付けたいにもかかわらず、まったく対応してくれない場合もあるもの。そのため、さまざまな工事に対応してくれる業者を選びましょう。
ホームページなどをチェックしてみれば、勤めている社員が持っている資格などが掲載されています。その資格も見ておけば安心です。

4-3.セット料金のプランを提示している

給湯器の販売会社は、自社で販売だけしている場合もあります。その場合、設置工事などを含めると高くなることが多くなるのです。
料金を抑えたい場合は、自社にて給湯器の販売と設置工事をセット料金として提示している業者がいいでしょう。この場合、費用が半額以上になるのです。

4-4.トラブルへの対応が充実している

業者を選ぶときは、トラブル対応が充実している場所にしましょう。給湯器が故障などすれば、お風呂に入れず困ってしまいます。トラブルへの対応が早い場所がいいものです。
また、アフターフォロー内容もチェックしておきましょう。メーカー保証だけでなく、会社独自の保証は必ず確認します。地震などの災害や経年変化などにどれぐらい対応してくれるか見ておきましょう。

5.「追い焚き機能」にてよくある質問

5-1.保証期間について

給湯器には各メーカーが設定している保証期間があります。2年間の商品保証期間となっていることが大半です。商品とは別に、販売会社による設置・保証期間を設けています。長いところになれば10年間保証してくれるのです。

5-2.不用になった給湯器の処分について

追い焚き機能の追加により、不用になった給湯器や部品は業者が処分してくれます。処分費用は、あらかじめ工事内容に含まれており、追加料金が発生することもありません。商品だけ買った場合は、どこか設置業者を探す必要があります。

5-3.故障など工事までの期間について

故障の連絡があったときは、基本的に即日対応できるのです。ですが、各会社の対応可能エリアであることが条件となります。その点にかんしては、事前にチェックしておきましょう。

5-4.注文方法について

注文するには、給湯器を扱っている専門会社や設置会社のホームページから購入できます。また、電話などでの対応も行っているので依頼してみましょう。購入時には、事前に見積もりを取ってくれます。

5-5.支払いについて

支払いにかんしては、基本的に現金での工事後一括払いとなっているものです。難しいときは、業者が指定する形でのカード払いも可能なので相談してみましょう。さらに、銀行での後払いにも対応している場合があります。

6.まとめ

いかがでしたか? この記事では追い焚き機能や給湯器に関する情報をお届けしました。
追い焚き機能とは、お風呂のお湯を温め直す機能です。同じ水なので水道代をカットできるのがメリットとなります。また、付ける際に「エコキュート」のタイプに変えれば年間コストが大きく変わるのです。
追い焚き機能の導入と共に、給湯器を替えてみるのはいかがでしょうか。