お風呂の追い焚き機能を知って節約ライフ~業者に依頼して簡単設置~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂を沸かすとき、「追い焚き」と「再度お湯を入れる」という方法に分かれるかと思います。ガス代などの節約として追い焚き機能を使う人も多くいるでしょう。この記事では、今から追い焚きについて知りたい人向けの情報をまとめました。

  1. 追い焚きについて
  2. 追い焚き機能を付ける方法
  3. 追い焚き機能のメンテナンスと故障
  4. 追い焚き機能を付ける際の業者の選び方
  5. 「追い焚き機能」にてよくある質問
  6. まとめ

この記事をチェックすれば、追い焚き機能のメリットや設置方法がわかります。


1.追い焚きについて

1-1.追い焚き機能と使用する目的

追い焚き機能とは、前日から使っている・入浴中の冷たくなったお湯を温かくする機能です。給湯器自体に温める機能が付いており、その機能によってお湯を温め直します。今では給湯器に「追い焚き機能」が付いている場合が多くなっているのです。
追い焚き機能を使う人は、多くの場合は2日連続で同じ水を使いたい人。同じ水を使ってお風呂にお湯をはることで、水道代を節約することができます。

1-2.追い焚きの仕組み

現代の追い焚きは、専用の給湯器内にてお湯を温め直すものが主流です。
給湯器内には熱交換パイプというものがあります。このパイプに水を通過させることで、古い水が温まる仕組みです。そのため、給湯器から出したお湯と追い焚きした水が混ざることもありません。

1-3.現代の給湯器について

現代の給湯器では、お湯を直接付け足す方式が多くなっています。お湯が冷たくなった場合は、もう一度お湯をはり直す必要があるのです。
マンションなどでは、追い焚き機能や自動温度設定が付いていない場合もあるでしょう。そのため、追い焚き機能を使うことができないことがあります。

1-4.追い焚きとお湯の追加、どっちがお得?

追い焚きとお湯の追加では、ガス代的にはどちらも違いは少ないのです。また、状況や商品によって異なります。
しかし、追い焚きのほうが水道代は圧倒的に安いのです。お湯をはり直す必要がないため、ガス代よりも水道代でのコストカットが見込めます。