追い焚きができないのは給湯機の故障? 対処法と共にご説明します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お湯が冷めてしまってもガス代や電気代のみで適温まで温め直すことができる追い焚きは、とても便利な機能です。特に、家族が多かったり入浴時間がバラバラだったりするご家庭では、重宝していることでしょう。1人暮らしだったり湯船に入る人数が少ないときは、お湯をはり直すより沸かし直した方が経済的です。だからこそ、急に追い焚きができなくなってしまうと困りますよね。追い焚きができないと即故障と考えがちですが、操作ミスで追い焚きができなくなることもあるのです。

そこで、今回は追い焚きができなくなる理由や対処法をご紹介しましょう。

  1. 追い焚き機能の基礎知識
  2. 追い焚き機能のよくあるトラブル
  3. 給湯器の故障が疑われる場合
  4. ​追い焚き機能に関するよくある質問

対処方法が分かれば、業者を呼ぶ目安もつけやすくなります。自宅のお風呂に追い炊き機能がついている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.追い焚き機能の基礎知識

追い焚きできない原因をご紹介する前に、追い焚き機能の基礎知識をご紹介します。どのような機能なのでしょうか?

1-1.追い焚き機能とは?

追い焚き機能とは、浴槽内のお湯を循環させて再び温め直す機能です。家庭内すべてに1台でお湯が供給できる大型の給湯器が普及してから、追い炊き機能を持つお風呂が増えてきました。浴槽内のお湯を循環させて温め直すシステムです。

1-2.追い焚き機能の種類について

追い焚き機能には、一つ穴と二つ穴があります。二つ穴は古いタイプの風呂釜に設置されている追い焚き機能で、浴槽内に2つ穴が開いているのが特徴です。浴槽内に溜まっているお湯の温度差を利用してお湯を循環させるタイプになります。二つ穴は温めにムラが出やすく、湯あかが循環パイプの中に溜まるため、掃除も大変です。また、給湯器も浴室のすぐ隣に設置しなければなりません。そのため、新しい浴室に二つ穴の追い焚き機能がつけられることはほとんどないでしょう。また、二つ穴から一つ穴の追い焚き機能へのリフォームも行えます。

一つ穴の追い焚き機能は、給湯器内に循環用のポンプを設置してあり、強制的にお湯を循環させて追い焚きをするタイプです。そのため、強制循環方式とも呼ばれています。一つ穴は温めのムラが出にくく、給湯器が浴槽から遠くに設置してあっても問題ありません。そのため、現在は追い焚き機能の主流となっています。

1-3.追い焚き機能のメリット

追い焚き機能がついていれば、ガス代や電気代のみでお湯を温め直すことができます。そのため、家族の人数が多く入浴をしている内にお湯が冷めてしまうというご家庭などには重宝されるでしょう。
また、家族の人数が少なく、1回の入浴でお湯を変えるのはもったいないというご家庭では、お湯を沸かし直して入浴するということもできます。ただし、家族の人数が少なくても入浴後のお湯は汚れており、時間が経つほど雑菌が繁殖するのです。そのため、雑菌の繁殖を防止するグッズや重曹で雑菌の繁殖を抑えるとよいでしょう。

12