【必見】省エネ給湯器の特徴が知りたい! 種類や選び方などご紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エコジョーズ・エコウィル・エネファームなどの給湯器を、省エネ給湯器と言います。最小限のエネルギーを使い、二酸化炭素や無駄な熱の発生を抑えることができるため、地球環境にも貢献できるタイプです。最近は、省エネ給湯器が注目されていますが、どのような仕組みなのかきちんと把握しなければ、給湯器選びに失敗してしまいます。きちんと基礎知識を深めることが大切です。そこで、本記事では、省エネ給湯器の基礎知識や種類・選び方・故障と交換・取り付けについて説明します。

  1. 省エネ給湯器の基礎知識
  2. 省エネ給湯器の種類
  3. 省エネ給湯器の選び方
  4. 省エネ給湯器の故障・交換について
  5. 省エネ給湯器の取り付けについて
  6. 省エネ給湯器に関してよくある質問

この記事を読むことで、省エネ給湯器の知識を深めることができ、生活環境に適した種類を選ぶことができます。交換を考えている方は、ぜひチェックしてください。


1.省エネ給湯器の基礎知識

家族の人数やライフスタイルに合った給湯器を選ぶためには、省エネ給湯器の知識を深める必要があります。定義やメカニズム、ほかの給湯器との違い、メリット・デメリットについて一緒に確認していきましょう。

1-1.定義

省エネ給湯器とは、エネルギー量を最小限に抑えた給湯器のことです。給湯器の熱源は、従来は石油を使用していました。しかし、現在では石油の量が減少しているのでガス・電気を使用するタイプがほとんどです。省エネ給湯器=効率よくお湯を沸かす給湯器と思ってください。

1-2.メカニズム

具体的なメカニズムは種類によって異なります。たとえば、ガスを使用するエコジョーズは、熱交換器が一次・二次と2箇所に備わっているものです。最初に、二次熱交換器で水を温めますが、ここでは従来捨てていた約200℃の燃焼排ガスを利用しています。そして、一次熱交換器で再びお湯を温める仕組みです。二次熱交換器で発生したドレン(酸性水)は、中和タンクで中和処理され排出されるため、環境汚染が防止できます。従来、捨てていた熱を再利用する仕組みです。

1-3.ほかの給湯器との違い

省エネ給湯器とほかの給湯器では、主な違いが3つあります。1つ目は、省エネルギーに優れていることです。従来の給湯器は、熱効率が約80%でしたが、省エネ給湯器は90~95%と格段にアップしています。そのため、低ランニングコストも可能になりました。2つ目は、環境にやさしい仕組みであることです。二酸化炭素の排出量を約13~15%カットできるため、温暖化対策につながります。そして、3つ目は、高効率とメンテナンスフリーです。一般的な給湯器よりも高めの効率で、メンテナンスフリーの素材を使用しています。

1-4.メリット・デメリット

省エネ給湯器の大きなメリットは、ランニングコストが安い点です。初期費用が高いというデメリットはありますが、長く使い続けることで従来の給湯器よりも電気代・ガス代を抑えることができます。また、環境にやさしい、種類によってはコンパクトサイズになる点も、メリットの1つです。種類によってメリット・デメリットが変わるため、注意しておきましょう。

1-5.最近の傾向

最近は、省エネ給湯器+太陽光発電や、オール電化などの注目度が高まっています。太陽光発電は、太陽の光を利用して給湯器を稼働する仕組みです。天然の発電力となるため、ガス代や電気代がかかりません。オール電化は、深夜電力を使ってお湯を沸かしたり、IHクッキングヒーターを使ったりします。すべての原動力が電気という仕組みです。