【必見】省エネ給湯器の特徴が知りたい! 種類や選び方などご紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エコジョーズ・エコウィル・エネファームなどの給湯器を、省エネ給湯器と言います。最小限のエネルギーを使い、二酸化炭素や無駄な熱の発生を抑えることができるため、地球環境にも貢献できるタイプです。最近は、省エネ給湯器が注目されていますが、どのような仕組みなのかきちんと把握しなければ、給湯器選びに失敗してしまいます。きちんと基礎知識を深めることが大切です。そこで、本記事では、省エネ給湯器の基礎知識や種類・選び方・故障と交換・取り付けについて説明します。

  1. 省エネ給湯器の基礎知識
  2. 省エネ給湯器の種類
  3. 省エネ給湯器の選び方
  4. 省エネ給湯器の故障・交換について
  5. 省エネ給湯器の取り付けについて
  6. 省エネ給湯器に関してよくある質問

この記事を読むことで、省エネ給湯器の知識を深めることができ、生活環境に適した種類を選ぶことができます。交換を考えている方は、ぜひチェックしてください。


1.省エネ給湯器の基礎知識

家族の人数やライフスタイルに合った給湯器を選ぶためには、省エネ給湯器の知識を深める必要があります。定義やメカニズム、ほかの給湯器との違い、メリット・デメリットについて一緒に確認していきましょう。

1-1.定義

省エネ給湯器とは、エネルギー量を最小限に抑えた給湯器のことです。給湯器の熱源は、従来は石油を使用していました。しかし、現在では石油の量が減少しているのでガス・電気を使用するタイプがほとんどです。省エネ給湯器=効率よくお湯を沸かす給湯器と思ってください。

1-2.メカニズム

具体的なメカニズムは種類によって異なります。たとえば、ガスを使用するエコジョーズは、熱交換器が一次・二次と2箇所に備わっているものです。最初に、二次熱交換器で水を温めますが、ここでは従来捨てていた約200℃の燃焼排ガスを利用しています。そして、一次熱交換器で再びお湯を温める仕組みです。二次熱交換器で発生したドレン(酸性水)は、中和タンクで中和処理され排出されるため、環境汚染が防止できます。従来、捨てていた熱を再利用する仕組みです。

1-3.ほかの給湯器との違い

省エネ給湯器とほかの給湯器では、主な違いが3つあります。1つ目は、省エネルギーに優れていることです。従来の給湯器は、熱効率が約80%でしたが、省エネ給湯器は90~95%と格段にアップしています。そのため、低ランニングコストも可能になりました。2つ目は、環境にやさしい仕組みであることです。二酸化炭素の排出量を約13~15%カットできるため、温暖化対策につながります。そして、3つ目は、高効率とメンテナンスフリーです。一般的な給湯器よりも高めの効率で、メンテナンスフリーの素材を使用しています。

1-4.メリット・デメリット

省エネ給湯器の大きなメリットは、ランニングコストが安い点です。初期費用が高いというデメリットはありますが、長く使い続けることで従来の給湯器よりも電気代・ガス代を抑えることができます。また、環境にやさしい、種類によってはコンパクトサイズになる点も、メリットの1つです。種類によってメリット・デメリットが変わるため、注意しておきましょう。

1-5.最近の傾向

最近は、省エネ給湯器+太陽光発電や、オール電化などの注目度が高まっています。太陽光発電は、太陽の光を利用して給湯器を稼働する仕組みです。天然の発電力となるため、ガス代や電気代がかかりません。オール電化は、深夜電力を使ってお湯を沸かしたり、IHクッキングヒーターを使ったりします。すべての原動力が電気という仕組みです。

2.省エネ給湯器の種類

それでは、省エネ給湯器にはどのような種類があるのでしょうか。省エネ効果やメーカー・機能・使用上の注意点についても説明します。

2-1.省エネ効果について

必要最低限のエネルギー量を使う省エネ給湯器は、節約効果が高まります。お湯の管理を効率よくできるのが特徴であり、無駄なエネルギーを使わないことで光熱費削減が可能です。省エネ・節約効果は、年間にして約1万円と言われています。熱効率の高い給湯器なので、従来型よりも約10%以上の省エネ効果が期待できるでしょう。

2-2.種類

省エネ給湯器の代表的な種類は、エコジョーズ・エコウィル・エネファーム・エコキュートの4種類です。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • エコジョーズ:動力はガス。お湯を加熱する際に発生する燃焼ガスを再利用している
  • エコウィル:動力はガス。排熱を使ってお湯をつくる
  • エネファーム:動力はガス。化学反応を起こして電気をつくり出し、その際に発生する熱を利用する
  • エコキュート:動力は電気。ヒートポンプ技術でお湯をつくり、タンクに貯(た)めて利用する

2-3.メーカー

国内給湯器のメーカーといえば知名度No.1のリンナイ、業界最大手のノーリツ、幅広い年齢層に人気のあるパロマの3大メーカーです。中でも、リンナイとノーリツはエコ給湯器に力を入れています。リンナイはエコジョーズ、ノーリツはエコフィールなどを取り扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

2-4.機能について

ここ数年で、給湯器にさまざまな機能が登場しています。給湯器の機能で人気があるのは、追いだきです。追いだきは、湯船の量を変えずに温めることができます。省エネ給湯器であれば、追いだきも最小限のエネルギーで可能です。ほかにも、リモコンのスイッチを押すだけで自動湯沸かしができる機能や暖房機能・半身浴や消費カロリーの表示などの美容システムがあります。

2-5.使用上の注意点

省エネ給湯器を使用する際は、その種類のメリット・デメリットをきちんと把握しておかなければなりません。どのような仕組みでお湯を沸かすのか、故障しやすい扱い方など、取扱説明書を細部まで読んでチェックしておきましょう。分からないことがあれば、交換前に店舗スタッフへ尋ねてみてください。種類によって、使用上の注意点が異なります。

3.省エネ給湯器の選び方

選び方のポイントや向いている家庭・サイズ・設置場所・設置や選び方の注意点について説明します。

3-1.選び方のポイント

まず、押さえてほしいのが「家族構成」です。家族の人数によって、給湯器の号数が決まっています。家族の人数と号数が合っていなければ、お湯が足りなくなったり、光熱費が変わったりするのです。家族の人数に適した号数は、以下のとおりとなります。

  • 16号:1~3人家族向け
  • 20号:2~4人家族向け
  • 24号:4人以上の家族向け
  • 28号:大人数の家族向け

3-2.向いている家庭

光熱費を節約したい・地球環境への影響が気になる・ランニングコストを抑えたいという方は、省エネ給湯器が向いています。特に、コストパフォーマンスの良さを重視したい方は、ほかの種類よりも安く導入できるエコジョーズがおすすめです。省エネ給湯器の種類によっても、特徴や導入費用が異なるので比較すると良いでしょう。

3-3.サイズについて

最近では、省エネ給湯器の薄型が多数登場しています。薄型タイプは、隣家との間隔が狭い家庭やマンション・アパートなどでも使用可能です。ただし、給湯ユニットが必要なエコウィルなどは、設置スペースがある程度必要になります。省エネ給湯器のシステム・種類によって異なるので、サイズもきちんと確認してください。

3-4.設置場所について

給湯器の設置場所は、マンション・アパート、一戸建てで変わります。マンションやアパートは、玄関横にあるスペースかベランダに設置するでしょう。スペースが限られているため、十分に注意しなければなりません。さらに、給湯器の種類自体が決められている可能性があります。一方、一戸建ては自分たちで給湯器が選択でき、比較的自由に選択可能です。

3-5.設置・選び方の注意点

ほとんどの給湯器は、浴室に面している場所へ設置します。しかし、室外機のサイズや給湯器の種類によって、設置場所が変わり、スペースや配置が限られるのです。設置場所を誤ると、省エネ給湯器を設置しても熱効率が悪くなる可能性があります。すぐに壊れる怖(おそ)れもあるため、設置や選び方で悩んだときは、設置業者に相談してください。

4.省エネ給湯器の故障・交換について

省エネ給湯器を正しく使用するためには、故障や交換について知ることが大切です。よくある故障や対応策、寿命・耐用年数、費用、補助金について説明します。

4-1.よくある故障

省エネ給湯器でよくある故障は、ほかの給湯器とだいたい同じです。代表的な故障内容を、以下にまとめてみました。

  • お湯は出るが、追いだきができない
  • 配管から水漏(も)れが起きる
  • リモコンが反応しない
  • 基盤がショートする
  • 給水バルブの故障
  • お湯にならない・温度が安定しない

4-2.対応策

ほとんどの故障は、リモコンにエラーコード(番号)が表示されます。エラーコードを確認することで、給湯器に何が起きているのか分かるでしょう。エラーコードは取扱説明書に記載しているので、確認してください。エラーコードが出ていない場合は、原因不明の可能性があるので業者に連絡しましょう。特に、給湯器からガスの臭いがする場合は、早急に対処しなければなりません。勝手にさわらないように注意してくださいね。

4-3.寿命・耐用年数

一般的な給湯器の寿命は、約10~15年と言われています。省エネ給湯器の寿命もほとんど同じですが、使用頻度や使い方によっては寿命が短くなる可能性もあるのです。頻繁に使用する家庭ほど、耐用年数も短くなるでしょう。

4-4.費用について

省エネ給湯器の本体価格は、ほかの給湯器よりも高めです。エコウィルは70万円程度、エネファームは200万円程度、エコキュートは50~70万円程度になるでしょう。省エネ給湯器の中でも低価格で、導入しやすい種類がエコジョーズです。エコジョーズの販売価格は、約5~10万円となります。あくまで目安となるため、詳細は販売店・設置業者に問い合わせてください。

4-5.補助金について

省エネ給湯器は、政府・自治体などが補助金を交付しています。ただし、国の補助金制度はすでに終了しているため、補助金を活用したい方は自治体に問い合わせてみてください。たとえば、東京都新宿区では、エコキュートの導入補助金が使用できます。使用条件に合っている方であれば、申し込みが可能です。補助金制度が利用できれば、通常費用よりも安く導入できます。

5.省エネ給湯器の取り付けについて

実際に、省エネ給湯器を設置する場合は、どこに依頼すれば良いのでしょうか。依頼できる場所やDIYの不可・業者選びのポイント・設置方法・取り付け費用・注意点について説明します。

5-1.依頼できる場所は?

給湯器交換・設置を依頼する場所は、設置業者になるでしょう。給湯器・住宅設備を激安販売&設置工事をしている「環境ネットショップ」では、購入から取りつけ工事まで、すべてが依頼できます。一度で必要な作業ができるため、時間・手間がかかりません。また、最新の給湯器も安く手に入れることができます。

5-2.DIYはできるのか?

たまに、給湯器を自分で交換・設置している方をみかけますが、DIYはおすすめしません。なぜなら、設置方法や配管を間違える可能性があるからです。特に、ガスを使用する給湯器は、専門の資格がなければ工事ができません。無資格者が工事をすれば、爆発・火災の危険性も高まります。費用節約のためにDIYをするのではなく、安心・安全を重視して業者に依頼してください。

5-3.業者選びのポイント

適切な工事ができ、安心・安全に使用するためには、業者選びが大切なポイントとなります。どの業者に依頼すべきか悩んだときは、以下の項目に注目してください。

  • 丁寧な対応かつスピーディー
  • 見積もり内容を細かく記載している
  • 工事保証サービスが充実している
  • 低価格で購入・取りつけ工事ができる
  • 無料相談・無料見積もりが利用できる
  • 知識・経験豊富なスタッフが工事を担当する
  • 修理の依頼も受けつけている

5-4.設置までの流れ

「環境ネットショップ」における設置までの流れを説明します。

  1. ホームページのフォームまたは電話から無料見積もりを依頼する
  2. 業者による現地調査を行い、最終見積もりを提示する
  3. 見積もり内容に納得すれば、給湯器の発注→希望日時に取りつけ工事を行う
  4. 工事完了後、確認をして料金の支払い

5-5.取り付け費用について

取りつけ工事の費用は、本体価格に追加される仕組みです。業者や給湯器の種類・設置場所などによって異なりますが、平均費用は約3~4万円になるでしょう。業者に見積もりを依頼する場合は、取りつけ工事にいくらかかるのか確認してくださいね。

5-6.注意点

業者の中には、見積もり内容と異なる料金を請求する・正しく設置しないという悪徳業者が存在しています。悪徳業者との間でトラブルにならないためには、複数の業者を比較することが大切です。サービス内容・見積書などを比較して、信用できる業者へ依頼してください。

6.省エネ給湯器に関してよくある質問

省エネ給湯器に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

6-1.ガスと電気、どちらが良いのか?

すぐにお湯を使いたい方や急な湯が必要になるケースが多い場合は、ガスのほうがおすすめです。電気よりも火力が強いため、すぐにお湯を沸かすことができます。日中にお湯を使う機会が少ない場合は、電気で構いません。ライフスタイルを見直しながら、ガスと電気を比較して選びましょう。

6-2.お湯をたくさん使う家庭に向いている種類とは?

お湯を大量に使う家庭は、エコウィルが向いています。エコウィルは、沸かしたお湯を貯湯ユニットに貯(た)めることができるため、シャワー・お風呂・温水式床暖房などで使用可能です。床暖房を大規模に導入したい家庭にも向いています。

6-3.省エネ給湯器にすると、どのくらい電気代が安くなるのか?

毎日お風呂を沸かした場合、1週間の電気代が従来型給湯器で1.51円、省エネ給湯器で1.00円かかります。比較してみると、省エネ給湯器のほうが0.51円節約可能です。1か月に換算すると、約15円の節約ができますね。

6-4.業者のアフターフォローは大事か?

「環境ネットショップ」の場合は、10年間の工事保証がついています。取りつけ工事で不具合が発生したときは、10年間無償で修理対応可能です。業者を選ぶ際は、アフターフォローが整っているところを選んだほうが安心できます。

6-5.給湯器の修理にかかる費用は?

故障箇所によって異なりますが、目安となる費用は約7,000~2万円です。10年以上経過している給湯器を修理しても、再び故障する可能性が高いため、10年経過しているものは交換したほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 省エネ給湯器は、従来型給湯器よりもエネルギー消費量が少なく、効率的にお湯を沸かす給湯器のことです。初期設置費用は高めですが、ランニングコストが安く、光熱費や二酸化炭素の削減につながります。環境への影響が懸念されていることもあり、省エネ給湯器などのエコ家電導入に力を入れている自治体が増加中です。設置費用を抑えたい方は、自治体の補助金制度が利用できるか、確認してみてください。省エネ給湯器の知識を習得しておけば、ライフスタイルに合った種類を選び、正しく使うことができます。