実は便利な小型湯沸かし器! ~目的や取り付け業者の選び方~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

小型湯沸かし器の特徴や選び方をご存じでしょうか? 給湯器の中でも、小型湯沸かし器は必要な場所だけに取り付けることができる便利なものです。台所だけお湯を出す設備が付いていないアパートなどでも重宝すること間違いありません。この記事では、小型湯沸かし器の特徴やメリットなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 湯沸かし器について
  2. 小型湯沸かし器について
  3. 小型湯沸かし器の選び方
  4. 湯沸かし器の取り付け、修理、交換について
  5. 湯沸かし器に関するよくある質問

この記事を読むことで、小型湯沸かし器について分かるはずです。導入を検討している方はぜひ参考にしてください。


1.湯沸かし器について

まずは、基礎知識をまとめました。

1-1.湯沸かし器とは?

湯沸かし器は給湯器の一種です。基本的に、給湯器は家全体にお湯を供給するものですが、湯沸かし器は主に台所に設置され、そこだけにお湯を供給します。通常の給湯器とは大きさもパワーもまるで違うため、長時間お湯を沸かし続けると不完全燃焼を起こす危険もあるということを覚えておきましょう。

1-2.目的

湯沸かし器は、主に台所でお湯を沸かすことができない住宅で使用されます。湯沸かし器があればその不便を解消することが可能です。

1-3.構造

湯沸かし器の熱源はガスです。水栓を開くと、その水圧でガスバルブが開いてバーナーが着火します。そして、熱交換器を通過した水がお湯になって出てくるという仕組みです。湯沸かし器本体でお湯を止めたり出したりする「元止め式」と、湯沸かし器の先にある水栓でお湯を止めたり出したりする「先止め式」があります。

1-4.種類

洗面所に設置する小型電気温水器もあります。給排気設備が必要ないため、大きな工事をしなくても簡単に設置可能です。タンク内に常時お湯をためておくことができる小型電気温水器は、大量にお湯を消費する場所でない限り、大変便利なものと言えるでしょう。