太陽熱温水器とは ~仕組みと導入するメリットについて~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

あなたは「太陽熱温水器」という存在を知っているでしょうか?
現代では、環境にかんする問題が取り上げられることが多いです。
この太陽熱温水器は、現代環境への配慮をしっかり行えるクリーンなエネルギーとして注目されています。そんなクリーンエネルギーを自宅でも取り入れることができるのです。
この記事では、太陽熱温水器の仕組みや特徴についてまとめました。

  1. 太陽熱温水器とは
  2. 太陽熱温水器の仕組み
  3. 太陽熱温水器のメリット
  4. 太陽熱温水器のデメリット
  5. 電気・ガス給湯器と太陽熱温水器を比較する
  6. まとめ

1.太陽熱温水器とは

太陽熱温水器とは、太陽の熱を吸収してお湯を作り出す機器のことです。
太陽は、地球に光だけでなく熱をもたらします。その熱を利用してお湯を作るのが太陽熱温水器です。
日本では1970年代に生まれていました。しかし、石油危機の影響や太陽光を効率よくエネルギーへと変換することが難しくて浸透しませんでした。
しかし、地球温暖化の問題を背景にエコ住宅の需要が高まっています。そこで、再びスポットがあたったのが太陽熱温水器です。
太陽熱温水器ならば二酸化炭素を減らしながらお湯を沸かすことができます。また、自治体からの補助金整備・温水器のバリエーション増加に伴って需要が高まっているのです。

1-2.太陽光発電と違います

太陽熱温水器は、太陽光発電とは違います。
太陽光発電では、パネル1㎡あたり約150w発生するもの。しかし、太陽熱温水器ならば1㎡あたり500w発生します。これは、太陽熱のほうがエネルギーを持っていて電気に変えることができるからです。

1-3.太陽熱温水器の特徴

太陽熱温水器は、太陽光発電と違ってさまざまな特徴があります。
まず、ひとつ目にエネルギーが枯渇しない点が挙げられるでしょう。太陽のエネルギーは膨大で繰り返し使えるメリットがあります。また、日射量の違いこそありますがどの地域でも使うこともできるのもポイントです。
さらに、最大のメリットとして二酸化炭素などの排出が少ない点。石油や化石燃料を使わないのでクリーンなエネルギーと言えます。
石油などを使わないので光熱費のコスト削減できるのもお得です。