太陽熱温水器の特徴やメリット・デメリットについて~知っておきたい仕組み~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

最近では「エコ」に特化した給湯器がたくさん登場しています。
自然エネルギーを最大限活用して消費電力を減らす「エコ家電」はこれから先大活躍するでしょう。
自然環境を保護しつつ、節約効果にもなるので一石二鳥です。
さまざまなエコ家電が登場していますが、「太陽熱温水器」について詳しく説明します。
太陽熱温水器の特徴や仕組み、メリット・デメリット、目安の費用をチェックしていきましょう。
太陽熱温水器について気になっている人は要チェックです。

目次

  1. 太陽熱温水器の特徴や仕組み
  2. 太陽熱温水器のメリット・デメリット
  3. 太陽熱温水器の費用
  4. まとめ

1.太陽熱温水器の特徴や仕組み

自然エネルギーを活用した温水器・給湯器がたくさん出てきています。
自分の理想に合ったものを見つけるためにも、太陽熱温水器の特徴や仕組みをチェックしておきましょう。

1‐1.太陽エネルギーを活用した温水器

太陽熱温水器の特徴は「太陽エネルギー」を活用しているところです。
自然エネルギーを活用しているものはたくさんありますが、太陽熱温水器は太陽エネルギーを吸収して電気に換えています。
太陽エネルギーを電気に換えて水を温めているのです。
最近では、屋根にソーラーパネルを設置している家をよく見かけます。
太陽熱温水器も家の屋根にソーラーパネルを取りつけることになるでしょう。
海外では当たり前に使用している国もありますが、日本ではまだ普及していません。
しかし、最近は自然エネルギーを活用した家電が登場してきていることもあり、太陽熱温水器の注目度もあがってきているのです。

1‐2.太陽熱温水器の特徴は「変換率」

太陽熱温水器の特徴は「エネルギー変換率」にあります。
太陽エネルギーを吸収しても効率的に熱へ変換しなければ意味がありませんよね。
快適にお湯を使えないでしょう。
しかし、太陽熱温水器であれば効率的に熱エネルギーへと変換できます。
どのくらい変換率が良いのでしょうか。
太陽熱温水器の熱エネルギー変換率はおよそ50%~60%になっています。
同じ太陽エネルギーを吸収する「太陽光発電」の場合、熱エネルギーの変換率はおよそ10%~20%になっているのです。
数字を見てわかるように、太陽熱温水器は非常に効率良く変換できます。
お湯を沸かす、暖房を使うなどの仕組みは断然太陽熱温水器のほうが太陽エネルギーを活用できるでしょう。
このように、熱エネルギーへの変換率が非常に良い特徴を持っているのです。

1‐3.3種類の形式を要チェック

太陽熱温水器にもさまざまな種類があります。
太陽熱温水器の形式は「タンク一体型」「水道直圧型」「タンク分離型」の3つになるでしょう。主な形式は以上の3つになります。
「タンク一体型」はソーラーパネルと貯湯槽が一体になっているものです。
自然循環できるタイプになっていますよ。
「水道直圧型」は地震対策にぴったりな太陽熱温水器です。高低差なく地上に置けるので利用者が増えています。
そして、「タンク分離型」は屋根に置いている集熱器、地上にある貯湯槽がそれぞれわかれているタイプです。
水を強制循環するので凍結しにくい、衛生面が優秀と言うメリットがあるでしょう。
それぞれのタイプによって特徴が異なるのでぜひチェックしてくださいね。

12