バスタイムの上手な過ごし方!お風呂の時間を有効活用しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂文化が根強い日本では、バスタイムは非常に需要な時間です。お風呂の楽しみ方には、『アロマや入浴剤で入浴を楽しむ』『音楽でリラックスする』など多くの方法があります。バスタイムを有効活用して過ごすことは、ストレスの多い現在社会では非常に重要な癒(い)やしといえるでしょう。お風呂を快適なリラックスタイムに変える方法と、お風呂で得られる心理効果などについて、詳しくご紹介しましょう。

  1. お風呂を安全なリラックスタイムにしよう!
  2. バスタイムの注意事項!上手なお風呂の入り方
  3. 上手なバスタイムの過ごし方
  4. 美容に効果的な入浴方法とは?

1.お風呂を安全なリラックスタイムにしよう!

お風呂は日本人にとって非常に大切な時間です。特にお風呂好きな方にとっては、楽しみの多い時間といえるでしょう。バスタイムを快適なものに変える前に、お風呂の効果についてご紹介します。

1-1.長風呂は体に悪い?

お風呂好きにとって非常に重要なのが、長風呂が健康に与える影響です。長風呂が健康に悪いというようなことはありません。しかし、長風呂のデメリットには“脱水症状”や“髪や肌へのダメージ”などがあるため注意が必要です。脱水症状や髪や肌へのダメージも適切に対処すれば問題はありません。長風呂は水圧などの影響で心臓に負担がかかるため、心臓病や高血圧などの持病がある方の場合には医師に相談しながら入浴時間を調節しましょう。

1-2.適切な入浴時間とは?

適切な入浴時間は30分~1時間程度が目安です。長風呂が好きな方も多いのですが、最長でも2時間程度までに抑えるようにしましょう。

1-3.お風呂が心を癒(い)やす?

お風呂の効果として最近注目を集めているのが、お風呂の癒(い)やし効果です。入浴には“睡眠改善効果”や“ストレス解消”効果など非常多くの心理効果があります。心理面で非常に効果のあるお風呂をさらに楽しく効果的に過ごすための方法もさまざまです。バスタイムはアイデアしだいで癒(い)やし効果を高めることもができます。自分に合った快適なバスタイムを探すのもお風呂の効果を高める方法といえるでしょう。

12