給湯器の交換を検討している方必見!!給湯器の種類や寿命とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器を交換したいけれど、種類がたくさんありすぎて迷ってしまう。
そんな悩みを抱えているのは、あなただけではありません。
給湯器は、燃料の種類、お湯を沸かす方法などで光熱費や使えるお湯の量が大きく変わってきます。
使う場所に合った給湯器を選ばないと、「使いたいときにお湯が出ない」ということがひんぱんに起こるかもしれません。
そこで、今回は給湯器の交換の目安や方法、さらに選び方をご紹介しましょう。
自宅にぴったりの給湯器を選ぶには、給湯器の種類にかんする知識は欠かせません。

  1. 給湯器とは? 
  2. 給湯器の種類とは?
  3. メーカー別、人気給湯器
  4. ​給湯器を選ぶポイント
  5. 給湯器の耐用年数について
  6. 給湯器のよくあるトラブルと対処方法
  7. 給湯器の交換工事について
  8. 給湯器のお手入れ方法
  9. 法給湯器にかんするよくある質問

この記事を読めば、給湯器の知識が深まるのはもちろんのこと、交換時期の目安も分かるようになるでしょう。


1.給湯器とは?

給湯器とは電気やガス、石油の力でお湯を沸かし浴室や各蛇口へ給湯する機器です。
キッチン専用の小型なものから、業務用の大型なものまでたくさんの種類があります。
給湯器には、大きく分けて「貯湯式」と「瞬間式」があるのです。
貯湯式は、電気料金やガス料金が安い深夜にお湯を沸かし、給湯器内にためておきます。
魔法瓶と同じ仕組みです。
電気温水器のほとんどがこの貯湯式で、電気料金がお得になるプランとセットで販売されている製品も多いでしょう。
いつでも熱いお湯が安定して供給できるというメリットがある一方で、日中に給湯器内にたくわえられているお湯が無くなれば、給湯ができなくなります。
瞬間式は、給湯器内に通されている細いパイプに水が流れ、そのパイプごと熱交換器内に着火した炎が温めることで瞬時にお湯が沸くのです。
ガスや石油給湯器はこの瞬間式のタイプが多いでしょう。
貯湯式のようにお湯切れの心配はありませんが、給湯器が一度に供給できるお湯には限りがあります。
そのため、一度に複数の場所でお湯を使うと、お湯が出にくくなるのです。