給湯器を点検しよう ~普段の点検と法定点検の必要性~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ある夜、疲れた体をいやそうとお風呂に入ろうとしたとき。お風呂に張ったはずのお湯が水だったことはないでしょうか。もしくは、シャワーを浴びようとしたら水しか出なかったこともあるかと思います。
お湯が出ない原因は給湯器の異常です。いやしのお風呂タイムを台無しにはしたくないもの。そこで、普段からの点検を行いましょう。
この記事では給湯器の点検をする重要性をまとめました。

目次

  1. 点検の重要性
  2. 普段の点検をしないことで起こる不備
  3. 自分でやってみる点検
  4. 法定点検制度とは
  5. 点検を依頼する際の注意点
  6. まとめ

1.点検の重要性

1-1.点検をしていないと

給湯器の点検はこまめにしておきましょう。お湯が急に出ないのは意外と困るものです。
また、点検しておくことで給湯器の錆(さ)び付きや液漏れに気付くことができます。放っておくと大きな事故につながるので要注意。

1-2.点検だけでなく掃除もしておく

給湯器は掃除しておかないと故障することがあるので注意しましょう。
浴槽などのフィルターが詰まっていると追い炊きがうまくできないことがあります。
お湯が出ないときは給湯器を確認しましょう。溜(た)まっていたごみを取り除くだけで改善することがあります。