給湯器交換工事を解説! 工事費やアフターフォローの重要性をご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お湯を簡単に沸かすことができる給湯器は、日常生活になくてはならないものです。給湯器は故障やトラブルが続いた場合、交換が必要になります。交換となれば費用もかかるものです。

「給湯器の交換にかかる費用が知りたい」「工事費の内訳はどうなっている?」など、交換工事を希望される方は疑問が生じることでしょう。給湯器の交換に関する工事の流れを知り、業者任せにならないことが、交換工事をうまく終える秘訣(ひけつ)です。給湯器の交換を検討されている方は、種類やメーカーなども把握しておくといいでしょう。給湯器の工事はさほど複雑なものではありません。しかし、業者によっては、工事後のアフターフォローがない場合もあるため、業者選びが重要であることも事実です。

失敗のない工事にするためにも、正しい知識を身につけておきましょう。

  1. 給湯器について
  2. 給湯器の工事と費用について
  3. 給湯器の工事に関する見積もりについて
  4. 給湯器工事の業者選び
  5. 給湯器交換工事でよくある質問

この記事を読むことで、給湯器交換工事に関する基礎知識を得ることができます。業者の正しい選び方を知り、工事後も安心して使うことができるようになるでしょう。


1.給湯器について

給湯器とはどのようなものか、種類やメーカーなどを見ていきましょう。

1-1.給湯器とは?

給湯器は、お湯を沸かす湯沸かし器の総称です。給湯器をとおして、水を加温して湯に変換する機械となっています。家族の人数によって給湯器の大きさを選ぶのが基準です。

1-2.給湯器の種類

1-2-1.タイプ

給湯器の熱源となっているのは、大きく分けて3つで、ガス・電気・灯油です。ガス給湯器が多くの家庭に普及しています。オール電化住宅では、電気を利用して湯を沸かすタイプが導入されているでしょう。灯油ボイラーは、ほかの熱源よりランニングコストが抑えられるメリットがあっても、使用している家庭は少ないものです。

1-2-2.方式

水から湯に変換する方式は、貯湯式と瞬間式の2つがあります。使いたいときに瞬間的にお湯を沸かすのが、瞬間式です。一方、熱源の安い時間帯にお湯を貯(た)めておくのが、貯湯式となっています。

1-2-3.メーカー

国内で人気のあるメーカーは、リンナイ・ノーリツ・パロマです。リンナイとノーリツは省エネ設計のエコジョーズを販売しているのが特徴で、シェアが多いのはノーリツとなっています。

1-3.給湯器における最近の傾向

光熱費削減のため、エコロジー設計を意識する方が増えています。そのため、省エネ対策として、エコジョーズやエコキュートが人気です。灯油を使うものでは、エコフィールが省エネ設計として注目されています。

給湯器はお湯を沸かす機器の総称なんですね。
はい。一家に一台はついているでしょう。

2.給湯器の工事と費用について

給湯器の工事や費用についてご紹介します。

2-1.給湯器の工事とは?

給湯器の工事は、交換作業を指します。給湯器が寿命を迎えたときや、修理対応では故障が改善しないときなどは、新しいものに交換することが必要です。

2-2.工事費について

給湯器の工事費は、給湯器本体の価格に加え、標準工事費が必要です。標準工事費は、同タイプでの交換と配管の位置に変更がない場合に限ります。一般的な標準工事費は、3〜4万円です。
標準工事費の内訳は、取り付け・給水とガスの結び替え・給湯とリモコンの結び替え・旧機種の廃棄料・出張費用が含まれます。

2-3.追加で費用がかかる場合とは?

配管の損傷が著しい場合は、新しい配管に交換する必要があり、別途工事費が発生します。給湯器のタイプが変わると、場所を変更しなければならない場合があり、工事費用が上乗せされることもあるでしょう。

給湯器の工事は主に交換になるんですね。
はい。工事代は3~4万円代が相場です。

3.給湯器の工事に関する見積もりについて

給湯器の工事を行うときは、業者に見積もりを依頼することになります。見積時に注意すべきポイントなどを覚えておきましょう。

3-1.聞くべきことやポイント

割引率が高い業者の場合、アフターフォローがついていないことがあります。見積時には必ず確認し、工事後の不安がないようにしておきましょう。標準工事で行える範囲や追加料金の発生なども質問しておけば安心です。出張料が別になっている業者もあるため、標準工事費内で行ってもらえるか確認してください。

3-2.給湯器工事費用の差について

給湯器の販売に注力している業者は、仕入れ値を安く抑えることができます。そのため、工事費用を削減でき、コストダウンを実現しているのです。工事費用に差が出るのは、仕入れ値の違いと捉(とら)えておきましょう。仕入れの数が多ければ多いほど、メーカーから安く仕入れることができます。

3-3.給湯器の見積もりに関する注意点

見積もりでは、価格ばかりに目を取られがちです。実際に大切なのは、工事内容や追加料金の発生がないか、アフターフォローやトラブル時の対応などでしょう。見積もりは複数を比較してから、安心して依頼できる業者を決めてください。

見積もりをしっかりとチェックすることが大切なんですね。
はい。業者任せにしてはいけません。

4.給湯器工事の業者選び

給湯器の工事を成功に導くためには、良質な業者を選びことが重要となります。工事後もしっかりサポートしてくれるかどうかなど、注目したいポイントをまとめました。

4-1.給湯器工事業者選びのポイント

給湯器本体だけでも、選び方などの疑問は生じると思います。知識と経験豊富な業者なら、給湯器に関する相談も気軽に応じてもらえるでしょう。また、対応が迅速で丁寧であれば、工事もスムーズに行うことができます。

4-2.給湯器工事後のトラブル対応について

給湯器の工事業者によっては、工事後のトラブルに応じてもらえない場合があります。トラブルが起こったら、相談先として独立行政法人国民生活センターを覚えておきましょう。なるべく早めに相談する方が、悩みを引きずらずに済みます。

4-3.給湯器交換工事後のアフターフォロー

前述したとおり、工事後は保証がないと不安がつきまとうものです。メーカー保証は2年で、リンナイの登録制保証で3年となっています。ただし、天災・過失・経年劣化や消耗などが起因するトラブルは対象外となるため、あらかじめ規約を確認してください。

4-4.給湯器工事に関する注意点

給湯器の取り付け工事だけを依頼する場合は、標準工事の対象外となります。取り付け工事費の見積もりを出してもらい、内容や費用を確認してください。また、見積もりはいくつかの業者を比較し、工事内容の違いやアフターフォローの差などを見てから判断しましょう。

業者は実績を見て選ぶことが大切なんですね
はい。値段の安さだけで選ぶと思わぬ失敗をすることがあります。

5.給湯器交換工事でよくある質問

給湯器の交換を行う際は、さまざまな不安が出てくると思います。質問集を参考にしてみてください。

Q.給湯器の寿命や替え時はいつ?
給湯器は、壊れてから交換では困ることが多いものです。耐用年数として、10〜15年が目安とされています。トラブルが増えてきたと感じたら、交換時期を検討しましょう。

Q.古い給湯器の処分費用も工事費に含まれる?
良心的な業者は、標準工事費に処分費用も含まれています。見積時に確認し、別途処分費用や撤去費用が発生しないように、注意してください。

Q.現在16号の給湯器を使用しているけれど、号数を上げることは可能?
現在お使いの給湯器の配管が基準内であれば、号数を上げることは可能です。ただし、給湯器のガスメーターなどの交換も伴うため、標準工事費以外にも費用がかかることを想定しておきましょう。

Q.工事費用が安いと不安に感じる。
実績と知識が豊富な業者なら、独自の仕入れルートを確保しているため、仕入れ値を抑えられる分、販売価格や工事費用に還元できるようになっています。心配であれば、安さの理由などについて、説明を受けるようにしましょう。

まとめ

給湯器の寿命や耐用年数は、10〜15年が目安とされているため、故障などが増え始めたら、新しいものに交換を検討すべきでしょう。給湯器の交換工事費用は、業者によってまちまちです。工事費に古い給湯器の処分や撤去費用が含まれていないこともあり、見積もりで工事内容を把握してから依頼することが大切でしょう。価格ばかりに目を向けず、内容を熟読するようにしてください。業者は、知識と経験豊富な業者を選び、アフターフォローが万全なら安心です。独自の長期保証を用意しているなど、長い保証期間を設けている業者であれば、いざというときに困ることがありません。多数の業者を比較し、安心して依頼できる業者選びを意識してください。