給湯器のエラーに対処する方法を紹介!その故障、修理できますか?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「給湯器のエラーが出たときはどうしたらよいのか?」と疑問に思う人は多いでしょう。
エラーが表示されたということは、給湯器に何らかの不具合が生じている可能性があるということです。故障内容を確認し、どのように対処すべきなのか考えなければなりません。
この記事では、給湯器のエラーコードの見方や故障した際の対応策についてまとめて解説しましょう。

  1. 給湯器の「よくある故障」とは?
  2. 給湯器のエラーは故障のサイン?
  3. 給湯器のエラーコードの見方とその対応策
  4. 給湯器の故障につながる重要なエラーに注意しよう!
  5. 「給湯器の故障かな?」と思ったら
  6. 給湯器のエラーにかんするよくある質問

この記事を読むことで、給湯器にエラーが出た際にどうするべきなのかわかります。重要なエラーを見逃さず、給湯器の故障に正しく対処しましょう。


1.給湯器の「よくある故障」とは?

給湯器に起こりがちな故障には、以下のようなものがあります。あてはまる症状があるときは注意しましょう。

1‐1.最も多いトラブルが「水漏れ」

給湯器のトラブルで最も多いのが、水漏れです。給湯器が水漏れを起こす原因はいくつかあり、給湯器を長期間使用していなかった場合や、経年劣化によってパッキンなどの部品が破損した場合が考えられます。給湯器が水漏れを起こしていると、不完全燃焼してしまう可能性もあるため、放置しておくのは危険です。早めに業者に連絡をして対処してもらいましょう。

1‐2.「お湯が出ない」時に確認することは?

給湯器を使っていると、突然「お湯が出なくなった」というトラブルが起こりやすいものです。この場合、断水や凍結が原因になっている場合もあるため、業者を呼ぶ前に確認しておくことをおすすめします。リモコンにエラーコードが出ているときは、故障原因を特定できる可能性があるでしょう。まずは自分で確認し、給湯器の故障かどうかを見極める必要があります。

1‐3.雪や雨が原因で故障することも!

屋外設置型給湯器の場合は、雨風や雪などの影響を受けて故障することもあります。外部設置用に作られていても、強烈な台風などのあとには「お湯が出ない」などのトラブルが起こりやすいのも事実です。また、寒冷地では配管が凍結することによってお湯が出なくなることもあるため、配管の保温対策が必要になります。

1‐4.故障の前兆とは?

給湯器が突然故障することは少なくありません。しかし、何らかの前兆が現れる場合もあるのです。前兆となるサインを見逃さないようにしておけば、不具合が起きたときにすぐ対処することができるでしょう。給湯器が故障する前兆となる症状には、以下のようなものがあります。

  • 異音や異臭がする。
  • お湯が出るまで時間がかかる。
  • お湯の温度が安定しない。
  • 途中で電源が落ちる。