【必見】給湯器選びのポイントとは?~ガスと電気を比較してみた~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器は、お湯を沸かすために必要不可欠な機器です。風呂やシャワー・皿洗いなど、給湯器を使う場面が日常生活の中でたくさんありますよね。近年は、エコに特化した給湯器と、最新機器が多数登場していますが、主流になっているのはガスと電気の給湯器です。給湯器を交換する際、どちらにしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、本記事では、給湯器の基礎知識からガスと電気それぞれの特徴・違い、設置・交換方法などについて説明します。

  1. 給湯器の基礎知識
  2. ガスと電気の給湯器について
  3. ガスと電気の給湯器を比較しよう
  4. 給湯器の設置・交換について
  5. ガスと電気の給湯器に関してよくある質問

この記事を読むことで、ガスと電気の給湯器について詳しく知ることができ、目的・用途に合った種類が選択できます。交換・設置方法が分からない方もぜひ参考にしてください。


1.給湯器の基礎知識

用途や目的に合った給湯器を選ぶためには、基礎知識を習得することが大切です。給湯器とはどのようなものなのか、種類や最近の傾向について説明します。

1-1.給湯器とは

給湯器は、水をお湯に変えて供給する器具のことです。別名、お湯沸かし器・温水器とも呼ばれており、一般家庭の台所などに設置されている小型タイプを湯沸かし器、風呂を沸かす際に使用できる大型タイプを給湯器と呼びます。給湯器といっても、規模の大小や電気・ガス・石油・太陽熱など熱源によって多種多様です。

1-2.種類

ガス給湯器・電気給湯器・石油給湯器と、熱源の違いで3種類に区別されます。ガスと電気給湯器に関しては、後ほど【2.ガスと電気の給湯器について】で説明するのでぜひチェックしてください。石油給湯器は石油が熱源となりますが、現在では石油の高騰や大型燃料タンク設備が必要ということもあり、あまり使用されていません。また、熱源の違い以外にも、暖房機能の有無や設置・排気バリエーション、号数(能力)によって異なります。

1-3.最近の傾向など

最近の給湯器でよく見られるのは、エコに特化した給湯器です。たとえば、従来の給湯器ではそのまま捨てていた燃焼ガスの熱を再利用したもの・ガスと電気を組み合わせて熱交換を行っているものなどの給湯器が登場しています。従来の給湯器よりも熱交換率が高く、エネルギー消費量を抑えられることが魅力です。また、お湯はりから追いだき・足し湯すべてが自動でできる「全自動ぶろ」なども注目されています。

2.ガスと電気の給湯器について

それでは、ガスと電気の給湯器、それぞれのメカニズムやメリット・デメリット、種類について詳しく説明します。

2-1.ガス給湯器について

ガス給湯器は、熱源がガスです。ガスを使ってお湯を与えることのできる器具を指しています。それでは、メカニズム、メリット・デメリット、種類について把握しておきましょう。

2-1-1.メカニズム

ガス給湯器のメカニズムはシンプルです。簡単に説明すると、ガスを燃焼させて水を加熱し、お湯にする仕組みとなっています。ガスは、都市ガスまたはプロパンガスを利用することになるでしょう。基本的に、ガス給湯器は、水量制御弁・水量センサー・電装基板・ガス量制御弁・ファンモーター・温度センサーなどで構成しています。

2-1-2.メリット・デメリット

ガス給湯器の大きなメリットは、給湯能力が高いことです。ガスという強い火力を用いるため、1度に複数の箇所でお湯を使用しても水圧が安定します。また、給湯器本体がコンパクトなため、マンションや狭い郡支部でも取りつけることができるでしょう。さらに、瞬間式の場合は、必要な分のお湯だけ、すぐに使うことができます。逆に、デメリットは、お湯を沸かす際の音がうるさく、屋内に設置する場合は、給排気設備が必要なことです。

2-1-3.種類

ガス給湯器の種類は、加熱の仕方によって貯湯式と瞬間式の2種類にわけることができます。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

2-1-3-1.貯湯式

貯湯量100~300リットルの水を一気にガスコンロで加熱し、沸かしたお湯を保管して使いたいときに出す方法。貯湯温度が決められた温度に達した場合は、自動的にヒーターが止まり、決められた温度まで下がると再び点火する。現在はほとんど販売されていない

2-1-3-2.瞬間式

金属パイプに水を流したままガスの炎に当てて沸かす方法。中の水は連続的に加熱されるため、必要なときに必要な分だけのお湯を使うことができる。ガスの量を増やして火力を上げれば湯温が上昇し、ガスの量を少なくすれば湯温が下がる仕組み。また、ガスの量を変えずに水の量を増やすと湯温が下がり、減らすと湯温が上がる。ガスと水の量をコントロールするタイプ

2-2.電気給湯器について

電気給湯器を使用する家庭が増えてきました。一体、どのような点に魅力があるのか、詳しく説明します。

2-2-1.メカニズム

電気給湯器の熱源は電気です。日中に電気を使用して沸かすものと思われがちですが、ほとんどは深夜電力を使用しています。東京電力における深夜電力は23時~翌朝7時までの時間帯で、電力会社や契約メニューによって異なるのです。基本的に、貯湯タンク内にある水を深夜電力で沸かし、昼間に給湯使用する仕組みとなります。

2-2-2.メリット・デメリット

電気給湯器の大きなメリットは、深夜電力という割安な電気プランが利用できることです。ガスよりもコストパフォーマンスに優れており、節約志向の方に人気があります。また、給排気設備が必要ない・ガスや灯油の配管工事代が浮くこと・排気がなく空気を汚さないことなどがメリットです。逆に、デメリットは、寒冷地には設置できないことが挙げられます。寒冷地は熱効率が悪く、一部の地域で電気給湯器が使用できません。さらに、貯湯タンクのほかに、ヒートポンプユニットの設置場所を確保する必要があります。

2-2-3.種類

電気給湯器は、電熱ヒーターを用いる電気温水器と小型サイズの電気小型瞬間湯沸かし器があります。電気温水器は、オール電化住宅などに使われるケースが多く、容量が1~100リットル程度の小さなものまで種類が豊富です。一方、電気小型瞬間湯沸かし器は、消費電力が8.5~11kW(キロワット)以内が多く、200~240V(ボルト)を使用します。主に、シャワーだけの使用に利用することが多い種類です。

3.ガスと電気の給湯器を比較しよう

ガスと電気、それぞれの給湯器について把握した上で、その2つを比較してみましょう。

3-1.比較・差について

ガスと電気の給湯器を比較してみると、大きな違いが「初期費用」と「ランニングコスト」に表れました。給湯器を新しいものに交換する際、最も気になるのが初期費用ですよね。初期費用の内訳は、機種代金+取りつけ工事となります。具体的な費用は、一軒家・マンション用や機能で異なりますが、ガス給湯器の相場が10~30万円前後、電気給湯器が40万~100万円前後です。しかし、ランニングコストを見てみると、月々のガス代は約4,500円、電気代は約1,000~2,000円で、電気給湯器のほうがお得といえます。

3-2.ガス給湯器に向いている場合

大家族や同じタイミングで数か所同時にお湯を使う方などは、ガス給湯器が向いています。電気よりもガスのほうが火力は強いため、給湯能力が優れているからです。ただし、運転音が大きいため、設置場所に注意しなければなりません。できるだけ、隣家に音が響かない位置や寝室から離れた場所に設置してください。

3-3.電気給湯器に向いている場合

電気給湯器は、オール電化住宅や一定量のお湯だけ使うという方におすすめです。給湯の勢いはガスよりも弱いため、大家族には向いていません。また、深夜電力で沸かせる湯量が決まっています。夜間に沸かしたお湯がなくなり追加したい場合は、昼間の料金価格になるので注意が必要です。

3-4.給湯器選びのポイント

給湯器選びで押さえておきたいポイントは、以下のとおりです。

  • 風呂沸かしのタイプ(フルオート・オート・自動湯はり)
  • 号数(給湯能力)
  • 機能(ふろ給湯器・給湯暖房熱源機・給湯器)
  • 給排気方式・設置方法

この中でも特に気をつけてほしいのが、号数(給湯能力)です。号数は家族の人数や、同時にどのくらいのお湯を使うかなどによって適切なタイプを選ばなければなりません。たとえば、1~2人家族の場合は16号、2~3人家族は20号、4~5人家族は24号となります。

4.給湯器の設置・交換について

実際に、給湯器の設置・交換を行う前に、具体的な方法や業者選びのポイント・トラブル対応・アフターフォロー・相談窓口などについて詳しくチェックしておきましょう。

4-1.設置・交換方法について

給湯器の設置・交換は、専門業者に依頼することがほとんどです。一般的な設置・交換方法の流れは、以下のとおりとなります。

  1. 見積もり依頼の申し込みを、電話またはホームページのフォームから行う
  2. 業者による現地調査
  3. 見積もり・発注
  4. 取りつけ工事・支払い

取りつけ工事を行う前に、現地調査を必ず行わなければなりません。現地調査では、排気筒を伴う取り替え工事や暖房端末の追加工事が必要か、スペースの確認などをチェックします。事前に、現地調査を行うことで、質の良い工事が可能です。実際に、現地調査を行わずに工事をした結果、不良工事となり、業者との間でトラブルが起きています。

4-2.業者選びのポイント

業者との間でトラブルにならないためには、業者選びのポイントを押さえておかなければなりません。特に、チェックしてほしいポイントは以下のとおりです。

  • 現地調査を行っているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 丁寧かつスピーディーな対応か
  • 料金体系が明確になっているか
  • 最新の給湯器がそろい、低価格で購入できるか
  • 即日工事が可能か
  • 知識・経験豊富なスタッフが工事を担当するか
  • 工事保証があるか

4-3.トラブル対応

業者選びの際は、トラブル時に対応してもらえるかも要チェックです。対応していない業者に依頼してしまうと、いざというときに適切な処置ができません。また、給湯器にかんする知識が豊富で、工事の経験を積んでいる業者に依頼しましょう。「環境ネットショップ」は、給湯器工事関連の有資格者が工事を担当しますので、安心してください。

4-4.アフターフォロー

アフターフォローの有無も、業者選びの大切なポイントです。取りつけ工事を行った後、不良工事などが原因で給湯器が故障するケースがあります。アフターフォローが整っている業者であれば、保証期間内の対応が無償です。「環境ネットショップ」のアフターフォローは、10年間の工事保証つきとなっています。

4-5.相談窓口

「どんな給湯器を選べばいいのか分からない」「給湯器の疑問点を解消したい」という方は、「環境ネットショップ」の相談窓口を利用してください。どのようなことでも、気軽に尋ねることができますよ。電話またはホームページのフォームから問い合わせ可能です。

4-6.注意点

「工事終了後に追加料金を請求された」「新しく設置したのに、すぐ壊れた」など、業者と依頼者の間でトラブルが多発しています。トラブルを未然に防ぐためには、業者選びのポイントはもちろん、複数の業者を比較して慎重に選ばなければなりません。サービス内容やスタッフの対応・見積書などの細かい部分をきちんと確認してくださいね。

5.給湯器に関してよくある質問

給湯器に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

5-1.ガスと電気、それぞれの給湯器の寿命が知りたい

ガス給湯器の平均寿命は約10年、電気給湯器は約20年となっています。ただし、使い方や設置場所・使用頻度などによって異なるため、あくまで目安です。

5-2.風呂沸かしタイプの違いとは?

フルオートはオートタイプ機能に自動足し湯機能がついたもの、オートは自動湯張り・自動ストップ・保温・足し湯機能がついたもの、自動湯張りはスイッチ1つで自動湯張り・自動ストップができるものです。それぞれの特徴を踏まえながら、生活に合ったものを選んでください。

5-3.どの機能がついている給湯器を選べばいいのか?

追いだき機能が必要でシャワー・給湯を同時に使う方は「ふろ給湯器」、給湯と暖房どちらとも快適に使いたい方は「給湯暖房熱源機」、シンプルな給湯機能を使いたい方は「給湯器」がおすすめです。

5-4.自分で交換はできるのか?

給湯器の取りつけ工事を節約するために、自分で交換する方がいます。しかし、専門知識や資格を持っていなければ、配管工事ができないので注意が必要です。特に、ガス給湯器は、設置を間違えてしまうと火災・爆発の危険があります。自分で交換するよりも、専門業者に依頼したほうが安全です。

5-5.業者とトラブルになった場合はどうすべきか?

業者との間でトラブルになったときは、すぐに国民生活センターか、または消費者センターに相談してください。早めに相談したほうがすぐに解決できます。

まとめ

いかがでしたか? 給湯器は熱源や機能・設置方法などさまざまな項目によって種類が異なります。大まかに区別すると、電気・ガス・石油と3種類にわかれるでしょう。石油給湯器はあまり使われていませんが、電気・ガスは一般家庭で使用されています。どちらにすべきか悩んでいる方は、それぞれのメリット・デメリットをチェックしてください。そして、ライフスタイルや家族の人数に合った給湯器を選び、信用できる業者に依頼しましょう。きちんと知識を習得しておけば、スムーズに給湯器の交換・設置ができます。