【必見】給湯器選びのポイントとは?~ガスと電気を比較してみた~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器は、お湯を沸かすために必要不可欠な機器です。風呂やシャワー・皿洗いなど、給湯器を使う場面が日常生活の中でたくさんありますよね。近年は、エコに特化した給湯器と、最新機器が多数登場していますが、主流になっているのはガスと電気の給湯器です。給湯器を交換する際、どちらにしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、本記事では、給湯器の基礎知識からガスと電気それぞれの特徴・違い、設置・交換方法などについて説明します。

  1. 給湯器の基礎知識
  2. ガスと電気の給湯器について
  3. ガスと電気の給湯器を比較しよう
  4. 給湯器の設置・交換について
  5. ガスと電気の給湯器に関してよくある質問

この記事を読むことで、ガスと電気の給湯器について詳しく知ることができ、目的・用途に合った種類が選択できます。交換・設置方法が分からない方もぜひ参考にしてください。


1.給湯器の基礎知識

用途や目的に合った給湯器を選ぶためには、基礎知識を習得することが大切です。給湯器とはどのようなものなのか、種類や最近の傾向について説明します。

1-1.給湯器とは

給湯器は、水をお湯に変えて供給する器具のことです。別名、お湯沸かし器・温水器とも呼ばれており、一般家庭の台所などに設置されている小型タイプを湯沸かし器、風呂を沸かす際に使用できる大型タイプを給湯器と呼びます。給湯器といっても、規模の大小や電気・ガス・石油・太陽熱など熱源によって多種多様です。

1-2.種類

ガス給湯器・電気給湯器・石油給湯器と、熱源の違いで3種類に区別されます。ガスと電気給湯器に関しては、後ほど【2.ガスと電気の給湯器について】で説明するのでぜひチェックしてください。石油給湯器は石油が熱源となりますが、現在では石油の高騰や大型燃料タンク設備が必要ということもあり、あまり使用されていません。また、熱源の違い以外にも、暖房機能の有無や設置・排気バリエーション、号数(能力)によって異なります。

1-3.最近の傾向など

最近の給湯器でよく見られるのは、エコに特化した給湯器です。たとえば、従来の給湯器ではそのまま捨てていた燃焼ガスの熱を再利用したもの・ガスと電気を組み合わせて熱交換を行っているものなどの給湯器が登場しています。従来の給湯器よりも熱交換率が高く、エネルギー消費量を抑えられることが魅力です。また、お湯はりから追いだき・足し湯すべてが自動でできる「全自動ぶろ」なども注目されています。