給湯器のガス漏れは危険!正しい対処法と給湯器の修理・交換について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お湯を沸かすために必要不可欠な機器が「給湯器」です。ほとんどの家庭で給湯器が使われているでしょう。お風呂や洗面所・キッチンなどさまざまな場面でお湯が必要になります。しかし、急に給湯器が故障すると、お湯が使えなくなり不便です。部品の交換など簡単な修理で済めばいいですが、ガス漏れの場合は非常に危険な状態といえます。そのため、素人が勝手に扱ってはいけません。対処法を1つでも間違えると大事故につながる恐れもあります。そこで、本記事では、給湯器のガス漏れとは何なのか、対処法やガス給湯器の交換・修理など詳しく説明していきましょう。

  1. 給湯器のガス漏れについて
  2. 給湯器のガス漏れの対処法
  3. 給湯器のガス漏れ修理・交換について
  4. 給湯器のガス漏れにかんしてよくある質問

この記事を読むことで、給湯器のガス漏れが起こった際の正しい対処法と修理・交換のやり方について詳しく知ることができます。給湯器のガス漏れを修理したい方はぜひ参考にしてください。


1.給湯器のガス漏れについて

ガス給湯器の寿命はおよそ10年~15年です。長年使用していると、不具合や故障の症状が出てきます。その1つが給湯器のガス漏れです。ガス漏れはほかの不具合・故障よりも注意すべき症状になります。一体どのような原因でガス漏れが起きるのか、詳しく見ていきましょう。

1-1.主な原因

給湯器のガス漏れには、主に「部品の劣化」「内部の水漏れ」「耐用年数」と3つの原因があります。それぞれの原因について詳しくチェックしてください。

1-1-1.部品の劣化

給湯器のゴム管やパッキンなどの劣化が原因でガス漏れが発生します。給湯器の寿命が10年~15年でも、環境や使用頻度によって劣化スピードが異なるのです。使用頻度が多いほど部品も劣化しやすくなります。また、給湯器の設置場所が悪いと劣化する恐れもあるでしょう。給湯器のガス漏れは、配置場所にも大きく関係しているのです。給湯器全体に支障がない限り、部品の交換で済みます。

1-1-2.内部の水漏れ

給湯器内部の水漏れが原因で、ガス漏れが起きている可能性も高いです。ガス給湯器の水漏れは、さまざまな原因があります。中でも特に多いのが「経年劣化による水漏れ」です。給湯器を毎日使うほど、内部の部品も消耗します。7年~10年ほどたつと少しずつ傷み始め、水漏れが起こるのです。また、「整備不良」も水漏れの原因だといわれています。新しい給湯器からガス漏れが起きた場合は、取りつける際の整備不良が考えられるでしょう。設置した会社に連絡して、確認したほうが安心です。

1-1-3.耐用年数

10年を過ぎたあたりから、不具合や故障が出やすくなります。もし、購入してから10年以上のガス給湯器を使用している場合、新しい給湯器に交換したほうがいいでしょう。部品の交換や修理をしても再びガス漏れを起こす可能性が高いです。修理をするよりも新しい給湯器を購入したほうが、費用も節約できます。

1-2.ガス給湯器をどこから確認すべきか

まず、ガスがどこから漏れているのか確認してください。ゴム管や配管・内部の水漏れ・金属の腐食など、自分の目で確認できる場所をチェックしていきましょう。給湯器の外側に問題がなければ、内部に問題があると考えられます。ただし、給湯器の内部は素人ではわかりません。そのため、すぐに業者を呼んで内部を確認してもらってください。以下に、確認場所をまとめています。

  • 給湯器本体と配管・ゴム管をつなぐ部分に異常がないか
  • 給湯器の内部で水漏れを起こしていないか
  • 給湯器の金属部分が腐っていないか
  • 給湯器本体についている部品に穴があいていないか

1-3.注意点

給湯器のガス漏れは臭いがつきものです。「変な臭いがする」と思ったら、すぐに窓をあけて十分に換気をしてください。ガスを吸ってしまうと、一酸化炭素中毒を起こす恐れがあります。意識を失うこともあるので安全を確保しなければなりません。そして、ガス漏れをチェックしていきましょう。もし、途中で気分が悪くなったら作業をすぐに中断してください。無理をせずに、後は専門業者に任せるのが最も安全です。

12