熱い! 給湯器の温度設定異常の原因・対策や業者の使い方をご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂や台所で毎日使うお湯ですが、毎日なにげなく使っているため、急に使えなくなったら困ってしまいますよね。給湯器のお湯が熱い・温度設定がおかしいといった不具合が出ている方に向けて、原因や対策・業者に頼む際のポイントなどをまとめました。

  1. 給湯器のお湯が熱い時
  2. 給湯器のお湯が熱い場合に確認すること
  3. 給湯器の修理・交換について
  4. 給湯器の温度が熱い場合のよくある質問
  5. まとめ

給湯器のお湯が熱くて困っている方や、原因・対処法を知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。壊れた給湯器を無理やり使い続けたり、自分で無理に直したりするのは大変危険です。この記事を読んでから冷静に対応してください。


1.給湯器のお湯が熱い時

1-1.どんな状態か

まずは給湯器のお湯が熱くなる状態を確認しましょう。

  • 設定温度よりも熱いお湯が出る
  • 入れないほど熱いお湯が出る
  • お湯の温度調節ができない

1-2.給湯器のお湯が熱い時のおもな原因

給湯器のお湯が熱い・設定温度通りにならない際は、以下の原因が疑われます。

  • リモコンの設定
  • 外気温の差
  • 循環フィルターのゴミつまり・取り付け不備
  • 給湯器の故障

2.給湯器のお湯が熱い場合に確認すること

2-1.チェックすべき箇所

給湯器のお湯が熱い時には、まず調べやすいところから調べましょう。リモコンの設定温度は、普段あまり変えることはありませんが、たまたま設定を変えていたり、子供が触ったりして変わっている可能性もあります。台所の給湯が優先となっている場合には、お風呂の温度が熱くなる(または冷たくなる)こともあるのです。また、リモコンにエラー番号が出ていれば控えておきましょう。メーカーHPでエラーを検索・確認したり、点検・修理依頼をする際に役立ちます。リモコンまわりで異常がなければ、ガス栓の点検に進みましょう。ガス栓が中途半端に開いていないことを確認してください。

2-2.給湯器の故障?

設定温度やリモコンまわり・ガス栓に異常がない場合は、給湯器の故障の可能性があります。給湯器の寿命はおよそ10年ですので、寿命間近もしくは寿命が過ぎている給湯器は交換を検討しましょう。寿命までまだまだあるという場合は修理だけで直せる可能性もあります。

2-3.やってはいけないこと・注意点

給湯器を無理に自分で直そうとしたり、ガス栓まわりをいじりすぎるのは危険ですので絶対にやめましょう。また、故障した給湯器をだましだまし使い続けると、ガス漏れや不完全燃焼の原因にもなるので、使用年数をチェックしたうえで交換・修理を検討してください。

2-4.業者に連絡すべき場合

故障した給湯器を自己判断で使い続けると危険です。給湯器の熱いお湯が直らない・ずっと続く場合には、業者に依頼してください。賃貸の場合は大家さんや管理人経由で呼ぶこともあります。

3.給湯器の修理・交換について

3-1.給湯器の耐用年数・寿命について

給湯器の寿命はおよそ10年です。使用状況や地域(外気温)によって前後します。給湯器の購入年は、本体に付いているシールや取扱説明書などで確認してください。

3-2.給湯器の修理・交換について

給湯器の寿命までまだまだ年数がある場合や、無料保証・修理期間の場合は修理を依頼しましょう。部品交換などだけで済むこともあります。修理を依頼した際に、給湯器本体の交換が必要と言われることもありますので、その場合は指示に従いましょう。

3-3.修理・交換の依頼について

給湯器の修理・交換はガス会社・給湯器メーカー・専門業者などに依頼することができます。現在使っている給湯器にも連絡先が書いてあるはずですので、連絡してみましょう。修理すべきか・交換すべきかわからない時でも、給湯器を点検したうえで判断してくれるでしょう。

3-4.費用について

給湯器の修理・交換にかかる費用は、メーカーやタイプ・設置場所・設置状況によって決まります。ご自分が使っている給湯器がどのタイプかを確認しておきましょう。環境ネットショップの無料見積もりでは、給湯器や設置例を写真から選ぶことができますので、給湯器タイプや設置例の名前がわからない方でも、簡単にお問い合わせいただけます。

3-5.業者選びのポイント

給湯器の修理・交換を業者に依頼する際は、以下のポイントをチェックしましょう。

  • サービス内容と料金が一致していること
  • 実績・ノウハウが豊富であること
  • アフターサービス・保証が充実していること

安いからと言って適当な業者を選んでしまうと、アフターサービスや保証を十分に得られないことがあります。

4.給湯器の温度が熱い場合のよくある質問

4-1.給湯器の修理・交換にはどのくらいかかりますか?

故障の程度や部品の有無によります。最短で1日、取り寄せなどが入る場合は1~2週間を見ておけば確実です。

4-2.保証・アフターサービスについて教えてください

環境ネットショップでは、メーカーの2年保証のほか、無料で10年の無償工事保証が付いております。

4-3.給湯器の設置や工事について質問があるのですが

お見積もりの前に確認しておきたい・不明点があるといった場合は、お問い合わせフォームをご利用ください。知識豊富なスタッフが24時間以内に(通常時)ご連絡します。

4-4.給湯器交換の流れを教えてください

弊社を例に交換の流れをご紹介します。業者によって詳細が異なりますので事前にご確認ください。

  1. 見積もり依頼のお申し込み
  2. 現地調査(関西のみ)
  3. 見積もり
  4. 発注
  5. 取り付け工事
  6. お支払い

4-5.修理の依頼方法は?

修理のご依頼よりご依頼ください。全国対応しております。ただし、東京ガス・東邦ガス・大阪ガス等、ガス供給会社の製品は修理をお受けできませんのでご注意ください。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。毎日使うお湯だからこそ、温度が熱い・使えない場合は困ってしまいますよね。意外にちょっとした設定ミスなどでお湯が熱いということもあるので、まずは冷静にまわりの状況を確認してみてください。もし、何をしても解決しない場合には修理・交換を依頼しましょう。時間に余裕があれば、複数の業者に見積もり合わせをおこなうことで、費用を抑えられます。給湯器の異常を感じたら、後回しにせずすぐに対応するのが安く済ませるポイントです。お急ぎの場合は、地域に対応していて、即日対応してくれる業者に依頼しましょう。日頃から業者選定をおこなっておくのもおすすめです。