湯沸かし器の取り付け工事は自分でできる?業者に依頼する方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

湯沸かし器とは瞬間湯沸かし器とも呼ばれ、手軽に色々な場所に取り付けられる小型給湯器として幅広い場所で使われています。給湯器を新たに取り付けたり交換したりする機会も多いでしょう。

そこで、今回は給湯器の取り付け工事についていろいろとご紹介します。

  1. 湯沸かし器の基礎知識
  2. 湯沸かし器の取り付け方
  3. 取り付け業者の選び方
  4. 湯沸かし器の工事についてよくある質問

取り付け工事の依頼方法や給湯器の選び方が分かれば、取り付けが必要になったときもスムーズに依頼ができます。給湯器の交換や取り付けを考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.湯沸かし器の基礎知識

はじめに、湯沸かし器の基礎知識をご紹介します。給湯器と何が違うのでしょうか?

1-1.湯沸かし器とは

湯沸かし器とは、キッチンなどについている小型の給湯器を指します。単に給湯器といった場合は、お風呂やキッチンなど家全体にお湯を給湯する機械を指すことが一般的です。

また、給湯器はガスや電気などの種類があり、今はエコジョーズやエコキュートといった次世代型の給湯器もたくさん登場しています。一方湯沸かし器の方はほとんどがガスを使ってお湯を沸かすものです。

1-2.湯沸かし器の特徴

湯沸かし器は小型でガス管につなぐことができれば、いろいろな場所に取り付けられます。また、小型ですから値段が安いのも魅力的です。一般的な給湯器が10万円以上~なのに対し、湯沸かし器は数万円が相場になります。その一方で一度に沸かせるお湯の量には限りがあり、浴槽をいっぱいにすることなどはできません。そのため、湯沸かし器のほとんどがキッチンに食洗器用として使われます。

1-3.湯沸かし器の種類

湯沸かし器の基本的な構造は、どのメーカーでもそれほど差異はありません。サイズが大きいほど一度にお湯をたくさん沸かせます。ですから、どのくらいお湯を使うかによって給湯器のサイズを選ぶとよいでしょう。給湯器のサイズが大きくなるほどガス代と水道代がかかります。

12