給湯器の寿命は何年くらい?こんな症状が出たら要注意

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「給湯器が突然故障し、困ってしまった」という経験がある人は多いことでしょう。給湯器は8~13年程度で寿命を迎えます。その前に特徴的な症状が出ることもありますが、気づかない人も珍しくありません。寿命の前兆を見逃すと、「ある日突然給湯器が壊れ、お湯が使えなくなった」と慌てることになります。

そこで今回は、給湯器の寿命や、寿命が近い給湯器にありがちな症状などを解説しましょう。

  1. 給湯器の寿命は何年くらい?
  2. 給湯器の種類によって寿命の長短はあるの?
  3. こんな症状は要注意
  4. 修理と交換、どっちがお得なの?
  5. 給湯器が故障しやすい条件ってあるの?
  6. 給湯器を交換したい場合の注意点とは?
  7. おわりに

この記事を読めば、給湯器を交換するタイミングや新しい給湯器の選び方、業者への依頼方法などもよく分かります。給湯器の寿命について知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

給湯器の寿命って?