給湯器の寿命は何年くらい?こんな症状が出たら要注意

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

蛇口をひねるとすぐにお湯が出てくるのは、給湯器のおかげです。
普段はあまり意識しませんが、給湯器が使えないと大変なことになります。
これから1日ごとに寒くなる時期。給湯器が故障すれば、不便です。
そこで、今回は給湯器の寿命についてご説明します。
給湯器は使い方さえ間違えなければ、寿命が比較的長い器具です。
しかし、何年も変わらずに使えるわけではありません。
最近給湯器の調子が悪いという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 給湯器の寿命は何年くらい?
  2. 給湯器の種類によって寿命の長短はあるの?
  3. こんな症状は要注意修理と交換、どっちがお得なの?
  4. 給湯器が故障しやすい条件ってあるの?
  5. 給湯器を交換したい場合の注意点とは?
  6. おわりに

1.給湯器の寿命は何年くらい?

給湯器は、ご家庭によって使い方にかなり差があります。
毎日お湯をたくさん使うご家庭もあれば、毎日シャワーを浴びるときにしか使わないというご家庭もあるでしょう。
どのくらい給湯器を使っているかという目安は、ガス代や電気代、そして水道代を見れば分かります。
給湯器の燃料に使われているものの料金と水道代が高額なほど、給湯器を使う頻度も高くなっているのです。
当然、給湯器を使うと部品の消耗も激しくなりますから、寿命は短くなりがちでしょう。
しかし、5年も6年も短くはなりません。給湯器の寿命は10年~15年と言われています。
つまり、どんなに使っても正常な使い方をしていれば、10年は問題なく使えるでしょう。