【必見】給湯器にメンテナンスは必要? 方法や業者の選び方について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂を沸かす・お湯を使うときに必要不可欠なのが給湯器です。給湯器が急に故障してしまうと、日常生活に支障をきたしかねません。しかし、すぐに修理したくても故障内容によっては、時間がかかる場合もあります。急な故障を防ぎ、長く使い続けるためには、定期的なメンテナンスが必要です。そこで、本記事では、給湯器のメンテナンスの必要性や方法・寿命・交換業者の選び方などについて詳しく説明します。

  1. 給湯器のメンテナンスについて
  2. 給湯器のメンテナンス方法
  3. 給湯器の故障・寿命について
  4. 給湯器のメンテナンス・交換業者の選び方
  5. 給湯器のメンテナンスにかんしてよくある質問

この記事を読むことで、給湯器のメンテナンスを正しく行うための知識と修理・交換方法がわかります。故障で困っている方やメンテナンス方法が知りたい方は、ぜひ参考にしてください。


1.給湯器のメンテナンスについて

給湯器は部品で構成されている機器なため、定期的なメンテナンスが必要です。ここでは、給湯器のメンテナンスの内容や必要性・メリットについて説明します。

1-1.給湯器のメンテナンスとは

2009年に給湯器などの家電に対して、長期使用製品安全点検制度が制定されました。長期使用製品安全点検制度は、給湯器などの家電の劣化による事故を防止するためのものです。よって、給湯器の点検は、製造事業者が設計基準使用期間・点検期間を設定して、きちんと整備義務を行わなければならないとされています。また、メンテナンスの際は、以下のような表示が必要です。

  • 特定製造事業者などの氏名または名称および住所
  • 点検そのほかの保守にかんする問い合わせを受けるための連絡先
  • 製造番号などの特定保守製品を特定するに足りる事項
  • 点検期間の始期および終期
  • 設計標準使用期間
  • 製造年月

1-2.必要性・重要性

給湯器のメンテナンスは、安全・安心に使うために必要な作業です。給湯器の内部は、多数の部品で構成されています。部品にも劣化する可能性があり、メンテナンスを怠れば火事・火災の危険性もあるのです。メンテナンスは、部品の劣化をいち早く把握して、故障や事故を防ぐ役割を担っています。正常に使い続けるためにも、メンテナンスが必要なのです。

1-3.メリット

メンテナンスの必要性でもわかるように、最も大きなメリットは、給湯器の故障や事故を防ぐことです。実際に、メンテナンス・点検を定期的に行わなかったことで、不完全燃焼を起こし一酸化炭素中毒になったという事故が起きています。不完全燃焼による事故を防ぐためにも、メンテナンスを行っていかなければなりません。また、定期的なメンテナンスを行うことで、寿命が延びるメリットが生まれます。事前に、部品の劣化や異常が把握できるため、長く使い続けられるのです。