給湯器を設置する際の注意点とは? 給湯器のタイプなどと共に解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器とは、電気・ガス・石油などを熱源としてお湯を沸かし、お風呂場やキッチンなどに給湯する機器です。現在、ほとんどの家に給湯器が設置されていると思います。給湯器にはいろいろな種類があり、お湯の使用状況に合わせてタイプや熱源の種類を選ぶことが、省エネのコツです。
今回は、給湯器の設置方法や選び方のコツ・給湯器の種類などを一挙解説しましょう。

  1. 給湯器の基礎知識
  2. 給湯器の設置方法について
  3. 給湯器を購入・設置をする業者の選び方
  4. 給湯器に対するよくある質問

この記事を読めば、給湯器の交換時期なども分かります。交換を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.給湯器の基礎知識

はじめに、給湯器にできることや給湯器の種類、設置場所などを解説します。最新の給湯器はどのようなものでしょうか?

1-1.給湯器でできること

給湯器は文字どおり、お湯を沸かして必要な場所へ供給する機器です。浴室・キッチン・洗面所など、お湯を必要としている場所は家庭内にたくさんあります。また、近年では、床下にパイプを通し、そこにお湯を循環させて温める床暖房も増えてきており、給湯器の重要性は高まっているのです。

1-2.給湯器の種類

給湯器には、瞬間型と貯湯型があります。瞬間型というのは、お湯を使うたびに沸かすタイプです。給湯器の中に水を通す管が通っており、その周囲を熱することによってお湯を沸かします。ガス・電気・石油を熱源に使うタイプがあり、最も一般的な給湯器です。
貯湯型とは、一定量のお湯を沸かし、それをタンクにためて使うタイプになります。大きな魔法瓶と考えればよいでしょう。貯湯型は給湯器が大型になるデメリットがありますが、その一方で、停電やガスの供給が停止した場合も、タンクの中にお湯がある限りはお湯が使えます。家庭用の貯湯式給湯器は、電気温水器が主流です。ガスの貯湯式給湯器は、病院やホテルなどたくさんお湯を使う施設で利用されています。

また、現在は次世代型給湯器として、廃熱を再利用して省エネルギーでお湯を沸かすエコジョーズ(ガスを熱源とする)や、エコキュート(電気を熱源とする)も人気です。発電をしながらお湯を沸かすエネファームやエコウィル(いずれもガスが熱源)も登場しています。これらの次世代型給湯器は従来の給湯器に比べて高額ですが、効率的にお湯を沸かし、光熱費を節約できるのです。

1-3.給湯器に使用する熱源の違い

給湯器の熱源は、ガス・電気・石油が使われています。この中で最も普及台数が多いのは、ガス給湯器です。オール電化の住宅や高層マンションなどでは、電気給湯器が使われています。東北から北海道にかけての寒冷地では、燃費がよいという理由で、石油給湯器を使っているところも多いでしょう。
給湯器を交換する場合は、基本的に同じ熱源を使用する給湯器と交換します。電気からガスなど熱源を変える場合、交換工事が大がかりになるので注意しましょう。なお、分譲マンションは給湯器の規格が統一されていることが多いので、1軒だけ給湯器の熱源や種類を変えるというのは難しいこともあります。

1-4.給湯器の設置について

給湯器の設置場所は、基本的に室外です。風通しがよい場所に置くのが原則ですが、住宅密集地などは、隣接する住宅の窓の位置なども考慮して設置します。場合によっては壁に特別な器具をつけて設置することもあるでしょう。設置後、給湯器をトタンなど通気性の悪いもので囲ったりしてはいけません。また、窓から30cm以上、給湯器の前部に可燃物がある場合は可燃物から60cm以上離して設置する、などの決まりがあります。この決まりは設置業者が熟知しているので、任せれば問題ありません。

1-5.屋内に設置する給湯器について

ビル・マンション・アパートなどでは、屋外に設置場所がないため、屋内に給湯器を設置する場合があります。屋内に設置する給湯器は、強制排気型(FE型)と強制給排気型(FF型)というもので、どちらも一酸化炭素中毒を防止するため、屋外から空気を供給し、強制的に排気する機能を備えているのです。現在は、強制給排気型が主流となっています。屋外専用の給湯器は屋内に設置できないので注意してください。

1-6.トラブル防止のために

給湯器は、使用すると排気熱などが発生します。ですから、住宅密集地にある一戸建てなどは、前述の通り、隣接する家屋の窓などの位置に注意する必要があるでしょう。また、風通しの悪いところの設置すると不完全燃焼などを起こしやすいので、注意が必要です。マンションでは、設置場所が決まっており、分譲でも勝手に住人が設置場所を動かすことはできません。

2.給湯器の設置方法について

給湯器を設置する場合は、電気給湯器や石油給湯器(電気工事が含まれるため)は電気工事士、ガス給湯器は、ガス消費機器設置工事監督者や液化ガス石油設備士(プロパンガス使用地域のみ)の資格がそれぞれ必要です。どの給湯器も、無資格者では設置できませんので注意しましょう。現在は、DIYで給湯器を交換する方法が、ブログや動画でインターネット上にアップされていますが、設置方法を間違えれば、漏電事故やガス漏れ事故につながります。
インターネットオークションなどで給湯器を安く購入した場合は、設置だけ業者に依頼することも可能です。設置費用は10万円前後かかりますが、安全のために必ず有資格者が設置しましょう。

3.給湯器を購入・設置をする業者の選び方

この項では、給湯器を購入する方法や、設置業者の選び方を解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.給湯器を購入できる場所

給湯器は、電力会社やガス会社の直営ショップや住宅機器設備会社などで購入できます。直営ショップの場合は、電力会社の場合は電気給湯器、ガス会社の場合はガス給湯器しかありません。いろいろな給湯器を見比べて選びたいという場合は、住宅機器設備会社で購入するとよいでしょう。

3-2.給湯器の選び方

給湯器には、号数があります。号数が大きいほど1度に供給できるお湯の量が多くなるのです。現在、お風呂を使っているとキッチンでお湯が使えないなど、不便を感じている場合は、号数を大きくするとよいでしょう。逆に、家族の人数が減った場合は、号数を小さくすると省エネになります。
また、次世代型給湯器の場合は従来の製品より大型化しているものが多いので、狭い場所に給湯器を設置している場合は、事前に設置可能かどうかを業者に確認してもらいましょう。
なお、次世代型給湯器にするついでに床暖房も取りつけたいなどという場合は、家のリフォームとあわせて行うのがおすすめです。

3-3.業者の選び方

給湯器を設置してくれる業者はたくさんあります。安さを売りにしている業者も多いでしょう。しかし、いくら設置費用が安くても、設置方法がいい加減では意味がありません。環境ネットショップでは、工事費コミの価格設定で、独自の10年保証とアフターフォローも万全です。即日工事も対応していますのでぜひ、利用してみてください。

4.給湯器に対するよくある質問

Q 賃貸住宅では、給湯器を交換したい場合どうすればよいですか?
A 大家さんや管理会社に相談してください。自分で勝手に交換すると、退去する際にトラブルの原因となります。

Q 給湯器は、自分で外すだけなら可能ですか?
A 家の外壁を傷つける恐れがありますし、電気やガスの配管に傷がつけば、漏電事故やガス爆発のおそれがあります。やめたほうがよいでしょう。

Q 給湯器は号数が大きくなるほど高額になりますか?
A はい。その通りです。また、高機能な給湯器も高くなります。ただし、高機能な給湯器は省エネ効果がありますので、光熱費を抑えられるのです。ですから、よく考えて機種を決めてください。

Q 石油給湯器は、給油が必要ですか?
A はい。定期的に給油しなければなりません。給油タンクが給湯器についていますので、そこに給油をする仕組みです。ガソリンスタンドなどと契約をしていれば、定期的に給油に来てもらえます。

Q 給湯器の寿命はどのくらいですか
A 平均で8~12年くらいと考えましょう。給湯器の温度が定まらなくなったり、エラーが頻発するようになったら寿命が近いと考えてください。なお、給湯器は使えば使うほど寿命は短くなります。小さい給湯器をフル稼働させるより、給湯量の多い給湯器を余裕をもって使ったほうが、長持ちするでしょう。また、排気口をふさがないように注意してください。

5.おわりに

いかがでしたか。今回は給湯器の設置方法やタイプ・種類・業者の選び方などを解説しました。給湯器は8年を過ぎると交換時期と言われています。また、安全に使い続けるためには2年に1度の点検が理想です。8年を過ぎた給湯器を使っている場合は、ぜひ一度業者に状態を見てもらい、必要ならば買い替えを検討しましょう。