給湯器撤去のポイント! 取り外し・交換で困ったときの対策など

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

飲用に使ったりお風呂を入れたりと、給湯器は毎日快適にお湯を使うために欠かせないものです。しかし、給湯器には寿命があり、突然故障してしまうこともあるでしょう。給湯器の交換をする際に悩みがちなのが、古い給湯器の処分・撤去方法です。そこで今回は、古い給湯器の撤去方法や交換・取り外しについてご紹介します。

  1. 給湯器について
  2. 給湯器の撤去について
  3. 給湯器の撤去の業者選び
  4. 給湯器についてよくある質問
  5. まとめ

給湯器の撤去について知りたい・交換したいという方にはぴったりの内容となっておりますので、ぜひ最後まで読んでみてください。給湯器交換の際のヒントになるはずです。


1.給湯器について

1-1.給湯器とは

給湯器とは、水を温めてお湯に変えてから供給するための機械のことです。ガスや電気を利用してお湯を温める仕組みになっています。リンナイ・ノーリツ・パロマといったメーカーが有名です。

1-2.給湯器の種類について

給湯器には、瞬間式と貯湯式のものがあります。

1-2-1.瞬間式

水道(お湯)の蛇口をひねった際に、水を瞬間的に温めてお湯を出す仕組みです。使えるお湯の量に上限がないことがメリットとなります。

1-2-2.貯湯式

深夜帯の電気料金が安い間に、電気を使ってお湯を温め、タンクに貯(た)めておくタイプの給湯器です。プランによっては、一度に大量のお湯を安定して使うことができます。ただし、タンクのお湯を使い切ると、再び沸かすのに時間がかかるため、一日当たりに使う湯量が安定している家庭に向いているでしょう。

12