【徹底解析】給湯器から異臭がする…臭い原因や対処法について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器が臭くなるのは、故障や不具合など何かしらの原因が考えられます。お風呂やお皿洗いで必要になる給湯器が急に壊れてしまうと、生活にも支障が出るものです。特に、給湯器のまわりがガス臭くなったときは、すぐに対処しなければなりません。しかし、給湯器の知識を持っていない素人が勝手に扱うのは非常に危険です。そこで、本記事では、給湯器が臭い原因や確認すべきこと、給湯器の故障・修理・交換などについて詳しく説明します。

  1. 給湯器が臭い原因や危険性について
  2. 給湯器が臭い場合に確認すること
  3. 給湯器の故障や寿命などについて
  4. 給湯器の修理・交換について
  5. 給湯器の臭いなどにかんしてよくある質問

この記事を読むことで、給湯器が臭い原因を知ることができ、正しい対処・修理・交換方法がわかります。異臭で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


1.給湯器が臭い原因や危険性について

給湯器の臭さを解決するためには、原因を突き止めなければなりません。そこで、給湯器が臭いとはどんな状態か、主な原因、危険性・注意点について詳しく説明します。

1-1.給湯器が臭いとはどんな状態か

ガスの臭いがする・こげ臭い・生臭い・酸っぱい臭いがするなど、給湯器から異臭が発生するケースがあります。異臭が出てくるのは、何かしらの不具合・不調が起きているあかしです。臭いの種類によっては、勝手にさわると爆発・火災の危険性があります。間違った処置をしないためにも、きちんと正しい対処法を把握しておかなければなりません。

1-2.主な原因とは

給湯器の異臭で考えられる原因は、プロパンガスの残量不足とガス漏れです。プロパンガスを使用している場合のガスの臭いは、ガスの残量が少なくなっている可能性があります。そもそも、ガスは透明無臭ですが、人が気づきやすいように臭いを人工的につけているのです。ガス残量が少なくなると、臭い成分が沈殿するため、ガス臭く感じます。ただし、プロパンガスが十分な場合、または都市ガスを利用している場合のガスの臭いは、ガス漏れの可能性が高いのです。放置は危険なのですぐにガス会社へ連絡してください。

1-3.危険性・注意点について

ガス漏れを放置していると、引火して火災・爆発が起きる恐れがあります。給湯器やガスの近くに火を近づけるのは危険です。異変を感じたら、すぐにガス会社へ連絡してください。また、勝手に給湯器をさわるのも危険なので注意が必要です。ガス漏れに気づくまで時間がかかる場合もあるため、事前にセンサーや警報器を設置するのも対策の1つでしょう。