風呂場の蛇口から水漏れする原因は何? 対処方法と共に解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「風呂場の蛇口から水漏れして困っている」という人はいませんか? 蛇口からの水漏れは、風呂場のトラブルとしてはよくあることです。そして、水が流れ続けても問題ない場所なので「まあいいや」と放置している人もいるでしょう。しかし、風呂場の蛇口からの水漏れを放っておくと、もっと重大なトラブルに発展する恐れもあります。

そこで今回は、風呂場の蛇口から水漏れが起こる原因や対処方法を紹介しましょう。

  1. 風呂場の蛇口から水漏れする原因
  2. 水漏れを放置する問題点
  3. 自分でできる水漏れ修理
  4. 業者に依頼した方がおすすめの事例
  5. 業者に依頼する際のポイント
  6. 風呂場の蛇口からの水漏れに関するよくある質問

この記事を読めば、自分でできる修理や業者に修理を依頼した方がよい目安も分かります。風呂の蛇口からの水漏れに悩んでいる人は、ぜひこの記事を読んで対処の参考にしてください。

1.風呂場の蛇口から水漏れする原因

はじめに、風呂場の蛇口から水漏れする原因の代表例をご紹介します。どのような原因で水漏れは発生するのでしょうか?

1-1.パッキンの劣化

水漏れの原因で最も多いのが、パッキンの劣化です。パッキンとは、金属部品の間に挟むゴムのことで、蛇口などに使われています。ゴムパッキンの方が金属部品より劣化が早く、経年によってひび割れてくるとそこから水漏れすることが多いでしょう。金属部品とパッキンの間に隙間ができ、そこから水漏れすることもあります。

1-2.部品の欠損

金属部品も、経年により劣化していきます。金属部品やプラスチック部品がひび割れたり欠けたりして、そこから水漏れしてくることもあるでしょう。

1-3.給水管の破損

給水管が破損しても蛇口から水漏れが起こることがあります。この場合、蛇口からというより壁と蛇口の隙間から水漏れするケースが多いでしょう。

2.水漏れを放置する問題点

風呂場は水が流れ続けても問題が起こりにくいものですが、それでも放置しておくと以下のようなことが起こる可能性があります。

  • 蛇口の劣化が進み、より大量の水が漏れ出るようになる
  • 風呂場にカビが生えやすくなったり腐食したりする
  • 給水管から水漏れしている場合、壁の中にカビが生えて家屋の劣化に影響を及ぼす可能性がある
  • マンションやアパートの場合、階下に水漏れが発生する可能性もある

ですから、水漏れは放っておかずに対処することが重要です。

3.自分でできる水漏れ修理

この項では、自分で修理ができる水漏れの種類や対処方法、自分で修理するリスクなどを紹介します。

3-1.パッキンや部品の交換は自分で修理できる

ゴムパッキンやカートリッジなどの部品が劣化して水漏れが起きている場合、自分で部品を買って交換することができます。YouTubeなどに交換の手順を説明した動画が公開されているので、それを参考にしてもいいでしょう。また、蛇口をまるごと交換することで、水漏れを止めてもいいですね。

3-2.自分で修理するには工具が必要

自分で修理を行うときには、モンキーレンチ・ドライバー・水栓レンチなどの工具が必要です。どれも千円台で購入することができますが、一式揃えると5千円程度にはなります。また、工具は使い慣れていないと逆に蛇口や部品を傷つけてしまうこともあるので、注意が必要です。

3-3.修理は必ず水道の元栓を閉めて行う

蛇口の修理は必ず元栓を閉めて行いましょう。小さな修理でも元栓を開けっぱなしで行うと蛇口から水が噴き出す可能性があります。

3-4.個人での修理は限界がある

個人でできる修理は蛇口の交換までです。また、個人で修理を行うとネジの締め方などがあまくなり、水漏れが止まらなくなるケースもあります。さらに、パッキンの劣化だと思ったら別の原因があったなどというケースもあるでしょう。個人で修理をしてみて、水漏れが止まらなかったり止まってもすぐに再発してしまったりする場合は、業者に依頼した方がいいですね。無理に修理をしようとすると、かえって厄介ないことになるかもしれません。

4.業者に依頼した方がおすすめの事例

以下のようなケースは業者に修理を依頼した方がいいでしょう。また、自分で修理できる自信がない、工具を用意するのが面倒という場合は、パッキン交換などの軽い修理も業者に依頼するのがおすすめです。

  • 水漏れの量が多い
  • 壁と蛇口の隙間から水漏れしている
  • 修理をしても水漏れが止まらない
  • 修理をしようとしたがうまくいかなかった

5.業者に依頼する際のポイント

この項では、水道修理を依頼する業者の選び方などを解説します。

5-1.指定給水装置工事事業者を選ぶ

指定給水装置工事事業者とは、自治体の水道局から給水装置工事を適正に施工することができると認められている業者のことです。指定給水装置工事事業者に依頼すれば、確かな技術で工事をしてもらえます。また、価格も適正です。

5-2.口コミで評判のよい業者を選ぶ

口コミサイトなどで業者を確認できる場合、長期にわたって高評価がつけられている業者を選びましょう。そうすれば、評価どおりの工事をしてもらえる可能性が高くなります。

5-3.賃貸物件の場合は大家さんに連絡する

賃貸物件の場合は、大家さんや管理業者が修理を依頼する業者を決めています。ですから、勝手に業者を呼ばず、まずは大家さんや管理業者に連絡してください。激しく水漏れしている場合は一度水道の元栓を閉めて対応します。

6.風呂場の蛇口からの水漏れに関するよくある質問

この項では、風呂場の蛇口からの水漏れに関するよくある質問を紹介します。

Q.風呂場の蛇口からの水漏れはポタポタ程度のものも含まれるのですか?
A.はい。今の蛇口は優秀なので、きちんと絞めていれば水が漏れることはありません。

Q.24時間対応の水道業者には依頼しない方がいいと聞きました。
A.24時間対応の業者はやや工事金額が高い傾向にはあります。しかし、技術が未熟だとかぼったくりであるということはありません。夜間に大量の水が漏れた場合などは依頼した方がいいですね。

Q.蛇口からの水漏れが給水管に原因があった場合、修理費は誰が払うのでしょうか?
A.持ち家の場合は自分が負担します。賃貸物件の場合、経年劣化が原因であれば場合は大家さんが支払うのが一般的です。

Q.パッキンの経年劣化は何年ぐらいではじまりますか?
A.7~8年ではじまるケースが多いでしょう。

Q.蛇口の部品はどこで購入できますか?
A.ホームセンターや通販サイトなどで購入可能です。

まとめ

今回は、風呂場の蛇口から水漏れする原因や対処法を紹介しました。今は、DIYで修理することも可能と言われていますが、蛇口の修理は慣れないと失敗することもあります。自分でできる自信がない場合は、専門業者に依頼しましょう。