給湯器の交換時期っていつ? 信頼できる業者の選び方も教えます!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今お使いの給湯器は使い始めて何年くらいですか? 給湯器が故障すると、突然お湯が出なくなって慌ててしまいます。修理で直ればいいのですが、もしかしたら給湯器の寿命かもしれません。給湯器の調子の良しあしは、素人目にはわかりにくいですよね。これから、給湯器の寿命・給湯器の交換時期・工事業者の選び方などをご紹介します。

  1. 給湯器の寿命とは?
  2. 給湯器の交換について
  3. 給湯器の選び方
  4. 給湯器の工事業者の選び方
  5. 給湯器についてのよくある質問
  6. まとめ

給湯器は安い買い物ではありません。できれば慎重に選びたいですよね。この記事を読んで、給湯器の交換時期や選び方などを知り、いざという時の参考にしてくださいね。


1.給湯器の寿命とは?

給湯器の寿命を考えたことがあるでしょうか? 長く使ってきた給湯器の場合、蛇口から出るお湯の温度が設定より上がったり下がったりすることがあり、入浴中は特に困りますよね。そのためにも、給湯器の寿命を知ってトラブル回避に役立ててください。

1-1.だいたいの寿命

家庭でよく使われているガス給湯器は、かなり頑丈に作られているので、それほどすぐに壊れることはありません。家族構成や使用頻度にもよりますが、おおよそ10~15年程度といわれています。給湯器は機械なので、長年使っていく上での能力ダウンは仕方のないことです。部品の消耗による不調や、基盤の故障から寿命へと繋がります。定期メンテナンスを実施する機会もないため、不調のまま使い続けてしまうことが多いようです。

1-2.寿命の差の要因

給湯器を10年も満たない間に交換する方もいれば、20年近く使った方もいます。その差は一体何でしょうか。その答えは家族構成に関係してきます。ご家族が多いと、お風呂・洗濯・料理に、どうしても使用頻度が多くなり、逆にひとり暮らしのお宅であれば使う機会も少ない、ということです。機械の消耗を考えれば理解できますね。

1-3.設置場所

給湯器の設置場所がよくないと、早く故障することがあります。給湯器の外装部分がさびると器具内部の腐食が進み、故障やガス漏れの恐れに繋がるのです。さびてきたら早めの対応を心がけましょう。

1-4.水質

地下水・温泉水・井戸水は、原則として利用をおすすめしません。機器内の配管に異物が付着して詰まったり腐ったりして穴があくと、水漏れなどトラブルの原因になります。また、メーカーが使用を推奨していない水質の場合、保証期間内であっても有料での修理になる場合がほとんどなので注意してください。

1-5.燃料によって違いはあるか

給湯器に使う燃料には、ガス・電気・石油があります。使用頻度や設置環境にもよりますが、ガスと電気給湯器の寿命は約15年、石油給湯器は約10年です。

1-6.給湯器を長持ちさせるコツ

そして、一番いいのは、修理や交換をなるべく回避し、できるだけ長く安心安全に給湯器を使い続けることです。そのコツをいくつかお伝えしますね。

  • 雨風に当たらないようにする
  • 硫黄を含んだ入浴剤はなるべく使用しない
  • お手入れの際は、排気口や吸気口のホコリもしっかりと拭き取る。
  • 雷の時はコンセントを抜くか、ブレーカーを落とす。

などがあります。普段から心がければ、給湯器の寿命が延びるかもしれませんよ。

2.給湯器の交換について

この項では、給湯器の交換時期やタイミングになるポイントなどをご紹介します。

2-1.交換時期の平均

給湯器の交換時期の平均ですが、多くのメーカーで推奨している使用期間は「約10年」です。ガス給湯器を販売している各メーカーが、標準的な使用条件の下で安全に使える年数を設計標準使用期間として、それぞれ決めています。なので、10年くらいで故障した給湯器は、思いきって買い替えを検討するのもよいでしょう。

2-2.交換すべき症状とタイミング

給湯器にこんな症状が現れたことはありませんか?

  • お湯の温度が安定しない
  • お風呂のお湯がぬるい
  • 給湯器から異音がする
  • 給湯器から黒い煙が出る
  • 排気が臭う
  • お風呂の追い炊きができない
  • スイッチの反応が鈍い


もし、ひとつでも当てはまったら、寿命や故障のサインの可能性があります。「それでもまだお湯は出るし…」とそのまま使い続けてしまう方も多いでしょう。しかし、お風呂でシャワーを使っている時に突然お湯が出なくなったら大変です。そうなる前に一度、このタイミングで業者に見てもらってはいかがでしょうか。

2-3.修理と交換はどう違う?

給湯器が故障した時の解決は、修理か交換のどちらかです。その違いを理解して今後に役立ててくださいね。

  • 修理する

修理が可能なのは、修理対象の給湯器がまだ生産されている場合と、生産終了後10年くらいです。メーカーは、給湯器の生産を終了してからも10年間は、部品を保有しておくことになっています。

  • 交換

交換をすることになるのは、修理対象の給湯器が生産終了後10年を経過しているものです。10年を過ぎると、すでに部品がない可能性が非常に高いため、必然的に交換になります。

どちらにしても、自分で判断はせずに業者へ判断をあおいでくださいね。

3.給湯器の選び方

では、交換になった場合、どんなタイプの給湯器を選べばいいのでしょうか。人気モデルや価格も気になりますよね。この項では、給湯器の選び方を詳しく紹介しますので、参考にしてください。

3-1.ポイント

給湯器選びには3つのポイントがあります。

3-1-1.安さで選ぶ

基本的には、現在使っている給湯器と同じタイプへの取り換えをおすすめします。同じタイプであれば、工事が簡単で費用も安く済むこともあるんですよ。

3-1-2.機能で選ぶ

現在使っている給湯器よりも便利な機能を備えた給湯器へバージョンアップされる方もいらっします。

3-1-3.家族の人数で選ぶ

家族の人数によって使用するお湯の量は違うので、家族構成の変動で給湯器を選ぶこともありますね。

3-2.タイプ別

給湯器は、設置タイプごとに交換可能な機種が変わってきます。ご家庭や仕事のニーズに合わせて選びましょう。

3-2-1.家族構成

給湯の能力は、16号・20号など「号数」で表しています。「水温+25度」のお湯が「1分間に何リットル出るか」がその基準です。号数の数字が大きいほど、一度の大量のお湯を使うことができます。

  • 16号(ひとり暮らしの方)
  • 20号(2人住まい)
  • 24号(3~4人住まい)
  • 28号(5人以上)

すべて、お湯とシャワーの両方から給湯できる、おおよその家族構成になります。毎日の生活において、お湯が必要なのはお風呂だけではないですよね。洗濯や料理、お掃除など、お湯の無い生活など考えられません。家族の人数と、どれだけお湯が必要なのかを考えて、号数を選ぶ必要がありますね。

3-2-2.業務用

業務用の給湯器があるのをご存知ですか?飲食店や美容院など、小規模店舗に対応した10号からの業務用給湯器から、大型施設の大容量使用に耐えられる50号の業務用給湯器も販売されています。

3-2-3.マンション

マンションなどの集合住宅に設置する給湯器は、玄関ドアの外にあるボックスの中と、玄関やベランダの外壁に掛けるタイプがあります。

3-3.省エネタイプについて

これからのスタンダード給湯器といわれている「エコジョーズ」をご存知ですか?TVのコマーシャルなどで、その名を聞いたことがある方も多いと思います。エコジョーズとは、少ないガス量で効率よくお湯を沸かす省エネタイプの給湯器です。

  • 少ないガス使用量でたくさんお湯を沸かせる!
  • ガス使用量が少なくなるので、その分ガス料金も安くなる!
  • 今までの二酸化炭排出量を12%削減し、地球にやさしい!

おわかりいただけましたか? エコジョーズは、お湯を使う分だけ沸かすので、放熱ロスやお湯が余るといったムダがありません。お湯切れの心配もないため、使いたい時にいつでも快適に使えます。給湯器交換の際は、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

3-4.価格相場

給湯器の交換で、一番気になるのはやはり費用ですよね。しかし、給湯器メーカーや給湯器販売業者によって金額が大きく異なります。なので、自分で色々と調べるよりも、無料で費用の見積もりをしてくれる給湯器業者へ、一度依頼してみるのがいいでしょう。おおよその価格相場が手っ取り早くわかりますよ。

3-5.メーカー

給湯器は多くのメーカーから販売されています。代表的なメーカーはこちらです。

  • リンナイ(国内トップシェア、幅広いラインナップ)
  • ノーリツ(リンナイと並ぶ主流メーカー)
  • パロマ(全米ナンバー1のシェアを有する世界最大級の給湯器メーカー)
  • パーパス(3社に比べ規模は小さいながら、技術力に定評)

他にも、三菱電機・パナソニック・日立・ダイキンなどからも販売されています。

3-6.給湯器交換の注意点

給湯器を交換する時の注意点は、今後も安心安全にできるだけ長く使っていくことを目的として、自分や家族の生活に最も適した機種を選ぶことです。そして、安い買い物でもありませんので、見積もりの内容などを比較してから、納得するものを選びましょう。

4.給湯器の工事業者の選び方

給湯器の修理や交換作業は、いくら日曜大工が得意な方でも危ないのでやってはいけません。ここはプロに任せましょう。この項では、業者選びのポイントや注意点をご紹介します。

4-1.業者を選ぶポイント

いざ、工事を頼む際に一番重要なのは、どの業者を選ぶかです。信頼できる業者を選ぶポイントを読んで、ぜひ参考にしてくださいね。

4-1-1.対応スピードの速さ

故障トラブルには休日も時間も関係ありません。いつでもお湯が使える快適な生活に戻るためには、見積もりも含め、とにかく何でも対応のスピードが速い業者さんがベストではないでしょうか。

4-1-2.スタッフの対応のよさ

どんなささいな質問にも答えてくれて、丁寧な受け答えをしてくれるスタッフがいると安心です。そのためにも、一度電話をしてみるのがいいでしょう。会話を通して、こちらの質問に丁寧に答えてくれるか、言葉遣いはどうかなどをチェックし「ここなら任せられる」と感じてから判断してみるのもひとつの手です。実際に、家に工事へ来るのですから、ここは焦らずに決めたい業者選びのポイントになりますね。

4-1-3.見積もり

見積もり内容がおおざっぱで価格が不確かな業者には依頼しない方がいいでしょう。もし時間があれば、何件かの業者に見積もりを出してもらい、その中から選択するのもいいですね。

4-1-4.創業年数や施工実績

保証期間中に倒産してしまうような業者では困ります。インターネットの口コミなどで、過去の施工実績などを読んでおくと安心ですね。

4-1-5.住所、電話番号が記載されている

悪徳業者に引っかからないためにも、公式ホームページなどを確認して住所と電話番号を確認してください。

以上の確認事項を参考に、信頼できる業者に出会えるといいですね。

4-2.修理&交換は工事のプロに!

給湯器がインターネットで安く売っているから自分で交換できるかもしれない、なんて思っていませんか? それは安易にやってはいけない、すごく危険なことです。もし、ガス漏れを起こしたら、家族を命の危険にさらすことにもなりかねません。給湯器の交換は、取り扱いの資格を持った業者に必ず頼みましょう。

4-3.トラブル対応

給湯器が壊れるのに時間帯なんて関係ありません。朝ごはんの支度中、夜中の入浴中…いつどんな時にトラブルに見舞われるかと思うとゾッとします。そんな時は、24時間年中無休で対応してくれる業者が一番です。駆けつけてくれるエリアも全国対応していれば、安心して依頼できますね。

4-4.アフターフォロー

修理や交換工事のあとでも、不具合やわからないことがあれば解決してくれる業者を選びましょう。中には、無料点検をしてくれる業者もあります。そして、メーカーの長期補償や、業者独自のアフターサービスがあるどうかも確認してくださいね。

4-5.保険について

給湯器のメーカーやガス会社などで、保険制度を設けています。コースによって補償期間や金額もさまざまなので、長く給湯器を使っていくためには、保険に入ることも考えた方がいいでしょう。

4-6.注意点

給湯器交換の場合、給湯器本体の費用以外に、基本工事費がかかります。給湯器本体が安いからといって、全体的にかかる費用が安いとは限りません。さらに、出張費用がかかる業者もあるので注意してください。それを踏まえ、給湯器交換の業者に支払う費用は、それなりに必要だということもしっかりと頭に入れておくといいでしょう。

4-7.相談窓口

問い合わせや電話相談の窓口をフリーダイヤルで設けているメーカーや工事業者がほとんどです。中には、24時間365日対応してくれるところもあります。心配なことが多い方にとっては、業者選びの重要なポイントになるかもしれませんね。

5.給湯器についてのよくある質問

Q.お風呂の時の入浴剤は、何を使ってもいいですか?

A.入浴剤のラベルに、風呂釜に影響を与えないという記載があるものを使いましょう。記載が無ければ、入浴剤メーカーに問い合わせてください。

Q.お湯を出した時、白く濁っています。

A.多くの場合、水の中に含まれる空気が細かい気泡として混じっているので、白く見えるだけです。故障ではありません。

Q.給湯器のリモコンがONの時、ガスは使っていますか?

A.給湯器は蛇口などを開けて水が通っているのを検知しなければ、ガスは燃焼しません。リモコンの電源だけではガスを使用していませんので、安心してください。

Q.給湯器の型番(品名)は、どこを見ればいいですか?

A.給湯器本体の機器正面に貼ってあるシールに記載されています。

Q.給湯器からのお湯を飲んでもいいですか?

A.水道水を直結しているならば問題ありません。ただし、朝一番のお湯や、留守が続いた後などの配管に長時間詰まった水は、飲んだり料理に使ったりしないよう注意してください。

6.まとめ

いかがでしたか?給湯器は機械なので、長く使い続ければ消耗します。だから、寿命があるんですね。今回は、給湯器の寿命や交換時期、そして工事業者の選び方などをご紹介しました。毎日の生活に欠かせないお湯が突然出なくなったら大変なので、ぜひ参考にしてくださいね。