給湯器の交換時期っていつ? 信頼できる業者の選び方も教えます!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今お使いの給湯器は使い始めて何年くらいですか? 給湯器が故障すると、突然お湯が出なくなって慌ててしまいます。修理で直ればいいのですが、もしかしたら給湯器の寿命かもしれません。給湯器の調子の良しあしは、素人目にはわかりにくいですよね。これから、給湯器の寿命・給湯器の交換時期・工事業者の選び方などをご紹介します。

  1. 給湯器の寿命とは?
  2. 給湯器の交換について
  3. 給湯器の選び方
  4. 給湯器の工事業者の選び方
  5. 給湯器についてのよくある質問
  6. まとめ

給湯器は安い買い物ではありません。できれば慎重に選びたいですよね。この記事を読んで、給湯器の交換時期や選び方などを知り、いざという時の参考にしてくださいね。


1.給湯器の寿命とは?

給湯器の寿命を考えたことがあるでしょうか? 長く使ってきた給湯器の場合、蛇口から出るお湯の温度が設定より上がったり下がったりすることがあり、入浴中は特に困りますよね。そのためにも、給湯器の寿命を知ってトラブル回避に役立ててください。

1-1.だいたいの寿命

家庭でよく使われているガス給湯器は、かなり頑丈に作られているので、それほどすぐに壊れることはありません。家族構成や使用頻度にもよりますが、おおよそ10~15年程度といわれています。給湯器は機械なので、長年使っていく上での能力ダウンは仕方のないことです。部品の消耗による不調や、基盤の故障から寿命へと繋がります。定期メンテナンスを実施する機会もないため、不調のまま使い続けてしまうことが多いようです。

1-2.寿命の差の要因

給湯器を10年も満たない間に交換する方もいれば、20年近く使った方もいます。その差は一体何でしょうか。その答えは家族構成に関係してきます。ご家族が多いと、お風呂・洗濯・料理に、どうしても使用頻度が多くなり、逆にひとり暮らしのお宅であれば使う機会も少ない、ということです。機械の消耗を考えれば理解できますね。

1-3.設置場所

給湯器の設置場所がよくないと、早く故障することがあります。給湯器の外装部分がさびると器具内部の腐食が進み、故障やガス漏れの恐れに繋がるのです。さびてきたら早めの対応を心がけましょう。

1-4.水質

地下水・温泉水・井戸水は、原則として利用をおすすめしません。機器内の配管に異物が付着して詰まったり腐ったりして穴があくと、水漏れなどトラブルの原因になります。また、メーカーが使用を推奨していない水質の場合、保証期間内であっても有料での修理になる場合がほとんどなので注意してください。

1-5.燃料によって違いはあるか

給湯器に使う燃料には、ガス・電気・石油があります。使用頻度や設置環境にもよりますが、ガスと電気給湯器の寿命は約15年、石油給湯器は約10年です。

1-6.給湯器を長持ちさせるコツ

そして、一番いいのは、修理や交換をなるべく回避し、できるだけ長く安心安全に給湯器を使い続けることです。そのコツをいくつかお伝えしますね。

  • 雨風に当たらないようにする
  • 硫黄を含んだ入浴剤はなるべく使用しない
  • お手入れの際は、排気口や吸気口のホコリもしっかりと拭き取る。
  • 雷の時はコンセントを抜くか、ブレーカーを落とす。

などがあります。普段から心がければ、給湯器の寿命が延びるかもしれませんよ。