水道のトラブルを解決しよう!水道水の濁りの原因とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

大切なライフラインである水道が止まってしまうのは、生活に大きな影響を与えます。
水道が止まるというのは、大規模災害だけではありません。
水道管や給湯器のトラブルによって水道が使えなくなるというのはよくあります。
水道のトラブルは兆候を知り、適切に対応することが大切です。
水道水が濁るのは、水道管や給湯器の不調の可能性があります。
水道水が白く濁る、赤く濁るなどの変色の原因と対処方法についてご紹介しましょう。

目次

  1. 水道水が濁る原因とは?
  2. 水道水の濁り対策
  3. 濁りの改善方法とは?
  4. まとめ

1.水道水が濁る原因とは?

1-1.水道水が濁る原因

水道水の変色には、さまざまな原因があります。
水道水が濁っていると感じた場合には、どのような症状なのかを知ってから対策することが大切です。

【なぜ水が濁る?】

水道水が濁る原因は、水道管や給湯器の老朽化によるものと自然によるものの2種類があります。
濁った水道水を飲んでも健康面への影響はないのですが“サビ臭さ”などの水の風味に影響を与えるため対策が必要です。

【水道管や給湯器の寿命を知る】

水道水の変色は、水道管や給湯器の寿命が近いためおこる現状です。
不意同館や給湯器の寿命の目安にもなるので、水道水の色は定期的にチェックするように心がけましょう。

1-2.水道水が白く濁る原因とは?

水道水が白く濁る原因は“空気”が主な原因です。
水に溶けている空気が温度差、圧力などの変化によって細かい気泡になってあらわれることで水が白く濁ります。
気泡による白い濁りは“水道水をしばらく置くと透明になる”のが特徴です。
空気による水道水の濁りは、2~3分程度で消えるので、透明なグラスに水を入れて確認してみましょう。

【白い浮遊物】

水道水が白く濁る原因が“白い浮遊物”の場合には水道管や給湯器の劣化が原因です。
白い浮遊物は給湯器で使用している亜鉛メッキ鋼管の腐食によって発生します。
白い浮遊物による濁りは、長年使用していない水道によくあるトラブルです。

1-3.水道水が赤く濁る原因とは?

水道水が赤く濁る原因は“サビ”が主な原因です。
水道を流し続けると、きれいな水に戻ります。
赤い水が出たからといって即水道の交換が必要なわけではありません。
水道水が濁ったら、水道管や給湯器の点検を業者に依頼しましょう。

【近所の家でも赤く水が濁っている】

近所の住宅でも赤く水が濁っているような状況は“配水管のサビ”の可能性があります。
配水管のサビは、個人では対応できないので管轄の水道局に連絡しましょう。

1-4.そのほかの変色

黒、緑、ピンクなどに濁ることがあります。
それぞれの原因と特徴についてご紹介しましょう。

【黒い水】

水には微量のマンガンを含んでいます。
水道管に蓄積したマンガンが水流の変化によって水道水に混ざってしまうのが黒い水の原因です。
マンガンは骨の形成代謝に必要な元素なので健康に影響はありません。

【緑の付着物】

浴槽に緑の付着物がある場合があります。
緑の付着物は、給湯器の配管に使用している銅が原因です。
緑色の付着物は“銅石けん”という成分で、銅イオンと石けん、皮脂などの成分が結合してできます。
多量の銅石けんが浴槽に付着する場合には、給湯器が劣化している可能性もあるので給湯器の点検をしましょう。

【蛇口のピンクの付着物】

蛇口に付着するピンク色の付着物は、蛇口付近で繁殖した毒性の弱い細菌です。
蛇口をこまめに洗浄することで繁殖を防げます。

12