食器洗いはお湯と水、どちらが汚れが落ちやすいの?その理由とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

寒い季節になると、食器洗いもつらくなります。
冬は食器をお湯で洗うという方が多いでしょう。
また、お湯の方が汚れは落ちやすい、というイメージがある方もいると思います。
しかし、実は水の方が落ちやすい汚れもあるのです。
そこで、今回は食器洗いをする際の水とお湯との使い分け方をご紹介します。
水で落ちやすい汚れとはいったいどのようなものでしょうか?
また、少ないお湯や水で食器を洗う方法もご紹介します。
毎日食器洗いをする方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

目次

  1. お湯と水、それぞれ落ちやすい汚れとは?
  2. お湯の方が手荒れをおこしやすいって本当?
  3. 少ない水やお湯で食器をきれいにする方法とは?
  4. 食器洗い機のメリットデメリットとは?
  5. おわりに

1.お湯と水、それぞれ落ちやすい汚れとは?

まず始めに、お湯と水、それぞれ落ちやすい汚れをご紹介します。
今は蛇口で温度調節も簡単にできるので、洗い分けの参考にしてください。

1-1.お湯の方が落ちやすい汚れとは?

肉や魚の脂肪や、サラダオイルなどの油汚れはお湯の方が落ちやすいです。
これは、油が常温や低温だと固まりやすくなるため。
特に、冬は時間がたつほど油がお皿にこびりつきやすくなるでしょう。
煮物の煮汁などにも、油が溶けこんでいるものが多いです。

1-2.水の方が落ちやすい汚れとは?

逆に、水の方が落ちやすいのはタンパク質による汚れです。
代表的なのは、牛乳や豆乳による白っぽい汚れでしょう。
また、卵の黄身もタンパク質です。
タンパク質は熱を加えると固まる性質があります。
ですから、お湯で洗うとかえってお皿にこびりついてしまうのです。

1-3.お湯で洗っても殺菌効果はないの?

お湯で食器を洗う理由に、殺菌効果を挙げる人もいるでしょう。
しかし、食器洗いに使うお湯の温度では、殺菌効果はありません。
ただし、熱湯を食器にかけたり食器を鍋で煮たりすれば殺菌効果は期待できます。
しかし、漆器など熱に弱い食器も多いので、不用意に熱湯をかけないように注意してください。
陶器の普段使いのお皿くらいなら大丈夫です。

12