ぬいぐるみをふわふわにする洗い方 ~自分で洗ってきれいに長持ち~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お子さんやご自身で大事にしているぬいぐるみがあるかと思います。自分のお気に入りのぬいぐるみは、できるだけ長く・きれいに保存しておきたいものです。そこで、ぬいぐるみを長くきれいに保つための洗い方についてまとめました。

  1. ぬいぐるみの洗い方
  2. ふわふわ仕上げにするコツ
  3. 水を使わない洗い方
  4. まとめ

1.ぬいぐるみの洗い方

ぬいぐるみには洗い方が決まっています。その洗い方についてチェックしておきましょう。

1-1.ぬいぐるみのラベルをチェックする

布製品には、洗濯時の取り扱いを表すラベルが貼ってあります。ぬいぐるみを洗うときは、まずラベルを見て洗濯機マーク・手洗いマークのどちらか確認しましょう。その指示に従ってきれいに洗濯します。マークの中には水洗いができない表示があるのを知っておきましょう。特に、アンティーク・傷付きやすい布で作られているぬいぐるみは洗濯できません。
洗濯できないぬいぐるみは、ぬいぐるみ専門店やクリーニング店にてきれいにしてもらいましょう。機械が埋め込んである・特殊な布を使っているなどのぬいぐるみは、基本的に洗えないものに分類されます。
また、大きすぎるぬいぐるみを手洗いで対応するのは難しいと思いましょう。

1-2.洗濯できるように準備する

洗濯のラベルをチェックした後は、ぬいぐるみの下準備をします。
まず、ぬいぐるみが色落ちしないかチェックしましょう。水で濡(ぬ)らしたタオルで、ぬいぐるみを軽くたたきます。そのとき、タオルに色が付くと色落ちするので洗えません。一部分だけでなく目・鼻など特殊な素材を使っていそうな部分もチェックしておきましょう。
チェックした後は、ぬいぐるみに付いている付属品を外しておきます。洗濯中に付けてままだと破損の原因になるので気を付けましょう。また、ぬいぐるみの汚れがひどいところは、おしゃれ着用洗剤の原液で軽く汚れを拭いておきます。
ぬいぐるみを細かくチェックした後、洗濯機で洗う場合は大き目のネットに入れておきましょう。これで下準備は完了です。

1-3.洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗うときは、中性のおしゃれ着洗剤を使って洗濯しましょう。
ぬいぐるみを入れたネットを入れて手洗いコースで2~3分ほど回します。手洗いコースが無い人はドライコースで大丈夫です。コツとしては、脱水時間を短めにすること。脱水時間を短くするとシワになりづらくなります。
また、脱水前にぬいぐるみをバスタオルで包むのがおすすめです。バスタオルに包むことで傷みを軽減できます。

1-4.手洗いする場合

ぬいぐるみを洗濯するときは、できれば手洗いするようにしましょう。手洗いの方がぬいぐるみの型崩れや傷みを防ぎやすいのでおすすめです。
まず、大きな桶(おけ)を用意しておきます。その中に38℃前後のお湯を入れておきましょう。さらに、おしゃれ着洗い専用の中性洗剤を入れておきます。
洗剤がしっかり溶けたのを確認した後、ぬいぐるみを入れて洗いっていきましょう。このとき、汚れを押し出しながら洗います。ゴシゴシもんでしまうと傷んでしまうので控えましょう。また、汚れがしつこいところは洗剤で色が落ちないのを確認しながら集中的に洗っていきます。
洗濯した後は、手で簡単にしぼりながら水ですすぎましょう。1度で落ちないときは、何度か手洗いとすすぎを繰り返します。
汚れが落ちたのを確認できたら脱水の作業です。ぬいぐるみをタオルで包み洗濯機で5~10秒ほど脱水をおこないましょう。1回の脱水でうまくいかないときは、ぬいぐるみにタオルを巻き直して脱水作業をおこないます。

1-5.ぬいぐるみを干す

洗濯を終えたぬいぐるみは、軽くたたいて水と汚れを落としてから干しましょう。干すときは、風とおりが良くて直射日光が当たらないところがおすすめです。日に直接当たるとぬいぐるみが日焼けしてしまいます。
干すときは、ネットの上に置いたり洗濯バサミでつるしたり方法はさまざま。ぬいぐるみにあった干し方をしましょう。また、洗濯バサミで無理に干すと型崩れが発生するので注意が必要です。
ぬいぐるみによって干す日数は違ってきます。1日で大丈夫なときもあれば3日以上掛かるものもあるので状態を確認しながら干しましょう。

12