シャワーと風呂、ガス代がより節約できるのはどっちなの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

世の中にはたくさんの節約術があります。
食費と並んで節約しやすいのは、ガス代や電気代などの光熱費でしょう。
そして、よく話題にあがるのがシャワーと風呂のどちらにした方が、ガス代は節約できるかということ。
そこで、今回はシャワーと風呂のガス代を比較してみましょう。
家族構成によってもお得な方が変わるのです。
また、光熱費が節約できる入浴の仕方もご紹介しましょう。
これからひとり暮らしをされるという方や光熱費をできるだけ節約したい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シャワーは本当にお得なのか?
  2. シャワーの方がガス代を節約できる条件とは?
  3. ガス代を節約しながら入浴する方法とは?
  4. 節約にやっきになりすぎないことも大切
  5. おわりに

1.シャワーは本当にお得なのか?

一般的なシャワーは、1分間に10リットル程度のお湯を使います。
浴槽にお湯をためると、小さいものでも200リットルのお湯が必要。
ですから、シャワーを使用する時間が20分以内ならば、シャワーの方がお得でしょう。
「20分なんて、ずいぶんと長い時間浴びられるのだな」と考える方もいると思います。
しかし、これはひとり20分ではありません。
家族が複数いたら、全員で20分なのです。
つまり4人家族の場合は、浴槽にお湯をためるよりガス代を節約したかったら、ひとり当たり5分以内にシャワーを浴びなくてはなりません。
これではちょっとせわしないですね。
また、お湯の温度をあげるとガス代も高くなります。
ガス代を節約するためにシャワーで入浴を済ませようとしても、お湯の温度が高ければガス代は思っているほど下がりません。
ですから、一概に風呂とシャワーはどちらの方がガス代は安いとは言いきれないのです。

12