浴室暖房乾燥機の故障症状は? 買い替える際のポイントを徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

浴室暖房乾燥機が急に故障してしまうと、生活に支障をきたす恐れがあります。故障前に買い替えることができれば、日常生活に支障をきたす心配はありません。しかし、一体どのタイミングで買い替えればいいのでしょうか。

そこで、本記事では、浴室暖房乾燥機の主な故障の症状や買い替えの判断基準などについて解説します。

  1. 浴室暖房乾燥機の主な故障の症状
  2. 修理・買い替えを判断する基準は?
  3. 浴室暖房乾燥機の修理を依頼するには?
  4. 浴室暖房乾燥機を買い替える際のポイント
  5. 浴室暖房乾燥機に関してよくある質問

この記事を読むことで、浴室暖房乾燥機の買い替えポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.浴室暖房乾燥機の主な故障の症状

まずは、浴室暖房乾燥機が故障したときに現れる主な症状をチェックしておきましょう。

1-1.電源がつかなくなる

浴室暖房乾燥機の主な故障のサインとしては、電源がつかなくなるケースがあります。リモコンのスイッチを押しても電源が入らない場合、念のため、部分電盤の電源ブレーカーが落ちている可能性があるでしょう。分電盤をチェックしてブレーカーが落ちている場合は、再度上げてください。誤作動が原因の場合は、ブレーカーを落としてから入れ直すと電源がつく可能性があります。ブレーカーを入れ直しても電源がつかない場合は、浴室暖房乾燥機が壊れている可能性が高いといえるでしょう。

1-2.浴室がなかなか暖まらない

浴室暖房乾燥機の電源を入れても浴室がなかなか暖まらない場合、フィルターが目詰まりを起こしている可能性があります。ほとんどは、フィルターについているホコリを除去すれば元どおりになりますが、フィルターをきれいにしても改善できない場合は、室外熱源機の暖房水が不足しているでしょう。水道水を補充することで解決するケースが多いですが、浴室暖房乾燥機が壊れている可能性もあります。無理に自分で解決しようとはせず、メーカーに問い合わせたほうがいいでしょう。

1-3.異音がする

浴室暖房乾燥機からギシギシ・キュルキュルといった音が気になり始めるのも故障のサインです。異音の原因はさまざまですが、モーター内のベアリングが劣化している可能性があります。モーター内のベアリングは、回転する軸を支えるための部品です。支えるための部品が劣化すると、軸がブレてしまい浴室暖房乾燥機が使えなくなってしまいます。内部の部品は交換時期が近づくと劣化がどんどん進み、不具合が生じるのでメーカーに点検修理を依頼してください。

2.修理・買い替えを判断する基準は?

ここでは、修理・買い替えを判断する主な基準を紹介します。

2-1.浴室暖房乾燥機の平均寿命は約10年

買い替えを判断する基準として、平均寿命があります。メーカーやモデルなどによって異なりますが、浴室暖房乾燥機の平均寿命は約10年です。ただし、使用頻度によっても寿命が変わるため、6年程度で故障する場合もあれば、10年以上使用できる場合もあります。あくまで目安に1つとして、10年を目安に買い替えを検討するといいでしょう。修理か買い替えか悩んだときは、購入してから何年使い続けているのかを目安にしてください。10年経過している場合は修理よりも買い替えを選んだほうがお得になる可能性があります。

2-2.部品保有期間の約6年も判断基準の1つ

買い替えか修理か判断する際は、部品保有期間も大切な基準となります。具体的な部品保有期間はメーカーによって異なりますが、だいたい6年です。部品保有期間は、発売されてから修理用の部品を保管する期間となります。つまり、保有期間を過ぎてしまえば、修理に必要な部品が手に入らなくなってしまうということです。部品保有期間をすぎている場合、修理が難しくなるので買い替えを検討したほうがいいでしょう。平均寿命と併せて、部品保有期間もチェックしてください。

2-3.修理・買い替え費用を比較する

できるだけ費用を抑えたい方は、修理と買い替え費用を比較してください。故障内容によっては、買い替えよりも修理費用のほうが高くつく可能性があります。また、使用年数が10年近い浴室暖房乾燥機で高い修理費用を出してもすぐに壊れたら意味がありません。せっかく修理したのにお金が無駄になってしまいます。修理したらいくらになるのか、買い替えとどのくらいの差があるのかもチェックしながら修理か買い替えか選択しましょう。

3.浴室暖房乾燥機の修理を依頼するには?

浴室暖房乾燥機の修理はどこに依頼すればいいのでしょうか。依頼先や修理のポイントなどについて解説します。

3-1.機種のメーカーまたは購入店に連絡する

修理を依頼する場合は、機種のメーカーまたは購入店に連絡するのが一般的です。取扱説明書などに記載があるメーカーの連絡先に電話すると、10年以上経過している場合、修理できない可能性が高いでしょう。まずは、修理対応が可能か、後継機種があるか、修理にどのくらいの時間と費用がかかるのかチェックしてください。また、購入したお店や業者に連絡し修理してもらうのも方法の1つです。保証書などがきちんと保管してあれば、修理対応してもらえる可能性が高いでしょう。

3-2.修理対応が可能な業者に相談する

購入してから数年しか経過していない場合、修理対応が可能な業者に相談するのも方法の1つです。浴室暖房乾燥機や給湯器などを扱っている業者の中には、修理サービスを行っているところがあります。ただし、修理費用が高くなったり、修理に必要な部品を準備するまでに時間がかかったりする恐れがあるでしょう。急に故障するとパニックになりがちですが、きちんと考慮してから修理を依頼することが大切です。

3-3.修理費用は約2万~5万円

故障内容や機種などによって修理費用は大きく異なりますが、約2万~5万円が目安になるでしょう。部品を修理する場合、部品の価格のほかに工事費や出張費が加算されることになります。数万円になる可能性が高いですが、どの修理にいくらかかるのか見積書を確認することが大切です。ただし、気をつけてほしいのが修理をくり返すほど修理費用がかさむことでしょう。だからこそ、使用開始から10年前後経過している場合は、本体ごと交換することをおすすめします。

4.浴室暖房乾燥機を買い替える際のポイント

浴室暖房乾燥機を買い替える際のポイントを解説します。

4-1.浴室暖房乾燥機選びのポイントをチェックしよう!

新しい浴室暖房乾燥機に買い替える場合、選び方のポイントを把握することが大切です。浴室暖房乾燥機選びのポイントは以下のとおりとなります。

  • 設置タイプ
  • 換気室数
  • 電気式・ガス式
  • 浴室天井の開口寸法

浴室暖房乾燥機は天井埋め込みタイプと壁掛けタイプの2種類があります。今使っている浴室暖房乾燥機がどちらのタイプに当てはまるのか確認しておかなければなりません。そして、換気扇が換気する部屋の数に応じて、1室換気・2室換気・3室換気の3種類に分けることができます。戸建てのほとんどは1室換気ですが、マンションはどの換気室数になっているのか確認してください。そのほか、電気式・ガス式のどちらになっているか、浴室天井の開口寸法もしっかりと把握しておかなければなりません。

4-2.実際の設置状況を確認する

買い替えの際は、実際の設置状況をきちんと確認してから新しい機種を選ぶ必要があります。設置状況を確認する際に押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  • 点検口の有無
  • 浴室天井のフラット具合
  • 浴室暖房乾燥機・換気扇の品番
  • 浴室以外の換気口

上記の4つのポイントをチェックすることで、買い替えで選ぶべき機種も分かりやすくなります。どの浴室暖房乾燥機を選べばいいのか分からない場合は、メーカーや業者に相談するといいでしょう。具体的な要望を伝えることで、適切な機種をピックアップしてくれます。

4-3.本体価格と工事費用がかかる

買い替えにかかる費用は、浴室暖房乾燥機の価格+工事費用です。あくまで目安ですが、浴室暖房乾燥機の本体価格が約14万円、工事費が約5万円の合計約19万円~になるでしょう。本体価格が高くなればなるほど費用も大きくなるので注意が必要です。予算内に抑えるためには、浴室暖房乾燥機に求める機能を明確にすることが大切なポイントとなります。あれもこれもと機能を欲張ってしまっては、予算以上の費用を支払うことになるでしょう。高性能なものを取りつけたい場合は、費用に余裕を持たせてください。

4-4.設置工事業者選びのポイント

浴室暖房乾燥機の設置を業者に依頼する場合、業者選びのポイントも大切です。工事費用の内訳は、工事・開口調整・既存の換気扇などの撤去・廃棄処分・空調工事・電気工事などがあります。設置箇所や住宅の構造などによっても費用は大きく異なるため、いくらかかるのか細部まで確認しなければなりません。以下に、設置工事業者選びのポイントをまとめたのでぜひ参考にしてください。

  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 本体価格や工事費用が明確に記載されているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 浴室暖房乾燥機の機種が豊富か
  • 設置工事の知識や実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

複数の業者を比較することで、どの業者に依頼すべきか選択しやすくなります。ほとんどの業者は無料見積もりを受けつけているのでぜひ利用してください。

5.浴室暖房乾燥機に関してよくある質問

浴室暖房乾燥機に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.浴室暖房乾燥機の不具合を放置するとどうなるのか?
A.不具合を放置すると火災や爆発の危険が高くなります。実際に、不具合を放置した結果、浴室暖房乾燥機のカバーが溶けて大きく変形してしまった事件も起きているのです。安全装置がついている機種なら火災を未然に防ぐことができますが、古い機種は正常に作動しない恐れもあります。また、不具合を放置するほど電気代が高くなる可能性もあるのです。できるだけ、電気代を抑えたい方は、修理ではなく新しい機種への買い替えをおすすめします。

Q.浴室暖房乾燥機の電気代を抑えるコツは?
A.前述したように、古い機種の場合は新しい機種に買い替えることが電気代の節約につながります。買い替え時に、電気代がいくらかかるのかチェックするといいでしょう。また、使用時間を短くすることで電気代を抑えることも可能です。たとえば、入浴後はシャワーや湯船から出る熱で暖めるため、間をあまり開けず連続して入浴するようにしましょう。浴室乾燥機能にかかる電気代を抑えるなら、乾燥までの時間を短縮すればOKです。

Q.トラブルに間違われ安い浴室暖房乾燥機の症状は?
A.浴室暖房乾燥機からピシッ・パキッといった音が聞こえてきたら故障だと思いがちですが、熱の影響で音を立てることがあります。明らかに異変と感じる音ならメーカーや業者に相談したほうがいいでしょう。けれども、ピシッ・パキッという音は熱の影響でわずかに収縮している証拠です。また、温風が出るのに時間がかかる症状も問題がないので安心してください。暖房をつけたばかりのときは、温水の温度が十分に上がるまで温風が出ないようになっています。

Q.ネット通販で購入した浴室暖房乾燥機の買い替えは?
A.ネット通販サイトの中には、下取りや引き取りサービスを行っているところがあります。正常に稼働できる状態で下取り条件に当てはまるなら、買取サービスの利用で新しい機種を安く購入できるでしょう。しかし、買取サービスを行っている業者は限りがあるので注意が必要です。また、新しい機種を購入する方限定になる恐れもあります。

Q.色のついた水滴が落ちるのは故障か?
A.故障ではない可能性が高いでしょう。入浴剤を使用した浴槽のお湯が結露すると、水滴に色がついてしまいます。浴室暖房乾燥機を使うのに支障はありませんが、給湯器の配管に入浴剤が蓄積されることで故障につながる可能性があるのです。入浴剤は頻繁に使わないほうがいいでしょう。

まとめ

異音がしたり、電源が入らなくなったりしたときは、浴室暖房乾燥機が壊れている可能性があります。故障のサインは平均寿命の10年が近づくころから起き始めるため、早めに買い替えたほうがいいでしょう。まだ数年しか使用していない場合は、部品保有期間をチェックしながら修理を検討してください。だいたいのメーカーは部品保有期間が6年になっているため、6年以内なら修理のほうが安く抑えることができるはずです。