ガスコンロの交換方法・選び方を探している方へ~故障した場合の対処法~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガスコンロの交換方法・選び方を探している人は必見です。
ガスコンロが壊れてしまうと、料理ができなくなってしまいます。
できるだけ早く新しいガスコンロを見つけなければなりません。
ガスコンロの交換方法や自分でできるもの、できないもの、修理か交換か迷ったときに考えるべきことについて説明します。
また、大切なガスコンロの選び方や業者に依頼する注意点についてもチェックしましょう。

目次

  1. ガスコンロの交換方法について
  2. 交換費用の相場と選び方
  3. 業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.ガスコンロの交換方法について

ガスコンロの交換方法は、どのようにするのでしょうか。
交換方法や自分でできるもの、できないもの、交換方法について説明します。
悩んでいる人は、ぜひチェックしてくださいね。

1-1.ホームセンターなどで売っているガスコンロは取り付け可能

ガスコンロの交換方法は、自分でできることとできないことがあります。
ホームセンターで売っているようなガスコンロは、自分で取り付けることができるでしょう。
新しいガスコンロに交換するには、古いガスコンロを取り外さなければなりません。
取り扱い説明書には、取り外し方や取り付け方が記載されているので、行動する前に必ず確認してください。
やり方を間違ってしまうと、後でトラブルを起こす原因になってしまいます。
ガスコンロの取り外し・取り付けは、資格なしでも可能です。
しかし、まったくの素人が自分で交換すると、ガスがもれてしまう可能性もあるでしょう。
やはり、安心して取り付けるためには、プロに頼むことをおすすめします。
また、ガスコンロを持ちあげることができない女性や高齢者は、プロに頼んだ方がいいでしょう。

1-2.システムキッチンのビルトインコンロは要注意

システムキッチンを利用している人で多いビルトインコンロは、取り付け方がややこしくなっています。
専門の業者は、ガスがもれないように専用のボンドを使うでしょう。
しかし、素人は詳しい取り付け方を把握していません。細かいところまで目がまわらないでしょう。
そのため、取り付け方が悪く、コンロが作動しないケースが多いです。
また、ガスがもれてしまう可能性もあるのでシステムキッチンの場合は、コンロの交換を業者に依頼した方がいいでしょう。
システムキッチン用のビルトインコンロは、ガスホース接続が禁止になっています。
普通のコンロはガスホースが利用できても、ビルトインコンロは使えないので注意してくださいね。

1-3.修理?それとも交換?

コンロが故障した場合、修理に出すか、それとも交換した方がいいのか迷ってしまうでしょう。
一般的に、ガスコンロの寿命は12年~15年と言われています。
だいたい10年以上になると、使いづらくなるので、10年以上を目安に交換をしてください。
製造月日から結構経過したガスコンロを修理に出しても、再び故障する可能性があります。
必要な部品も手に入らなくなることが多いので、交換した方が効率的です。
購入してから2~3年しかたっていない場合は、修理をした方がお得でしょう。
購入したばかりの故障は、一部の部品が故障している可能性があります。

12