風呂上りのかゆみは何が原因?かゆみを抑える方法と対策とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風呂上りに“かゆみ”が出てくる人は注意が必要です。
かゆみを放置すればするほど、お肌の状態が悪化してしまいます。
かゆみを改善するためにも、「原因」を把握しなければなりません。
そこで、風呂上りのかゆみの原因やかゆみへの対策、給湯器の正しい使い方について説明します。
リラックス・リフレッシュする風呂だからこそ、かゆみの悩みを一緒に解決しましょう。

目次

  1. 風呂上りのかゆみの原因
  2. 風呂上りのかゆみへの対策
  3. 給湯器の正しい使い方
  4. まとめ

1.風呂上りのかゆみの原因

風呂上りの原因はほとんどが“肌質”です。
人によって肌質は異なります。もともと普通肌よりも弱いお肌を持っている人は、敏感になっているものです。
風呂上りのかゆみの原因をきちんと把握しておけば、対策もできるでしょう。

1‐1.敏感肌・アトピー肌・乾燥肌はかゆみが出やすい

普通肌よりも肌質が弱い敏感肌・アトピー肌・乾燥肌は風呂上りにかゆみが出やすくなります。
お肌が乾燥しているほど、風呂上りにお肌のつっぱり感が出てくるのです。
しかし、きちんと正しく風呂に入っている人はかゆみが現れません。
主な原因は、「湿度の高さ」と「体の洗いすぎ」2点になります。当てはまる人も多いのではないのでしょうか。
熱風呂を好む人は多いですが、熱すぎるお湯は湿度が高くなってしまいます。
湿度が高すぎてしまうとお肌の“保湿成分”が逃げていってしまうのです。
湿度はもちろん、お湯の設定にも気をつけてください。
そして、体の洗いすぎはお肌に負荷をかけてしまいます。敏感肌・アトピー肌・乾燥肌は特にお肌への刺激は注意しなければなりません。

1‐2.“温熱じんましん”によるかゆみ

体が温まるとかゆみが出てくる人は多いでしょう。
風呂上りに出るかゆみは、“温熱じんましん”が原因になっている可能性が高いです。
温水・温風で体が温まって発生するじんましんになります。
温熱じんましんは普通肌の人でも発生するため注意しなければなりません。
特に、冷えた体から一気に熱い風呂に入ると発生しやすくなります。
温熱じんましんは放置するほど、全身に広がると言われているので注意してください。毎回風呂に入るたび腕や太ももがかゆくなる、かゆみが増す、暖房器具に近づけないなど当てはまる人は“温熱じんましん”の可能性が高いですよ。

1‐3.生活環境の乱れと過剰なストレス

風呂上りのかゆみは、生活習慣の乱れと過剰なストレスが原因の可能性が高いです。
最近、生活習慣やストレスを感じている人は生活を改める必要があります。
生活習慣の乱れはお肌のターンオーバーが弱くなってしまうため、敏感肌・乾燥肌・アトピー肌になりやすいのです。
生活習慣が乱れている人は、できるだけ早めに改善していきましょう。
規則正しい生活習慣は「睡眠」「食事」「運動」の3点セットが基本です。
そして、最近多いのが“ストレス”の影響になります。
ストレスは自律神経の乱れにつながるので注意しなければなりません。過剰なストレスを感じている人はかゆみが発生しやすくなっていますよ。

12