風呂上りのかゆみは何が原因?かゆみを抑える方法と対策とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風呂上りに“かゆみ”が出てくる人は注意が必要です。
かゆみを放置すればするほど、お肌の状態が悪化してしまいます。
かゆみを改善するためにも、「原因」を把握しなければなりません。
そこで、風呂上りのかゆみの原因やかゆみへの対策、給湯器の正しい使い方について説明します。
リラックス・リフレッシュする風呂だからこそ、かゆみの悩みを一緒に解決しましょう。

目次

  1. 風呂上りのかゆみの原因
  2. 風呂上りのかゆみへの対策
  3. 給湯器の正しい使い方
  4. まとめ

1.風呂上りのかゆみの原因

風呂上りの原因はほとんどが“肌質”です。
人によって肌質は異なります。もともと普通肌よりも弱いお肌を持っている人は、敏感になっているものです。
風呂上りのかゆみの原因をきちんと把握しておけば、対策もできるでしょう。

1‐1.敏感肌・アトピー肌・乾燥肌はかゆみが出やすい

普通肌よりも肌質が弱い敏感肌・アトピー肌・乾燥肌は風呂上りにかゆみが出やすくなります。
お肌が乾燥しているほど、風呂上りにお肌のつっぱり感が出てくるのです。
しかし、きちんと正しく風呂に入っている人はかゆみが現れません。
主な原因は、「湿度の高さ」と「体の洗いすぎ」2点になります。当てはまる人も多いのではないのでしょうか。
熱風呂を好む人は多いですが、熱すぎるお湯は湿度が高くなってしまいます。
湿度が高すぎてしまうとお肌の“保湿成分”が逃げていってしまうのです。
湿度はもちろん、お湯の設定にも気をつけてください。
そして、体の洗いすぎはお肌に負荷をかけてしまいます。敏感肌・アトピー肌・乾燥肌は特にお肌への刺激は注意しなければなりません。

1‐2.“温熱じんましん”によるかゆみ

体が温まるとかゆみが出てくる人は多いでしょう。
風呂上りに出るかゆみは、“温熱じんましん”が原因になっている可能性が高いです。
温水・温風で体が温まって発生するじんましんになります。
温熱じんましんは普通肌の人でも発生するため注意しなければなりません。
特に、冷えた体から一気に熱い風呂に入ると発生しやすくなります。
温熱じんましんは放置するほど、全身に広がると言われているので注意してください。毎回風呂に入るたび腕や太ももがかゆくなる、かゆみが増す、暖房器具に近づけないなど当てはまる人は“温熱じんましん”の可能性が高いですよ。

1‐3.生活環境の乱れと過剰なストレス

風呂上りのかゆみは、生活習慣の乱れと過剰なストレスが原因の可能性が高いです。
最近、生活習慣やストレスを感じている人は生活を改める必要があります。
生活習慣の乱れはお肌のターンオーバーが弱くなってしまうため、敏感肌・乾燥肌・アトピー肌になりやすいのです。
生活習慣が乱れている人は、できるだけ早めに改善していきましょう。
規則正しい生活習慣は「睡眠」「食事」「運動」の3点セットが基本です。
そして、最近多いのが“ストレス”の影響になります。
ストレスは自律神経の乱れにつながるので注意しなければなりません。過剰なストレスを感じている人はかゆみが発生しやすくなっていますよ。

2.風呂上りのかゆみへの対策

2‐1.お肌に潤いを与える

普通肌よりも敏感肌・乾燥肌・アトピー肌になっている人は、できるだけお肌に潤いを与えていきましょう。
お肌が普通の人よりも乾燥しやすくなっています。
乾燥をできるだけ防ぐことが大切ですよ。お肌に潤いを与えるためにも保湿ケアをしてくださいね。
特に、風呂上りは乾燥しやすくなります。
お肌の乾燥を防ぐために、風呂上りは“保湿クリーム”や“化粧水”などケアをしましょう。おすすめは“ボディークリーム”です。
ボディークリームはお肌の乾燥を防いでくれます。
しかし、刺激的な成分が入っているのはNGです。できるだけ低刺激タイプ、天然素材が入っているクリームを使いましょう。
もし、クリームを塗って異常が出た場合は使わないでくださいね。

2‐2.風呂の入り方を見直す

風呂の入り方を見直すこともかゆみ対策のポイントです。
風呂の入り方によっては、かゆみが悪化するので注意しなければなりません。
特に、毎日熱い風呂ばかり入っている人は要注意です。
熱い風呂は浴室の湿度が高くなってしまいます。体温も急上昇してしまうため、かゆみが余計に悪化するのです。
そこで、お湯の温度を38℃~40℃にしてください。
人にとって38℃~40℃が最適な温度だと言われています。
また、熱すぎるお湯は体に負担をかけてしまうのでおすすめできません。
長風呂もできるだけ避けてくださいね。
長風呂も熱風呂と同じく、体がダメージを受けます。10分~15分ほど入って、浴槽から体を出して休憩しましょう。
入浴→休憩→入浴を繰り返したほうが、体の芯から温まりますよ。

3.給湯器や設備の正しい使い方

3‐1.給湯器の設定温度を確認する

風呂上りにかゆみが発生するのはお湯の温度が熱くなりすぎている可能性があります。かゆみ対策をするためにも、給湯器の設定温度を確認してください。
設定温度と実際に出てくるお湯の温度が変わっている恐れもあります。
もし、設定温度と実際の温度が異なる場合、給湯器の点検をしたほうが良いでしょう。特に、長年給湯器を使っている人は正常に動いていない可能性が高いです。
給湯器を買い替える準備をしなければなりません。
また、給湯器の使い方によってお湯の温度が調整できないケースもあります。
間違った使い方をしている人ほど、給湯器が早く壊れてしまいがちです。
ずっと使い続けるためにも給湯器のメンテナンス・点検をしていきましょう。

3‐2.浴室暖房乾燥機を利用する

給湯器はもちろん、浴室設備にはさまざまな種類があります。
たとえば、「浴室暖房乾燥機」です。
浴室暖房乾燥機は浴室内の乾燥を防ぎ、湿度や浴室の温度を調整してくれます。
また、ミストサウナがついている浴室暖房乾燥機は人間のお肌に良い湿度を保ってくれるでしょう。
実際、風呂上りのかゆみが浴室暖房乾燥機の設置からなくなった人がいます。
代謝が向上すると同時に、お肌のターンオーバーも活性化したのでしょう。
よって、お肌に潤いが戻ったのです。
風呂上りのかゆみで悩んでいる人は、浴室に“浴室暖房乾燥機”を取りつけてみてはいかがでしょうか。
女性の悩みにありがちな“冷え性”も改善できるのでおすすめです。
取りつけるときに依頼する業者選びも大切なので気をつけてください。信頼できる業者を選びましょう。

4.まとめ

風呂上りのかゆみの原因や対策、給湯器や設備の正しい使い方について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
風呂上りのかゆみは人によって原因があるものです。
自分の原因をしっかり把握して解消するためにも改善していきましょう。
生活習慣やストレスも原因になっているので、日々の暮らしを見直すことも大切ですよ。

  • 敏感肌・アトピー肌・乾燥肌はかゆみが出やすい
  • “温熱じんましん”によるかゆみ
  • 生活習慣の乱れとストレス
  • お肌に潤いを与える
  • 風呂の入り方を見直す
  • 給湯器の設定温度を確認する
  • 浴室暖房乾燥機を利用する

以上のポイントは要チェックです。
浴室暖房乾燥機を取りつけることで、浴室の湿度や温度がほどよく調整できます。
かゆみと同時に冷え性も改善できるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
取りつけるときはできるだけさまざまな業者を比較してください。
業者によって安い費用で工事してくれますよ。
費用を比較しながら安心して依頼できる業者を選びましょう。