お湯クレンジングには美肌効果が!?正しいやり方と注意点について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

クレンジングは美肌を保つための大切なポイントです。
顔についている汚れや化粧をしっかり落とすことで、やっとお肌が呼吸できます。
ただし、クレンジングを間違ってしまえば本末転倒です。
正しいクレンジングができるように知識を身につけておきましょう。
そこで、お湯だけのクレンジング効果やお湯だけのクレンジング方法、クレンジングする際の注意点について説明します。
お肌をキレイにしたい、トラブルを防ぎたい人はぜひ参考にしてください。

  1. お湯だけのクレンジング効果
  2. お湯だけのクレンジング方法
  3. クレンジングする際の注意点
  4. まとめ

1.お湯だけのクレンジング効果

寝る前、起きたときにしっかりと洗顔しているでしょうか。
キレイなお肌を保ち続けている人ほど、クレンジングをしっかりしているものです。
これから、お湯だけのクレンジング効果について詳しく説明していきます。

1‐1.洗顔料やクレンジング料を使わないお湯だけのクレンジング

顔についている汚れを落とすために、「洗顔料」や「クレンジング料」を使っている人がほとんどでしょう。
お湯だけのクレンジングは市販で手に入る洗顔料・クレンジング料を一切使いません。実際、洗顔料・クレンジング料の刺激によってお肌が老化します。
刺激となるものを使わないお湯だけのクレンジングは、お肌にかかる負担が少ないのです。
基本的に、私たちのお肌にはおよそ0.2mmの表皮、バリア機能によって外部からの刺激を守っています。
バリア機能は必要な皮脂や水分でできるものです。
しかし、洗顔料・クレンジング料によって無駄な水分・油分が増えてしまいます。
結果、表皮を傷つけてバリア機能が低下するのです。
バリア機能を高めるためにも、お湯だけのクレンジングでお肌をキレイにしていきましょう。

1‐2.トラブル続きのニキビ肌からなめらかな肌になる

お湯だけのクレンジングによる美肌効果はたくさんあります。
たとえば、「ニキビ肌をなめらか肌へ改善すること」です。
ニキビ肌は皮脂の分泌量が多いと思うでしょう。
けれども、実際は乾燥肌から刺激肌になっています。
お肌に必要な水分・油分が足りていないため、お肌が乾燥してニキビが発生するのです。
わずかな刺激でもたちまちニキビができるトラブル肌と言えるでしょう。
お湯だけのクレンジングによって、無駄な刺激を与えずにスキンケアできます。
お湯だけのクレンジングに変えるだけでお肌の乾燥を抑えることができるでしょう。
皮脂の量が調節でき、なめらかで美しいお肌に改善できます。
べたつくお肌もさらさらお肌に変わるでしょう。

1‐3.しみの予防・改善につながる

毎日洗顔料やクレンジング料を使ってゴシゴシとお肌をこすっていませんか?
力をいれてクレンジングしたほうが汚れは落ちると思うでしょう。
しかし、実際は逆効果です。
毎日ゴシゴシとこすってクレンジングをすれば、刺激がお肌に蓄積していきます。
結果、洗顔の刺激によってしみがお肌にできてしまうのです。
刺激がたまればたまるほど色も濃くなってくるでしょう。
透明感のあるお肌を手に入れたいのなら、ゴシゴシとこするクレンジングはNGです。
お湯だけのクレンジングでしみの予防、改善をしていきましょう。

12