石油給湯器とエコフィールの違いとは?経済性や価格・エコを比較しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器にはさまざまな種類があります。
石油(灯油)をエネルギーとしている給湯器が「石油給湯器」です。
近年、熱効率が高い給湯器が続々登場しています。
石油給湯器の中でも熱効率を高めた新しいタイプが出てきました。
次世代の石油給湯器として登場した「エコフィール」と「石油給湯器」の違いやエコフィールの詳細、給湯器を選ぶ際の注意点について説明します。

目次

  1. エコフィールとは
  2. エコフィールと石油給湯器の違い
  3. 給湯器を選ぶ際の注意点
  4. まとめ

1.エコフィールとは

エコに注目した給湯器が登場しています。
石油給湯器でも次世代タイプとして登場したのが「エコフィール」です。
エコフィールとはどのような石油給湯器なのか、詳しく説明します。
自分の理想に合った給湯器を選ぶために知識を増やしてくださいね。

1‐1.排ガスの熱を再利用した石油給湯器

注目度が上昇している「エコフィール」は排ガスの熱を再利用した石油給湯器です。
基本、石油給湯器は石油(灯油)を利用しています。
エコ活動に関心が高まっている中、排ガスの熱を再利用するタイプの石油給湯器が登場したのです。
排ガスの中に入っている熱を再び回収して再利用している点が特徴になります。
石油給湯器はお湯を沸かすとき、温水機器の熱が発生しているのを知っているでしょうか?
沸かすときに発生する熱を再利用することで、省エネを再現しているのです。
エコフィールは従来の石油給湯器よりも進歩している種類と言えるでしょう。
省エネタイプを探している人にはおすすめの石油給湯器です。

1‐2.熱交換率が大幅にアップ

エコフィールの特徴は「熱交換率」にあります。
従来の石油給湯器は発生していた高温の排気を捨てていました。
しかし、エコフィールは捨てるはずの排気を再利用しているため、熱交換率がおよそ95%にまでアップしたのです。
従来の熱交換率はおよそ83%でした。従来に比べると、なんと12%も熱交換率が上がったのです。
また、排気温度も大幅に低下しました。従来の石油給湯器は排気温度がおよそ200℃まで上昇していましたが、再利用しているエコフィールはおよそ60℃になっています。140℃も温度が下がったのです。
エコフィールは以上のように、さまざまな特徴を持っています。

1‐3.エコフィールの熱利用は2回!

より詳しくエコフィールを知るために「お湯の流れ」を把握しておきましょう。
エコフィールの場合、水道からやってきた水は最初に“1次熱交換器”へ行きます。
1次熱交換器では1回目の熱利用が起こるのです。およそ1,500℃の熱で水を温めます。そして、およそ200℃まで上昇した熱を次の“2次熱交換器”で再利用するのです。
再利用する熱によって再びお湯を温めることになります。
以上のように2回の熱利用によってお湯が沸くのです。
結果、排気温度がおよそ60℃まで下がるため、少ないエネルギー消費量で沸かすことができます。
エコフィールは次世代石油給湯器と言えるでしょう。

12