給湯器の仕組みや原理とは? 買い替える前に知っておきたい5つのこと

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器の仕組みや原理について知らない人は多いと思います。生活の必需品ともいえる給湯器ですが、故障や使い勝手の悪さから交換を検討する場合もあるでしょう。最近はさまざまな種類の給湯器が登場しており、その仕組みや特徴・メリットなどはそれぞれ異なります。自分の家庭ではどのような給湯器が合っているのか、事前に考えておく必要があるのではないでしょうか。この記事では、給湯器の種類やそれぞれの仕組みなどをまとめてご紹介します。

  1. 給湯器とは?
  2. 給湯器の仕組みについて
  3. 電気給湯器やそのほかの給湯器の仕組み
  4. エコ給湯器について
  5. 給湯器に関するよくある質問

この記事を読むことで、どのような給湯器を選ぶべきか分かるはずです。交換や購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。


1.給湯器とは?

まずは、給湯器について解説します。

1-1.どんなものか?

水をお湯に換えて供給する機器が、給湯器です。台所に設置される小型の湯沸かし器とは区別して呼ばれ、主にガス・電気・灯油を熱源とした種類のものがあります。規模や機能などもさまざまで、住宅の構造や家族構成・ライフスタイルに合ったものを選ぶ必要があるでしょう。

1-2.種類について

給湯器の種類は、熱源やお湯を沸かすシステムの違いによっていくつかに分けられます。熱源がガスか電気か灯油かによる違い、お湯を沸かすシステムが貯湯式か瞬間式かの違いなどです。それぞれメリットとデメリットがあるため、自分の暮らしにとってベストなものを選んでください。

1-3.普及率と必要性

今やほとんどの家庭に給湯器が普及しています。私たちの生活に、お湯は欠かすことのできない存在です。そのお湯を作り出す給湯器は、なくてはならないものといえるでしょう。給湯器があれば、使いたいときにお湯を使うことができます。ただし、お湯を作り出す以外の機能については、何が必要かは家庭によって違いがあるはずです。ここ数年は、エコに特化した給湯器や、バスタイムを楽しむための機能がついた給湯器の普及がすすんでいます。