石油給湯器の取り付けは専門家にお任せ! 自分で交換する危険とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

灯油の価格が安定しないため、石油給湯器の導入を懸念される方が多いです。
実際、都市部ではガス給湯器が最も普及しています。ですが、今の石油給湯器には熱効率を高めた製品があり、灯油の消費量を抑えることも可能です。
そのため、石油給湯器を選ぶ方も一定数おり、構造を正しく理解しているからこそ自分で取り付けをおこなってしまう強者までいます。
ですが、ちょっと待ってください。
知識が豊富な方ならまだしも「自分で交換できるかも?」と安易に考えてしまうと危険が伴います。その理由を記事にまとめてみましたので、石油給湯器の基本情報を押さえながら、順を追って見ていきましょう。

  1. 石油給湯器について
  2. 石油給湯器の取り付けについて
  3. 石油給湯器の取り付け業者はどう選ぶ?
  4. 石油給湯器の取り付けにかかわるよくある質問
  5. まとめ

記事を読むことで、石油給湯器の仕組みを正しく理解することができます。取り付け・交換をおこなうには専門知識が必要であり、危険が伴うからこそ専門家がいるということを忘れてはいけません。


1.石油給湯器について

最初の項では石油給湯器の基本情報を押さえていきます。取り付け・交換をおこなうには欠かせない内容ですので、ぜひ目を通しておいてください。

1-1.石油給湯器とは

石油給湯器は、灯油を燃料とした給湯器です。
雪国でよく採用されることでも有名ですが、灯油を燃焼させることで水を温め、お湯を供給するのが基本となります。
タイプは「水道直圧式」と「セミ貯湯式(減圧式)」に分かれ、

  1. パイプを流れる水を熱してお湯にするのが直圧式(ガスの瞬間式と同じ原理です)
  2. 水道管を流れる水の勢いを弱め、給湯タンクに一定量を溜(た)めたお湯と混ぜて排出するのがセミ貯湯式

上記の2つが現行出回っている石油給湯器です。
なお、セミ貯湯式には圧力を高めた「高圧力型」があり、水道代が安く、勢いも直圧式と相違ないことから将来最も普及すると予測されています。

1-2.ほかとの違い

ガス給湯器・電気給湯器との違いは、第一に灯油を燃料とすることです。そのため、灯油の値段が光熱費に直接影響します。
また、ガス給湯器などは威力を号数で表しますが、石油給湯器の単位はキロカロリーです。「4万キロカロリーで4人家族」「3万キロカロリーで2人家族」が目安となります。

1-3.選び方について

まず石油給湯器は「平均で8~10年が寿命」ということを念頭に置いておいてください。
現在は初期費用の安い一般タイプとは別に、熱効率を高めたエコフィールタイプがあります。CO2排出量は13%ほどカットされ、初期費用は高くなりますが、灯油の消費を軽減することから「年間8000円ほど」のコストカットが可能です。
そのため、初期費用に余裕があるならエコフィールタイプがおすすめとなります。

2.石油給湯器の取り付けについて

この項では「石油給湯器は自分で取り付け可能か?」という本題に触れます。自力での交換を検討されている方は記事の内容をよく読み、自己責任で判断するようにしてください。

2-1.自分でできるか

石油給湯器は電気周りや配管の大きな工事が必要とされない場合、取り付け・交換に資格は必要ないとされ、多くの方がDIYをおこなっています。
ただ、素人が手を出し、なんらかの理由で火事になった場合には責任問題です。そのため、財団法人「日本石油燃焼機器保守協会」が定める「石油機器技術管理士」の資格を有していることが求められます。

  • 電気配線の工事が必要な場合は「電気工事士」の資格
  • ガス給湯器の設置には「ガス設備士」の資格

上記は給湯器の取り付けに必要とされる主な資格です。
お持ちの給湯器には取り付けにどのような工程が必要なのか調べ、検討してみてください。また、賃貸での交換には家主の許可が必要です。勝手におこなわないようにしましょう。

2-2.取り付け方法とは

一般的な取り付け方法(交換方法)は、

  • 古い給湯器・配管を外す
  • 新しい給湯器を設置し、配管をはめる

といったシンプルなものです。
ただ、給湯器が正常に稼働するよう機器を水平に保ち、水漏れがないか確認する必要があります。石油給湯器が屋外のタイプでしたら、むき出しの配管には凍結防止用の保温材を巻くことも忘れてはいけません。
また、石油給湯器は最初に点火するとき、油管に溜まった空気が抜けきるまで何度か火が点(つ)かない可能性があります。故障ではなく、何度か繰り返すうちに火が点くので安心してください。なお、不要となった古い給湯器は

  • 自治体に粗大ごみとして出す(地域によっては回収不可)
  • 契約しているガス会社などに連絡し、引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する

といった処分方法があります。

2-3.業者へ依頼する場合

石油給湯器も、取り付け・交換は専門家に任せるのが一番確実かと思います。
有資格者および専門知識を持っている業者が工事に当たってくれますので、不測の事態にも的確に対応可能です。
工事の流れは、上記で述べた取り付け方法と大差ありません。とはいえ、迅速に作業を終えてくれますので、そういった安心感は専門業者ならではともいえます。
肝心な価格ですが、

  • 給湯器の値段
  • 工事費用
  • そのほか(配管の延長が必要な場合など)

上記が一般的に必要とされる費用の項目です。工事費だけですと「3万~4万円前後」が相場となります。
注意点として、取り付けに必要となる追加工事があった場合も業者は滞りなく対応してくれますが、追加料金がかかることは覚えておいてください。見積もりの段階できちんと確認しておくことで、突発的な出費は防ぐことができます。

3.石油給湯器の取り付け業者はどう選ぶ?

前項で取り付けにかかる費用で最も高いのは「石油給湯器自体」であると解説しました。工事費は3~4万円で済みます。専門業者に頼むか否か、この項をぜひ参考にしてください。

3-1.業者を選ぶポイント

石油給湯器の取り付け・交換は、「販売元のメーカーが提携している業者」あるいは「給湯器の取り付けを専門におこなっている業者」の2つから選ぶことになります。
HPの会社概要などに、資格・工事の流れ・アフターサービスの有無が掲載されているので、サービス内容を確認してみてください。
そのほか、複数の業者に見積もりを依頼することで、標準的な相場を知ることが可能となります。1社で決定してしまうと、後々になって「こっちの方が安かった」という事態になりかねませんので、ちょっとの手間を惜しまないようにしましょう。

3-2.見積もりについて

石油給湯器に限らず、給湯器の取り付けに携わる業者では、基本的に見積もりを無料でおこなっています。電話またはHPの問い合わせフォームから依頼するのが一般的でしょう。
また、何かわからないことがあるときは、ためらわずに尋ねてみてください。その応対で業者の良し悪(あ)しを判断することもできます。

3-3.トラブル対応

専門業者ごとに独自のサービス・対応エリアを展開しています。
たとえば、弊社では全国どこからでも修理の依頼を承っておりますので、参考までにHPをご覧ください。
なお、緊急・お急ぎの場合はメーカーに問い合わせることをおすすめします。

3-4.アフターフォロー

トラブル対応と同様、専門業者ごとに独自のサービスを展開しています。
こちらも参考までに弊社のアフターサービスをご覧ください。前述しましたが、石油給湯器は8年~10年が寿命とされています。つまり、仮に保証期間が5年ですと、まず壊れることはありません。そうした見落としがちなところを注意してみてください。
なお、弊社は10年保証を提供しています。一部条件はありますが、発生した不具合には迅速な対応が可能です。

3-5.相談窓口

HPに記載されている電話番号などから、

  • 商品購入のアドバイス
  • 自宅に設置可能か否か

などさまざまな相談に乗ることが可能です。
お困りの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

3-6.注意点

専門業者の中には利益第一という首を傾(かし)げてしまうところもあります。

  • 家族構成も聞かずに高い石油給湯器をおすすめしてくる
  • 石油給湯器を値引きしてくれたが、かなり古いタイプ

上記の傾向がある場合は、気を付けてください。在庫処分の可能性も否めませんし、利用者を考慮せずに商品をおすすめするのは専門家としてあり得ません。
また、給湯器は毎日使うものです。お客様のことを考えない業者の工事には不安がありますし、緊急時にちゃんと対応してくれるのか怪しいものでしょう。見積もりのときなど、説明をきちんとしてくれるか注目してみてください。

4.石油給湯器の取り付けにかかわるよくある質問

この項ではインターネットを介して寄せられるお問い合わせ内容をまとめてみました。石油給湯器の取り付けについてお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q.メーカーに給湯器の交換を依頼する方が間違いないでしょうか?
A.実際に工事をおこなうのはメーカーが契約している工事業者です。とはいえ、販売元の折り紙付きですので、技術は確かでしょう。ただ、基本的には自社の製品に限るので、他社の製品を交換する場合は利用できません。

Q.自分で交換すると爆発とかしないですか?
A.ガス給湯器から石油給湯器に交換する場合は「ない」と断言できません。
もちろん、ガス給湯器を扱う場合は国家資格が必要です。しかし、インターネットを見ると自分で取り付け・交換をおこなっている方がいます。知識を持っているならまだよいのですが、なんにせよ危険が伴いますので、素人の方はどうか専門家に依頼してください。
すべて自己責任です。
万が一、隣家に被害を与えたときのことを考え、判断してください。

Q.石油給湯器の取り付けに来る業者って、実際どんな人なの?
A.業者によって異なりますが、弊社ではお客様の信用を得るため作業員の態度・言葉遣いなどを教育し、「工事の人」ではなく「専門家」として訪問いたします。
弊社のHPにお客様の声を掲載していますので、よろしければご覧ください。

Q.急にお湯が出なくなったとき、すぐに対応してもらえますか?
A.もちろん、対応可能です。ただ、お湯が出ない=故障とは断言できません。修理や交換を検討される前にエラーコードを確認してみてください。取扱説明書に改善方法が記載されています。簡単な操作で復旧する可能性もありますので、試してみる価値ありです。

Q.飛び込みで来た給湯器の業者はやめた方がいいでしょうか?
A.訪問販売ということですね。まずは業者が優良なのか否かを判断するためにも、即座に契約することは避けてください。そもそも、本当に給湯器の販売員かどうか怪しいものです。業者の社名をインターネットで調べるなど、冷静に対応しましょう。
あまりにもしつこい場合は名刺をもらって断り、必要になったら後日連絡する旨を伝えてください。

5.まとめ

最後まで記事を読んでいただき、誠にありがとうございます。
石油給湯器の取り付け・交換について、悩みは解消されたでしょうか?
「それでも自分でおこなう!」という方は、もう一度費用を振り返ってみてください。石油給湯器の値段は変わらないとして、工事費は3万~4万円です。安い値段ではありませんが、自分でやる際には工具が必要だということを忘れてはいけません。
お持ちの方は問題ありませんが、ステンレスカッターなどを購入すると3000円前後する場合もあります。工具類をそろえることをかんがみ、工事費から価格を引いていくと、いくら残るか計算してみてください。
手間がかかることも考慮すると、あるいは専門業者に依頼するのと大差ないかと思います。