石油給湯器の取り付けは専門家にお任せ! 自分で交換する危険とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

灯油の価格が安定しないため、石油給湯器の導入を懸念される方が多いです。
実際、都市部ではガス給湯器が最も普及しています。ですが、今の石油給湯器には熱効率を高めた製品があり、灯油の消費量を抑えることも可能です。
そのため、石油給湯器を選ぶ方も一定数おり、構造を正しく理解しているからこそ自分で取り付けをおこなってしまう強者までいます。
ですが、ちょっと待ってください。
知識が豊富な方ならまだしも「自分で交換できるかも?」と安易に考えてしまうと危険が伴います。その理由を記事にまとめてみましたので、石油給湯器の基本情報を押さえながら、順を追って見ていきましょう。

  1. 石油給湯器について
  2. 石油給湯器の取り付けについて
  3. 石油給湯器の取り付け業者はどう選ぶ?
  4. 石油給湯器の取り付けにかかわるよくある質問
  5. まとめ

記事を読むことで、石油給湯器の仕組みを正しく理解することができます。取り付け・交換をおこなうには専門知識が必要であり、危険が伴うからこそ専門家がいるということを忘れてはいけません。


1.石油給湯器について

最初の項では石油給湯器の基本情報を押さえていきます。取り付け・交換をおこなうには欠かせない内容ですので、ぜひ目を通しておいてください。

1-1.石油給湯器とは

石油給湯器は、灯油を燃料とした給湯器です。
雪国でよく採用されることでも有名ですが、灯油を燃焼させることで水を温め、お湯を供給するのが基本となります。
タイプは「水道直圧式」と「セミ貯湯式(減圧式)」に分かれ、

  1. パイプを流れる水を熱してお湯にするのが直圧式(ガスの瞬間式と同じ原理です)
  2. 水道管を流れる水の勢いを弱め、給湯タンクに一定量を溜(た)めたお湯と混ぜて排出するのがセミ貯湯式

上記の2つが現行出回っている石油給湯器です。
なお、セミ貯湯式には圧力を高めた「高圧力型」があり、水道代が安く、勢いも直圧式と相違ないことから将来最も普及すると予測されています。

1-2.ほかとの違い

ガス給湯器・電気給湯器との違いは、第一に灯油を燃料とすることです。そのため、灯油の値段が光熱費に直接影響します。
また、ガス給湯器などは威力を号数で表しますが、石油給湯器の単位はキロカロリーです。「4万キロカロリーで4人家族」「3万キロカロリーで2人家族」が目安となります。

1-3.選び方について

まず石油給湯器は「平均で8~10年が寿命」ということを念頭に置いておいてください。
現在は初期費用の安い一般タイプとは別に、熱効率を高めたエコフィールタイプがあります。CO2排出量は13%ほどカットされ、初期費用は高くなりますが、灯油の消費を軽減することから「年間8000円ほど」のコストカットが可能です。
そのため、初期費用に余裕があるならエコフィールタイプがおすすめとなります。

12