給湯設備って何?給湯器の種類や耐用年数・業者の選び方など解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「どの給湯設備を選べば良いのかわからない」と、給湯設備選びで悩んでいる人は多いでしょう。近頃はエコキュートやエコジョーズなど省エネ・エコに特化した給湯器も登場しています。ライフスタイルや家族人数に合った給湯器を選ぶためにも、給湯器について必要な情報を把握することが大切です。そこで、これから給湯設備とは何なのか・給湯設備の種類・主なメーカー・エコ給湯器など詳しく説明します。

  1. 給湯設備とは
  2. 家庭用のお風呂給湯設備の種類
  3. 家庭用給湯器の主なメーカー
  4. 最近人気のエコ給湯器とは
  5. 給湯設備・給湯器の耐用年数について
  6. 給湯設備業者の選び方
  7. 給湯設備にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、給湯設備選びに必要な知識と情報を知ることができます。そして、家庭環境に合った給湯設備を選びましょう。


1.給湯設備とは

お湯を沸かすために必要な機器が「給湯設備」です。適した給湯設備を選ぶために、給湯設備の定義や種類・方式や加熱装置の違いなどチェックしておきましょう。

1‐1.給湯設備の定義

給湯設備は「お風呂や暖房設備・洗面台などにお湯を供給するための設備」です。お湯を使うためには給湯設備が必要になります。給湯設備が壊れてしまえばお湯が使えなくなるでしょう。急な故障を防ぐためにも、種類の特徴や方式・加熱装置の違いを把握しておかなければなりません。

1‐2.給湯設備の種類

給湯設備には、「方式」「加熱装置」「給湯方式」など種類が細かくわかれています。どんな種類があるのかきちんと把握しておかなければ、適した給湯設備が選べません。

1‐2-1.方式の違い

方式の違いとしては「局所方式」と「中央方式」の2種類があります。局所方式は給湯が必要な場所に小型の湯沸かし器を分散配置する方式です。主に、飲み水としてのお湯に使用されます。お湯を循環させるのではなく、一方向で供給する仕組みです。そして、もう1つの中央方式は大容量の熱源設備と供給用ポンプを設置します。大量の供給が必要な宿泊施設や工場で使用されることが多いです。

1‐2-2.加熱装置の違い

加熱装置の違いには「直接加熱方式」と「間接加熱方式」があります。直接加熱方式は使用する量に適したお湯を一定温度で加熱する方法です。給湯機器の中にためている水を直接的に加熱します。一方、間接加熱方式は加熱コイルを内蔵させた貯湯槽で間接的に加熱する方式です。熱源は温水になります。間接的か直接的かどうかで加熱装置が異なるのです。

1‐2-3.給湯方式

ガス給湯器には「瞬間式」と「貯湯式」の2つがあります。瞬間式は給湯の内部に備わっている金属パイプに水が流れ、瞬間にガスが金属パイプを温める方法です。よって、瞬間的にお湯を出すことができます。一方、貯湯式は一定の温度を保ったお湯が貯湯タンクに入っており必要なときにお湯を出す方式です。水の入ったやかんを温める原理と同じになります。