【必見】追い焚きで入浴剤は使用不可?循環式の浴槽で注意することは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

追い焚き機能付きの風呂は、お湯が冷めても再度温めることができるのでとても便利です。特に冬場や家族の人数が多い家庭では、重宝しますよね。しかし、追い焚き機能付きであるために、入浴剤の使用を控えていることでしょう。入浴剤を使いたくても、風呂がまを傷める恐れがあるとなれば戸惑ってしまうものです。そこで、今回は、追い焚きで入浴剤を使用することについて詳しく解説します。

  1. 追い焚きと入浴剤について
  2. 追い焚きと入浴剤の関係を学ぼう
  3. 追い焚き機能付きの風呂で入浴剤を使用する場合
  4. 給湯器の修理や交換について
  5. 追い焚きと入浴剤にかんするよくある質問

この記事を読むことで、追い焚きと入浴剤の関係を理解し、安全に使用できるようになります。入浴剤を使うリスクがわかれば、安全に使用することが可能です。まずは、記事を最後まで読んで必要な知識を身に付けてくださいね。


1.追い焚きと入浴剤について

最初に、追い焚きと入浴剤について基本を押さえておきましょう。それぞれの概要と魅力について解説します。

1-1.追い焚き機能とは

追い焚き機能とは、ひとたび沸かしたお湯を再度熱源に循環させて温める機能のことです。通常、給湯器で沸かしたお湯は、バスタブに入れた途端に冷めていきます。湯を張ってすぐに入っても、時間が経過するとぬるくなるのが欠点です。そこで、追い焚き機能が役に立ちます。なお、湯の温度調整のために新しいお湯を足すことを追い焚きと区別して、「足し湯」と呼ぶことがあるので覚えておきましょう。

1-2.入浴剤とは

入浴剤とは、バスタブの湯に溶かして香りや色合い・効能を楽しむことができるものです。顆粒(かりゅう)イプ・固形タイプ・オイルタイプなど、さまざまな形状があります。入浴剤を入れたお湯につかることで、血行促進や皮膚病の改善・リラックス効果などを得ることができ、多くの人が愛用中です。中には、有名温泉と同様の成分を再現したものや、中からおもちゃが登場するものもあり、バラエティーに富んでいます。入浴剤は、入浴タイムを楽しむためにも必要なものです。