【必見】給湯器の配管を知りたい人へ! 後悔しないコツを徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器は、いつでもお湯を使うことができ、快適な暮らしを実現してくれるものです。お風呂やキッチンなどでお湯を使うシーンも多く、給湯器なしではたちまち不便になることでしょう。給湯器の配管を正しく行うことは、安心して使用し続けるためにも必要不可欠といえます。そこで、今回は、給湯器の配管について詳しく解説しましょう。

  1. 給湯器について
  2. 給湯器の配管について
  3. 給湯器の配管工事について
  4. 給湯器の配管工事と取り付けについて
  5. 給湯器の配管に関するよくある質問

この記事を読むことで、給湯器の配管について詳しい知識が身に付き、実際に工事を依頼するときに役立ちます。信頼できる業者の選び方もわかり、後悔することもありません。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


1.給湯器について

最初に、給湯器についての基本を解説します。どんな種類やメーカーがあるかだけでなく、最近の傾向も学びましょう。

1-1.給湯器とは?

給湯器とは、水をお湯に換えて供給するための機器のことです。キッチンや風呂場・洗面所など、お湯をいつでも好きなだけ使うことができます。快適な暮らしを実現するためにも、給湯器は重要な役目を持っているといえるでしょう。特に、冬場は、給湯器のありがたさを感じる季節です。

1-2.給湯器の種類について

給湯器にも、使用する燃料の違いによってさまざまな種類があります。主なものにかんしては、以下を参考にしてください。

1-2-1.電気給湯器

お湯を電気の力でわかす給湯器です。稼働時に不完全燃焼を起こすことがなく、一酸化炭素中毒の心配が無用で、空気もキレイなことが特徴となります。また、動作音がほかの給湯器と比べて静かなこともメリットです。反面、給湯器とは別に貯水タンクを設置する必要があるなどのデメリットもあります。

1-2-2.ガス給湯器

ガスを燃料として、湯をわかすタイプの給湯器で根強い人気があります。電気給湯器に比べてパワフルなことが特徴であり、大容量の給湯器で多く採用している方式です。貯湯(ちょとう)式と瞬間湯沸かし式があり、風呂などの用途には貯湯(ちょとう)式が主流となります。いつでも気軽にお湯を使いたい人には、コストや機能のバランスを考え、ガス給湯器がおすすめです。

1-2-3.石油給湯器

石油給湯器は、石油を燃料として湯を沸かすタイプです。電気給湯器やガス給湯器と比べて大量のお湯を安価に沸かすことができるため、大規模な施設や寒冷地に適しています。ただし、燃料タンクの設置が必要な点と燃料の補給を手動で行う点がデメリットです。

1-3.給湯器の主なメーカーについて

給湯器の主なメーカーとしては、以下のようなところがあります。給湯器を購入するときは、メーカーのブランドイメージだけでなく機器の品質や使い勝手を十分に考えて選びましょう。

  • リンナイ
  • コロナ
  • ノーリツ
  • パーパス
  • パロマ
  • 三菱
  • パナソニック

1-4.給湯器に関する最近の傾向

給湯器は、年々高機能化しています。単なる給湯機能だけでなく、自動給湯や保温などを兼ね備えたものが増えているのです。また、全体的に省エネ設計が進んでおり、光熱費が安い夜間に沸かすことができるタイプに人気が高まっています。さらに、家族の少人数化や住宅事情を考え、コンパクトタイプの需要も増えているのが最近の特徴です。