月別アーカイブ 2016年3月

りんご風呂の効能を知ろう!健康だけでなく美容にもよいって本当?

りんご風呂の効能についてご存じですか?
りんごを入浴剤の変わりとして使う方法であり、その美容効果は女性の間で注目を集めています。
りんごは安く手に入りやすいため、家庭でも気軽にできる美容・健康法と言えるでしょう。
正しいりんご風呂の作り方や効能についてまとめてみました。

  • りんご風呂に興味がある
  • 肌にどのような効果があるのか?
  • 皮ごと浮かべてもよいのか?

そんな人はぜひ参考にしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

今話題の塩風呂の効果はどう?塩風呂のやり方や入浴法を詳しく紹介!

今話題の塩風呂の効果は、どのようなものなのでしょうか。
この記事では、塩風呂の効果や、やり方・入浴法について詳しく解説します。

  1. 塩風呂の効果はどんな感じ?
  2. 塩風呂のやり方をご紹介!
  3. 塩風呂の入浴法を解説!
  4. 塩風呂の注意点は?
  5. まとめ

自宅で塩風呂を行うときに、参考になる情報がたくさんありますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

朝シャンにはメリットがいっぱい! 薄毛に湯シャンで対策

朝にシャンプーする朝シャンは1980年代後半に知名度が高まり、今ではすっかり定着しました。毎日朝シャンをしているという人も多いことでしょう。その一方で、「朝シャンは髪に負担がかかりすぎてよくない」という説もあり、「朝シャンをしていいかどうか迷っている」という人もいると思います。

そこで今回は、朝シャンのメリットとデメリット、髪に負担がかからない洗い方を解説しましょう。

  1. 朝シャンする人は多い?
  2. 朝シャンのメリット
  3. 朝シャンのデメリット
  4. 薄毛が気になる人におすすめの「湯シャン」
  5. まとめ

この記事を読めば、髪を守りつつシャンプーをする方法がよく分かります。朝シャンをやりたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

バスタイムの上手な過ごし方!お風呂の時間を有効活用しよう!

お風呂文化が根強い日本では、バスタイムは非常に需要な時間です。お風呂の楽しみ方には、『アロマや入浴剤で入浴を楽しむ』『音楽でリラックスする』など多くの方法があります。バスタイムを有効活用して過ごすことは、ストレスの多い現在社会では非常に重要な癒(い)やしといえるでしょう。お風呂を快適なリラックスタイムに変える方法と、お風呂で得られる心理効果などについて、詳しくご紹介しましょう。

  1. お風呂を安全なリラックスタイムにしよう!
  2. バスタイムの注意事項!上手なお風呂の入り方
  3. 上手なバスタイムの過ごし方
  4. 美容に効果的な入浴方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂上がりにやるべきお肌の手入れ方法!正しいスキンケアはコレ!

お風呂上がりにどんな手入れを行うかで肌の状態は変わっていきます。
女性は30代を過ぎると肌の劣化が著しくすすむため、20代のうちからきちんとスキンケアをしておく必要があるでしょう。
「乾燥が気になる」「美肌を手に入れたい」という人は、入浴後の保湿をしっかり行い、いつまでも美しい肌を維持しましょう。

  • 入浴後のスキンケア方法を詳しく知りたい
  • 入浴後のスキンケアを怠るとどうなるのか?
  • 化粧水選びのポイントとは?

そんな女性たちの悩みにお答えします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

体を洗う順番で性格や心理状態が分かるかも!?あなたはどんな性格?

入浴は毎日するという方は多いですが、お風呂の中ですることは人によって微妙に異なります。
最初に髪や体を洗ってから入浴する人もいれば、まずは湯船につかってから体を洗う人もいるでしょう。
さらに、洗い始める部位にも差があるのです。
実は、体を洗う順番である程度その人の性格が把握できるといわれています。
今回は、体を洗う順番で分かる心理や性格についてご紹介しましょう。
友人や恋人、それに家族の意外な一面が分かるかもしれませんよ。

  1. 入浴のマイルールは意外と細かい?
  2. 体を洗う順番で分かる性格とは?
  3. 体を洗う順番に正しいものはあるの?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

生理中のお風呂は大丈夫?生理中も安心・安全なお風呂の入り方を解説

生理中は、体を清潔に保(たも)ちたいだけでなく気分もさっぱりしたいもの。
今回は、生理中のお風呂の入り方について、ポイントや注意点をまとめてみました。

  1. 生理中はお風呂に入った方がいい?その理由は?
  2. 生理中の上手(じょうず)なお風呂の入り方
  3. 生理中にお風呂に入らない方が良い場合
  4. まとめ

生理中のお風呂って大丈夫?

生理中のお風呂の入り方を知りたい人は、ぜひ読んでくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

熱い風呂は健康によい?悪い?正しい入浴方法とは

1日の終わりにお風呂にゆっくりつかる。これを楽しみにしている方も多いでしょう。
日本人は、世界でも有数のお風呂が好きな民族だそうです。
さて、お風呂といえば熱めが好きな人とぬるめが好きな人がいます。
今回は、熱い風呂の健康効果についてご紹介しましょう。
昔から、お風呂の温度はやや熱めが好まれてきました。
しかし、現在では熱いお風呂は健康によくない、という意見もあります。
それはいったいなぜでしょうか?
答えは、この記事を読めば分かりますよ。

  1. 入浴の健康効果とは?
  2. お風呂の温度が体に与える影響とは?
  3. 熱いお風呂に健康的に入る方法とは?
  4. スーパー銭湯での注意点
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

必見! 浴室の嫌な臭いをとるコツとは!

バスタイムは、身体や心の緊張感を解きほぐし、1日の疲れを癒(い)やしてくれるもの。最近では、半身浴による血行不良の改善など、健康面からも注目されています。
気持ち良い時間を過ごすためにも、浴室の清潔は常に心がけたいところですよね。
しかし、お風呂場は、水蒸気により湿気がたまりやすく、カビができやすいのが難点。放っておけば、カビ菌が繁殖して、臭いを発生することもあるでしょう。
そこで、この記事では、浴室が臭くなる原因とその対処法について解説していきます。

  1. お風呂の臭いの原因は?
  2. 臭いの元を断つ!その対処法とは?
  3. 浴室のキレイをキープ!悪臭予防対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

温熱蕁麻疹の症状は? 原因や対処法・予防のポイントを詳しく解説

運動をした後や入浴した後に皮膚がにかゆみや湿疹が出る。このような症状でお悩みの場合、熱湯蕁麻疹の可能性があります。頻繁にかゆみや湿疹が出るのをそのままにしておくと、皮膚に負担がかかって肌荒れの原因になるかもしれません。肌の状態を健康に保つためにも正しく対処することが大切です。

そこで今回は、熱湯蕁麻疹の症状や原因、対処・予防方法を解説します。

  1. 蕁麻疹とは?
  2. 温熱蕁麻疹が出やすいのはどんなとき?
  3. ​温熱蕁麻疹の原因は?
  4. 発症しやすいのはどんな人?
  5. 温熱蕁麻疹の問題点は?
  6. 温熱蕁麻疹の対処法

この記事を読めば、急激な温度変化から皮膚を守る方法がよく分かります。運動や入浴の後にかゆみや湿疹が出て悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
1 2 次へ