お風呂の残り湯を洗濯に使う場合の注意点とは?衛生面は大丈夫?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂の残り湯を洗濯に使う、ということはかつて当たり前に行われてきたことでした。
しかし、清潔志向が高まった現在では「雑菌が気になる」「清潔になった気がしない」という意見もあります。
そこで、今回は風呂の残り湯を洗濯に使った場合の効果や衛生さ、さらに注意点などをご紹介しましょう。
よほど大人数が入浴しない限り、お風呂のお湯が濁るほど汚れる、ということはありません。
しかし、洗い方によっては臭いが気になることもあるのです。
この記事を読んで、ぜひ残り湯を有効活用しましょう。

  1. 残り湯で洗濯をするメリットとは?
  2. 残り湯で洗濯するのは抵抗がある方も多い?
  3. 残り湯で洗濯する際に気をつけることとは?
  4. ​お風呂の残り湯は掃除にも使おう
  5. おわりに

1.残り湯で洗濯をするメリットとは?

浴槽にお湯をためると、小さいものでも200リットルは入ります。
家族の人数が多いほど使う水の量も多くなるでしょう。
また、今の日本で暮らしていれば土木作業などをしていない限り、入浴したらお湯が真っ黒になるということもありません。
日本の入浴は、浴槽の外でかけ湯をして体を洗い、それからお湯につかります。
そのため、浴槽のお湯は比較的清潔にたもたれているでしょう。
また、核家族化が進んだ現在では、家族の人数も減っています。
ですから、家族全員が入浴したとしてもお風呂のお湯はきれいに見えるでしょう。
それをそのまま流してしまえば、排水になるだけです。
一方、洗濯も今は全自動のものがほとんどでしょう。
1回の洗濯につき洗いとすすぎを含めて100リットル近くの水を使います。
つまり、毎日浴槽にお湯をためて洗濯をした場合、1日つき300リットル近くの水を使うのです。
これでは水道料金もバカになりません。
ですが、残り湯で洗濯した場合50リットル~80リットルの水を再利用できます。
つまり、水道の使用量を大幅に節約できるでしょう。
また、下水道に流す水がそれだけ少なくなれば、環境保護にもなります。
さらに、お風呂のお湯は翌日の朝くらいまでなら、ぬくもりが残っていることが多いでしょう。
洗濯物の汚れの多くが皮脂汚れ。
つまり、油です。
油は水よりもお湯で落ちやすいことは、皿洗いをしたことがある方ならばお分かりいただけるでしょう。
つまり、お風呂の残り湯で洗濯をした方がより汚れが落ちやすいのです。

12