これで解決! 給湯器が故障したときの原因と修理

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガス給湯器などでは冬場になって急にお湯が出なくなることがあります。故障だと思って業者に修理を依頼してみると自分でも直せるような故障だったりするものです。
また、自分では全く歯が立たない故障に手を出して修理代が大幅にかさむことも考えられます。給湯器の故障は事前に知っておかないと損をするだけでなく事故につながることもあるのです。
この記事では給湯器に関する故障の原因と修理に関してまとめました。

目次

  1. 給湯器故障の原因
  2. 給湯器を修理する方法
  3. 故障別の修理方法
  4. 業者を選ぶ注意点
  5. まとめ

1.給湯器故障の原因

給湯器が故障するにもさまざまな原因があります。この項目で原因を知っておきましょう。

1-1.使い続けることで起こる劣化

給湯器は10年使い続けると寿命が来るとされています。給湯器が使えたとしてもリモコンが先にダメとなってしまうことも考えられるでしょう。
部分的な場合は自分で修理したほうが修理代を安くすることができます。しかし、長年使っているものであれば買い替えたほうが総合的に安くなることを知っておきましょう。

1-2.手入れが行き届いてない

給湯器が外(そと)に備え付けられている人は掃除をこまめにしていますか。給湯器にごみやほこりがたくさん付くことで不具合が発生することがあるのです。
また、掃除は給湯器を長持ちできるポイント。しっかりと掃除をして故障しないようにしましょう。

1-3.機器の接触不良

暴風や動物などによるいたずらで機器の接触が悪くなることが考えられます。ちょっとした振動でも給湯器に支障が出ることもあるので注意しましょう。
コードが外れているぐらいであれば自分で直すことができます。また、リモコン上にエラーコードが出ることもあるのでどういったエラーなのか確認しましょう。

12