温熱蕁麻疹とは?症状や原因、対処法をご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

温熱蕁麻疹とはあまり聞きなれない病名ですが、皮膚が急速に温まったときに出る発疹やかゆみのことです。
運動をしたり入浴したりした後、急に皮膚が赤くなったり強いかゆみが出る方は、温熱蕁麻疹の可能性が高いでしょう。
今回は温熱蕁麻疹の症状や原因、さらに対処法などをご紹介します。
温熱蕁麻疹は一過性のものですから、かゆみや赤みが長引くことはありません。
しかし、症状がしょっちゅう出る場合は対処が必要です。
最近入浴後などに体がかゆくなるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 蕁麻疹とは?
  2. 温熱蕁麻疹が出やすいときとは?
  3. ​温熱蕁麻疹の原因と発症しやすい人とは?
  4. 温熱蕁麻疹の問題点とは?
  5. 温熱蕁麻疹の対処法
  6. おわりに

1.蕁麻疹とは?

蕁麻疹とは、皮膚に現れる一過性の赤みや発疹、かゆみなどの総称です。
蕁麻疹が出る原因はいろいろありますが、温度変化によるものとアレルギー性のものが多いでしょう。
たとえば、ゴムにアレルギーがあった場合はゴムに触れると赤くかぶれたりすることがあります。
これも、蕁麻疹の一種でしょう。
通常の炎症との違いは、原因が取りのぞかれれば蕁麻疹は速やかに消えます。
温熱蕁麻疹の場合は、肌の熱が引けばかゆみや発疹も治まるでしょう。
ですから、それほど深刻な事態になりにくい反面、なかなか皮膚科に行かずに症状が改善しないというケースもあります。