お風呂上がりにやるべきお肌の手入れ方法!正しいスキンケアはコレ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂上がりにどんな手入れを行うかで肌の状態は変わっていきます。
女性は30代を過ぎると肌の劣化が著しくすすむため、20代のうちからきちんとスキンケアをしておく必要があるでしょう。
「乾燥が気になる」「美肌を手に入れたい」という人は、入浴後の保湿をしっかり行い、いつまでも美しい肌を維持しましょう。

  • 入浴後のスキンケア方法を詳しく知りたい
  • 入浴後のスキンケアを怠るとどうなるのか?
  • 化粧水選びのポイントとは?

そんな女性たちの悩みにお答えします。


1.肌が衰えていく仕組み

まずは、肌が衰えていく仕組みについてご紹介します。
なぜ年齢を重ねると肌は老化していくのか、その原因を考えてみましょう。

1-1.肌トラブルが起こる仕組み

現代人には、乾燥肌や敏感肌、肌荒れなどの肌トラブルに悩む人が増えています。
肌荒れの原因や要因となるものが、普段何気なく過ごしている生活の中にはたくさんあるのです。
肌には大きく分けて「表皮」と「真皮」があります。
表皮の一番上には皮脂層があり、次に角質層があるのです。
この2つの層が肌をダニやハウスダスト、化学物質、異物など外界の刺激やアレルゲンから守るバリアのような役割を果たしています。
この肌を守る「肌バリア機能」が傷ついて壊れたり薄くなったりすると肌トラブルが起こりやすくなるのです。

1-2.乾燥肌の仕組み

肌トラブルの中でも、乾燥肌に悩む人は特に多いでしょう。
健康な肌の条件とは、潤い、なめらかさ、ハリ、弾力、血色がよい状態を言います。
しかし、20~25歳くらいをピークにして肌の水分は減少し、新陳代謝が衰えていくのです。
つまり、加齢とともに「健康な肌」の状態がだんだんと失われていく、ということになります。
ただし、同じ年齢でも乾燥肌の人とそうでない人がいるでしょう。
その理由は、生活習慣の違いにあります。
肌が健康な人は、何もしなくてもその状態を保(たも)てているわけではないのです。

1-3.肌トラブル悪化要因

私たちが日ごろ送っている生活習慣の中には、肌トラブルの原因になるものがたくさんあります。
たとえば、食事もそうでしょう。
私たちの体は細胞でできています。
全身の細胞が正常な機能を維持するためには、ビタミンやミネラル、アミノ酸、油が必要なのです。
偏った食生活によってこういった成分が不足しバランスが崩れるとどうなるでしょうか。
細胞が正常に働きにくくなり、肌の細胞も健康を保つことができなくなってしまうのです。
そのほかにも、紫外線の影響や肌に刺激が強すぎる化粧品の使用、睡眠不足、ストレスなどが肌トラブルの原因になることもあるでしょう。

12