エコ給湯器の魅力を徹底解説!メリットや選び方は?寿命は何年?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器の交換を検討しているなら、エコ給湯器の導入をおすすめします。エコ給湯器とは空気中の熱を利用してお湯を沸かす給湯器のこと。「エコキュート」や「エコジョーズ」という商品名で各メーカーから発売されているのはご存じだと思います。中でも「エコキュート」はテレビCMなどでも紹介されており、最も知名度が高いでしょう。この記事では、エコ給湯器のメリットやしくみ・選び方などをまとめてご紹介します。

  1. エコ給湯器とは?
  2. エコ給湯器にはこんなに種類がある!
  3. エコ給湯器をどう選ぶ?
  4. エコ給湯器の故障や交換について
  5. エコ給湯器の業者選び
  6. エコ給湯器にかんするよくある質問

この記事を読むことで、エコ給湯器の魅力が分かります。給湯器の交換を検討しているなら、ぜひ参考にしてみてください。


1.エコ給湯器とは?

まずは、エコ給湯器について紹介します。一般器との違いやしくみ・メリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.燃料の違いによる種類

現在販売されている主なエコ給湯器には「エコキュート」や「エコジョーズ」「エコフィール」などがあります。それぞれの特徴とメリットデメリットをまとめてみましょう。

1-1-1.電気でお湯を沸かす「エコキュート」

オール電化の家庭ではエコキュートを利用することになります。エコキュートとは、深夜電力を利用して作ったお湯を貯水タンクにためておくしくみの給湯器です。通常より安い深夜電力を使うことから、光熱費が安く済むというメリットがあります。また、タンクにためた水は非常用水として活用することも可能です。デメリットとしては、冬期の効率低下が挙げられます。また、長時間の使用による騒音が問題になる可能性についても考えられるでしょう。

1-1-2.ガスでお湯を沸かす「エコジョーズ」

ガスを使ってお湯を沸かすのが「エコジョーズ」です。廃熱を利用して効率よくお湯を作り出すことができます。つまり、従来の給湯器よりもガスの使用量を大きく削減することが可能な点が、大きなメリットと言えるでしょう。年間の光熱費を大きく抑えることができますが、その反面、初期費用が高くなるというデメリットもあります。

1-1-3.石油を燃やしてお湯を沸かす「エコフィール」

エコフィールは石油を燃やしてお湯を沸かす給湯器です。しかし、従来のものと違って熱交換器を2つ使っているため、無駄なく熱交換ができます。そのため、二酸化炭素の排出量を大幅にカットできるという、環境へのやさしさが大きなメリットです。また、エネルギー消費量が少なくなる分、光熱費も節約できます。ただし、設置費用が高いというデメリットもあるということを覚えておきましょう。

1-2.一般器とどう違う?エコ給湯器のメリットとデメリット

エコ給湯器の普及が広がり、一般器との違いについて着目する人も多いでしょう。エコ給湯器とは、熱効率を高めた給湯器のことを言います。エネルギーの無駄を少なくできることから、環境にもやさしく光熱費を抑えることができるというメリットがあるでしょう。その分、当然初期費用は一般器よりも高く付くものがほとんどです。そういったデメリットも考えた上で、導入をよく検討しましょう。

1-3.エコ給湯器のしくみは?

エコ給湯器はなぜ熱効率を高めることができるのが、そのしくみについてご紹介しましょう。まず、エコキュートには、大気の熱を回収して熱効率を高める「ヒートポンプ」が使用されています。このヒートポンプはエアコンと同じ構造のものであり、消費する電気よりも何倍も多い量のエネルギーを作り出すことが可能です。エコジョーズやエコフィールの場合は、今まで排熱としてそのまま放出していた熱を、予熱として使用するというしくみになっています。そのため、無駄なく熱をエネルギーに変えることができるのです。

1-4.エコ給湯器だとどのくらい節約できる?

給湯器を交換するにあたって、気になるのはやはり光熱費だと思います。
エコキュートを例に挙げて解説すると一般家庭の平均電気代と比較して年間30,000円ほどお得になると言われているのです。最近はオール電化向けに設定された電気料金プランも増えてきているため、うまくいけばさらに節約することは可能でしょう。エコキュートは本体価格や工事費が高いため、導入に迷う人も多いと思います。しかし、現在でも補助金を出している自治体もあるということなので、ぜひ調べてみてください。