給湯器の設置場所にかんする基準とは? 事故防止のための5項目

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器の設置を検討しているなら、設置場所についても考える必要があります。給湯器は生活に欠かすことができない大切なものです。熱源や機能によってさまざまな給湯器があり、屋内・屋外など設置場所も異なります。どこにどのように設置する必要があるか、基準が定められていることをご存じでしょうか? そういったことを把握した上で給湯器を選び、トラブルを防ぐ必要があるのです。

  1. 給湯器の設置
  2. 設置場所について
  3. 設置場所にかんする詳細
  4. 業者の選び方
  5. 給湯器の設置場所にかんするよくある質問

この記事を読むことで、給湯器の設置について詳しく分かります。業者の選び方もぜひ参考にしてください。


1.給湯器の設置

給湯器の設置についてご紹介します。

1-1.設置とは?

設置とは、給湯器を備え付けることを言います。給湯器は種類によって、設置に適した場所があるのです。どこが適しているのか把握しておかなければなりません。

1-2.設置方法

給湯器は屋外型と屋内型があります。屋外設置タイプには「壁掛型」と「据置型」があり、配管の場所が異なるのです。地面に設置する「据置型」は屋外専用になります。

1-3.設置基準と法令

設置基準には、ガス事業法や建築基準法・消防法などが関係しています。目的は、安全に給湯器を使用することです。特に屋内型は室内環境を維持するために細かく定められています。