エコキュートの節約効果がスゴイ!仕組みやメリット・選び方を紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「エコキュートについて知りたい」「メリットにはどのようなものがあるのか?」という気持ち、よく分かります。
給湯システムの一つであるエコキュート。ここ数年で急速に普及がすすみ、関心を持つ人も増えてきました。この記事では、エコキュートの仕組みや導入するメリット・選び方などをまとめて解説しましょう。

  1. エコキュートとはどういうもの?仕組みやメリットを紹介!
  2. エコキュートの省エネ効果と種類
  3. エコキュートを選ぶ3つのポイント
  4. エコキュートの故障・交換について
  5. エコキュートにしよう!業者の選び方と注意点
  6. エコキュートにかんするよくある質問

この記事を読むことで、エコキュートの魅力や賢い使い方が分かりますよ。


1.エコキュートとはどういうもの?仕組みやメリットを紹介!

エコキュートが給湯システムの一つであるということはご存じだと思います。その仕組みやメリット・デメリット、最近の傾向などをご紹介しましょう。

1-1.「エコキュート」は商品名ではない

「エコキュート」という名称のことを商品名だと思っている人は多いでしょう。しかし、そうではありません。エコキュートの正式名称は自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯器。電力会社や給湯機器メーカーはその愛称として「エコキュート」という言葉を用いているのです。そのため、さまざまなメーカーがこの名称を使用しています。
いくつかタイプがある給湯システムの中でも、熱源に電気を使用するものの代表がエコキュートと電気温水器。どのような特徴やメリットがあるのでしょうか。

1-2.空気の熱でお湯を沸かす…エコキュートのしくみとは?

そもそもエコキュートとは、空気の熱でお湯を沸かす電気給湯器です。その仕組みはとてもシンプル。まず、大気中にある空気を室外機が取り込み、その熱が熱交換器で冷媒に吸収されます。その冷媒を圧縮機で圧縮し、さらに高温にするのです。そして、その熱を水に伝えてお湯を沸かすという仕組みになっています。エコキュートの電気エネルギーは、従来のヒーター式電気温水器のわずか3分の1程度です。

1-3.電気温水器とはどう違う?

エコキュートと同じように、電気を使ってお湯を沸かす給湯システムが電気温水器です。エコキュートと電気温水器にはどのような違いがあるのでしょうか。
まず、お湯を温める方法に違いがあります。電気温水器は電気の力でヒーターを温めるだけの単純な仕組みです。また、貯湯ユニットでお湯を作ることができるため、室外機を設置する必要はありません。

1-4.エコキュートのメリット・デメリット

エコキュートを導入することで、私たちの暮らしにはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、デメリットについても確認しておきましょう。

1-4-1.エコキュートのメリット

エコキュートの最大のメリットは、従来のガス給湯器と比べて光熱費が安く済む、という点でしょう。エコキュートがお湯を作る時間帯は、主に電力需要が少ない深夜です。そのため、給湯にかかる料金が安くなります。また、タンクの水は断水時などの非常用水として活用することができるというメリットもあるでしょう。停電時もタンクから水を取り出すことが可能です。

1-4-2.エコキュートのデメリット

エコキュートは深夜に大量の水をためておく仕組みです。そのため、冬は効率が低下して光熱費が高くなることもあります。また、水質によっては耐用年数が低下しやすいというデメリットもあるということです。
そして、もう一つ。騒音の問題についても考える必要があります。エコキュートはヒートポンプユニットでお湯を作るため、空気を圧縮する際の機械音が発生するのです。深夜に作動することから、気になる人も多いでしょう。また、近所トラブルに発展したケースもあります。設置場所や遮音対策についても、しっかりと検討しましょう。

1-5.エコキュート、最近の傾向は?

エコキュートの普及率は全体の10%前後と、海外に比べて低くなっています。その理由は、日中の電気代が上がる・導入費が高いなど、導入に躊躇(ちゅうちょ)する原因があるためでしょう。確かに、従来の料金プランよりも安い深夜電力を使うことで、日中の電気代が割高になります。しかし、最近は電気料金が値上げ傾向にあるため、光熱費を下げるという目的でエコキュートの導入を検討する家庭は減ってきたのです。その結果「火事などのリスクが少ない」という理由でエコキュートを導入する家庭が増えてきています。